2007年04月26日

トヨタ式自分「カイゼン」術 「カイゼン」「視える化」がおもしろいほどわかる! ビジネス漫画


icon
icon
著者/訳者名 若松義人/原案・監修 摩周子/漫画
出版社名 宝島社 (ISBN:978-4-7966-5786-0)
発行年月 2007年05月
サイズ 286P 21cm
価格 1,365円(税込)

「自分改善術」ということを直接語っているというよりは、工場のライン効率改善や標準化を、現場スタッフ自身がカイゼンしていくというプロセスを通して、気がついたら自分自身が業務効率を上げていくための考え方を身につけていく、というストーリー。

マンガだからすごく読みやすいという反面、キャラクターの表情がストーリーと合っていないなど、マンガ自体の質の悪さも目立ってしまうのが残念。

軽く読みとおして、大きな会社が業務効率を上げるために何をやっているのか知るのにちょうど良い本です。

本の内容

にほんブログ村 本ブログへ
もっと、たくさんの人の書評を読みたいなら、
【書評blog】ランキングの1位〜10位の人気ブログはコチラ!

posted by yotu at 19:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 起業

2007年04月23日

スローなユビキタスライフ


icon
icon
著者/訳者名 関根千佳/著
出版社名 地湧社 (ISBN:4-88503-185-0)
発行年月 2005年08月
サイズ 189P 19cm
価格 1,260円(税込)

これはとっても美しい物語です。
これまでもよく「パソコンは人にとってとても使いづらい道具だ」なんて言われてきて、携帯電話がユビキタス(いつでもどこにである)な新しい道具として発展してきているようだけど、それでもやっぱり人には扱いづらい道具になっている。

では、人のために、人本位で寄り添うように使える道具としてのIT端末は、本当は人々の生活をどのように変えていくのか?いや、発展させていくのか?いや、広げて、つなげてくれるのか?

こういうことがとても優しい物語として語られています。
読み終えて気がついたんだけど、2005年に出版されていて、まだいまいちこういう暮らしが実現される予感がしないのはなんでだろう?

商品の説明

にほんブログ村 本ブログへ
もっと、たくさんの人の書評を読みたいなら、
【書評blog】ランキングの1位〜10位の人気ブログはコチラ!

posted by yotu at 12:50 | Comment(1) | TrackBack(0) | 生き方暮らし方

2007年04月09日

行政書士という法律家の世界 21世紀に羽ばたく日本の「事務弁護士」


icon
icon
著者/訳者名 立花正人/著
出版社名 恒友出版 (ISBN:4-7652-7120-X)
発行年月 1997年10月
サイズ 371P 20cm
価格 1,680円(税込)
取扱状況 絶版または重版未定

この本の著者、立花氏は、「行政書士なんてしょせん弁護士には劣る職業さ」という行政書士一般が抱きがちな劣等感を厳しく戒め、行政書士としての業務に高い誇りと、高度な法律的知識を必要とする「事務弁護士」としての生き方を教えてくれている。

行政相手の許認可業務だけではなく、人々の権利義務を守り、リスクプランニング(リスク対処の工夫)とパフォーマンスプランニング(履行円滑化の工夫)という分野で弁護士以上に研究し、取り組んでいる立花氏の姿はよき模範になる。

行政書士という法律家の世界―21世紀に羽ばたく日本の「事務弁護士」行政書士という法律家の世界―21世紀に羽ばたく日本の「事務弁護士」

恒友出版 2000-01
売り上げランキング : 265454
おすすめ平均

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

商品の説明

内容(「MARC」データベースより)
数ある自由業の中でも高収入が期待できる法律家である行政書士。その仕事の内容、地位、ライセンス取得までの道などを紹介。

にほんブログ村 本ブログへ
もっと、たくさんの人の書評を読みたいなら、
【書評blog】ランキングの1位〜10位の人気ブログはコチラ!

posted by yotu at 18:00 | Comment(0) | TrackBack(1) | 士業

2007年04月02日

女性社労士年収2000万円をめざす 25歳で独立開業!

女性社労士 年収2000万円をめざす (DO BOOKS)女性社労士 年収2000万円をめざす (DO BOOKS)

同文舘出版 2006-09-01
売り上げランキング : 30067
おすすめ平均

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

著者/訳者名 長沢有紀/著
出版社名 同文舘出版 (ISBN:4-495-57221-0)
発行年月 2006年09月
サイズ 216P 19cm
価格 1,470円(税込)

たぶん、この本はタイトルを挑発的にしすぎたのでしょう。
金額や、現状ではない年齢、ですね。
このタイトルからでは、「若くして何らかのマーケティング手法を用いて、早くも2000万円を達成しようとしている豪腕な経営手法を解説してくれるであろう本」というふうに受け取ってしまい、がっかりしてしまいます。

しかし、長沢さんが語っているのは、戦略もなくとにかく開業することになって、とにもかくにもまじめに一本義にコツコツと仕事を続けてきて、10年を超えて現在ではこのように仕事を続けていくことができるようになりました。
と、いうお話です。

なので、より一般的な士業の開業から日々の運営を継続させていくことまでの働き方を垣間見てみたいという方には最高の本です!

商品の説明

内容(「BOOK」データベースより)
資格を取って独立したい!小さな会社でいいから社長になりたい!―そんなあなたに贈る“生き方ナビゲーション”銀行OLから一念発起して、資格取得を決意。史上最年少社労士(当時25歳)として開業・成功するまでの軌跡と、安定経営のノウハウをホンネで語る孤軍奮闘ストーリー。

内容(「MARC」データベースより)
銀行OLから一念発起して、資格取得を決意。史上最年少社労士(当時25歳)として開業・成功するまでの軌跡と安定経営のノウハウを、ホンネで語る孤軍奮闘ストーリー。

出版社からのコメント
「資格を取りたい」「独立したい」そんな方にぜひ読んでほしい1冊です。
本書で紹介する「社会保険労務士」は国家資格。
つまり、ラクして簡単に取得できるものではありません。
でも、資格を取得後に、実力をつけて地道にお客様を開拓していけば
3年後、5年後、10年後と時間が経つにつれて安定を経営化させることも可能なのです。

お客様が増えることで、喜び・やりがいも得られる仕事です。

社労士っていったいどんなことをやってるのか?
どうすれば独立できるか?
お客様とはどう接すればいいか?

そんな疑問にすべてお答えします!

カバーの折り返し
私は23歳のときに社会保険労務士の仕事に就きました。そして、25歳で開業しました。12年間がんばってきたことで、今では年収1400万円ほどになりました。
一事業主として事務所を構えるのですから、苦労がまったくないわけではありません。むしろ大変なことだらけです。

それでも私がこの仕事をここまで続けてこられたのは、やはりお客様から頼りにしてもらえることが嬉しいからです。
一般の会社員で、「あなたじゃなければ解決できない。助けてください」と頼られることは、そう多くないのではないでしょうか?
こんな社労士の仕事を、あなたは魅力的だと思いませんか?

著者略歴 (「BOOK著者紹介情報」より)
長沢 有紀
長沢社会保険労務士事務所代表。社会保険労務士、行政書士。1969年東京都生まれ。共立女子短期大学家政科卒業後、三井信託銀行(現中央三井信託銀行)にて信託事務業務、信託窓口業務を担当。銀行勤務のかたわら、宅地建物取引主任者、社会保険労務士資格を取得。名門社労士事務所に勤務後、平成6年8月、25歳にて長沢社会保険労務士事務所を開設。平成6年から平成9年にかけて、社労士の大手専門学校にて非常勤講師を勤め、多くの合格者を輩出する。開業当時、最年少社労士として注目され、多数の雑誌の取材を受ける(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

抜粋
 私は23歳のときに社会保険労務士の仕事に就きました。
 そして、25歳で開業しました。
 この本を手に取ってくださったあなたは、社労士(社会保険労務士)の仕事をご存知でしょうか? 1章でくわしくご説明しますが、国家資格を取得したうえで、おもに中小零細企業の保険の手続きをしたり、労務関係の相談に乗る仕事です。
 これまで、開業している社労士の平均年齢は60代でした。最近では若手が増えつつあり、平均年齢は50代後半となったものの、今でも20代の開業者は全体の1%ほどにすぎません。現在の私の年代、30代ですら10%しかいないのです。
 私が開業した10年前は、今以上に20代で開業するケースがめずらしかったため、ずいぶん注目されました。その反面、顧問先の社長や役所の担当者の間に若い社労士を受け入れてくれるような土壌がなく、大変な苦労と努力をしてきました。
 その結果、開業13年目の現在、年収は1400万円までになりました。
 女性でも、家庭を持っていても、コツコツとまじめに努力することで1人の事業主となり、1000万円プレーヤーになれるのです。
 一事業主として事務所を構えるのですから、苦労がまったくないわけではありません。むしろ大変なことだらけです。それでも私がこの仕事をここまで続けてこられたのは、やはりお客様から頼りにしてもらえることがうれしいからです。
 一般の会社員で、「あなたじゃなければ解決できない。助けてください」と頼られることは、そう多くないのではないでしょうか?
 相談されるのは従業員の雇用問題など、正解がひとつではない、むずかしい事案ですが、強固な信頼関係を築きあげることで、自分だけがその問題のお手伝いをできるようになるのです。魅力的な仕事だと思いませんか?
 
 本書では、社労士の業務内容や社労士試験突破法など、これから資格取得をめざす方にすぐに役立つ内容のほか、お客様である中小零細企業の社長とのつき合い方や、報酬の決め方・切り出し方など、社労士になったあとに役立つ実践的な知識を紹介しています。
 最近の起業、独立開業に関する本では、インターネットと使った営業・集客法が一般化しつつあり、私も今ではホームページやメルマガ、ブログを配信するなど、いいと思ったものはどんどん取り入れるようにしています。
 ただ、ひと昔前のインターネットがない時代に、顧問先をひとつずつ増やしていき、地道に地元に根づいた活動、人脈づくりを行なってきた経験もしています。
 現在も、そして10年後もそんな基本的なやり方と考え方は、変わらないでしょう。
 そんな、相反するやり方をともに経験し、それぞれの長所と短所を理解している若い社労士は、自分をおいてほかにいないのではないかと自負しています。
 社労士になろう、資格を取って独立しよう、起業をしようという方は、一生その仕事で生きていこうと思っているのではないでしょうか。
 それなら、目先のことだけを考えて突っ走るのではなく、3年後に食べていけるようになり、そして10年後の事務所の安定化を考えて、しっかり基盤を作りながら一日一日を進んで行かなければなりません。
 即効性はないかもしれませんが、社労士、士業、ビジネス全般の、基本だけれども多くの人が忘れかけている大切なことを、私の経験を交えながらみなさんにお話ししたいと思います。

本の内容

資格を取って独立したい!小さな会社でいいから社長になりたい!―そんなあなたに贈る“生き方ナビゲーション”銀行OLから一念発起して、資格取得を決意。史上最年少社労士(当時25歳)として開業・成功するまでの軌跡と、安定経営のノウハウをホンネで語る孤軍奮闘ストーリー。

目次

1章 「社労士」って何だかわかりますか?―昔と違う!社労士の現状
2章 年収倍増!社労士の魅力を教えます
3章 社労士試験にチャレンジしよう―元講師が教える合格テクニック
4章 「20代社労士の先駆者」が開業前の疑問に答えます!
5章 社労士としてスタートするために
6章 社労士として成長するために
7章 社労士として輝き続けるために
エピローグ 今がんばって、10年後には笑おうよ

にほんブログ村 本ブログへ
もっと、たくさんの人の書評を読みたいなら、
【書評blog】ランキングの1位〜10位の人気ブログはコチラ!

posted by yotu at 21:32 | Comment(0) | TrackBack(1) | 士業

2007年04月01日

シャドーワーク 知識創造を促す組織戦略


icon
著者/訳者名 一条和生/著 徳岡晃一郎/著
出版社名 東洋経済新報社 (ISBN:978-4-492-52163-2)
発行年月 2007年02月
サイズ 254P 22cm
価格 2,520円(税込)

この本に紹介されているワークスタイル=シャドーワークはすごい!
基本的には、業務で規定されていること以外(以上?)の、自らが楽しくなれるようなワークを、ある時は個人で、ある時はチームで発起し、それによって結果的に本業務に多大な成果をもたらすということ。

先日のNHKプロフェッショナルに登場した宮崎駿も全く同じことを語っていたのだが、会社で黙々とこなす仕事以外の、自分が面白いと思って夢中になってしまう遊びが自分の作品を生み出すのだって。

そしてシャドーワークの根底には宮崎駿と同じ考え方が流れている。

バンダイという会社のマネジメントの基本は「会社を私物化し、自己実現に邁進せよ!」というもので、個人の夢を実現する場と明確に語られている。

3Mというポストイットで有名な会社では、研究開発職の職員には与えられた研究を成し遂げた上で執務時間の内の15%は、興味ある自由テーマで研究を行ってもよいというルールがあり、

さらにグーグルには、全社員に仕事ドメイン外に自分のリソースの20%を投入することができるルールがある。

このように、個人が高いモチベーションを発揮するために、組織がさまざまなバックアップをルールや制度として用意するという事例にあふれた本です。

そろそろ、個人が企業の歯車、組織のために滅私奉公するという“前時代的な”発想から解放され、
個人がいかにか働きやすく生きやすくするために組織を作っていくという考え方にシフトしていく必要があるのではないでしょうか!

商品の説明

にほんブログ村 本ブログへ
もっと、たくさんの人の書評を読みたいなら、
【書評blog】ランキングの1位〜10位の人気ブログはコチラ!

posted by yotu at 23:40 | Comment(0) | TrackBack(0) | 起業
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。