2008年03月30日

タイタニック+タイタニック2

タイタニック [DVD]タイタニック [DVD]

20世紀フォックス・ホーム・エンターテイメント・ジャパン 2010-04-23
売り上げランキング : 1572

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

テレビでやっていたタイタニックを久しぶりに見て、オープニングがあんなに現代的なものだったなんてすっかりと忘れていました。

巨大豪華客船の沈み方がコンピューターでシュミレーションされていて、老婆になったヒロインがそれを見ながら当時のことを思い出す・・・。

ところで、ショウビズか何かでタイタニックの続編がつくられたって見た気がするのだけど、まだ完成していないのかな?

氷漬けになったジャックが海底から引き揚げられ、現代医療技術によって生き返り、全く様変わりしてしまった現代社会に困惑する、、、という内容だったと思うけど、どういう落ちになるのかが凄く気になっている。


スッカリ騙されていました!
これって、「もしもタイタニック2を作るとしたら、こういう感じになるのではないか?」という“CMだけ”の、一種パロディーでした!!

「続編」映画ブームの中、なんと「タイタニック」の続編予告がネットに…
http://trendy.nikkeibp.co.jp/article/col/20060420/116396/

にほんブログ村 本ブログへ
もっと、たくさんの人の書評を読みたいなら、
【書評blog】ランキングの1位〜10位の人気ブログはコチラ!

posted by yotu at 09:34 | Comment(0) | TrackBack(0) | SF

2008年03月29日

3年で辞めた若者はどこへ行ったのか アウトサイダーの時代

iconiconちくま新書 708
著者/訳者名 城繁幸/著
出版社名 筑摩書房 (ISBN:978-4-480-06414-1)
発行年月 2008年03月
サイズ 237P 18cm
価格 756円(税込)

やっぱり悔いのない生き方をしたいよなあー!

本屋の新刊でふと見かけて何気なく手に取ったら、いつの間にか1時間も読みふけってしまい、その日のうちに「404 Blog Not Found」で紹介されたので、後日すぐに購入に走った。

やっぱ、誰が読んでもすげー本だと思うんだ!

以下の目次にあるように、「昭和的価値観」から抜け出して、新しい自分だけの価値観と仕事がとてもよくマッチングした働き方を実現している、そんな人たちをインタビューしまくっていると同時に著者の考察も鋭く、とても考えさせられる。

目次
はじめに
第1章 キャリア編
昭和的価値観1「若者は、ただ上に従うこと」
--大手流通企業から外資系生保に転職、年収が二〇倍になった彼

昭和的価値観2「実力主義の会社は厳しく、終身雇用は安定しているということ」
--新卒で、外資系投資銀行を選んだ理由

昭和的価値観3「仕事の目的とは、出世であること」
--大新聞社の文化部記者という生き方

昭和的価値観4「IT業界は3Kであるということ」
--企業ではなく、IT業界に就職したという意識を持つ男

昭和的価値観5「就職先は会社の名前で決めること」
--大手広告代理店で、独立の準備をする彼

昭和的価値観6「女性は家庭に入ること」
--女性が留学する理由

昭和的価値観7「言われたことは、何でもやること」
--東大卒エリートが直面した現実

昭和的価値観8「学歴に頼ること」
--会社の規模ではなく、職種を選んで転職を繰り返し好きな道を切り開く

昭和的価値観9「留学なんて意味がないということ」
--大手企業でMBAを取得後、安定を捨てた理由

第2章 独立編
昭和的価値観10「失敗を恐れること」
--大企業からNFLへ

昭和的価値観11「公私混同はしないこと」
--サラリーマンからベストセラー作家になった山田真哉氏

昭和的価値観12「盆暮れ正月以外、お墓参りには行かないこと」
--赤門から仏門へ、東大卒業後、出家した彼の人生

昭和的価値観13「酒は飲んでも呑まれないこと」
--グローバルビジネスマンからバーテンダーへ

昭和的価値観14「フリーターは負け組だということ」
--フリーター雑誌が模索する、新しい生き方

昭和的価値観15「官僚は現状維持にしか興味がないということ」
--国家公務員をやめて、公務員の転職を支援する生き方

昭和的価値観16「新卒以外は採らないこと」
--リクルートが始めた、新卒以外の人間を採用するシステム
コラム(1) 企業に求められる多様化とは

昭和的価値観17「人生の大半を会社で過ごすこと」
--職場にはりついているように見える日本男子の人生

昭和的価値観18「大学生は遊んでいてもいいということ」
--立命館vs昭和的価値観

コラム(2) 二十一世紀の大学システム

昭和的価値観19「最近の若者は元気がないということ」
--日本企業を忌避しだした若者たち

昭和的価値観20「ニートは怠け者だということ」
--「競争から共生へ」あるNPOの挑戦

第3章 新世代編
昭和的価値観21「新聞を読まない人間はバカであるということ」
--情報のイニシアチブは、大衆に移りつつある

昭和的価値観22「左翼は労働者の味方であるということ」
--二一世紀の労働運動の目指すべき道とは)

コラム(3) 格差のなくし方
あとがき


少し前から参加するようになった仲間たちのことを想起させる。
彼らはとてもスピード感があり、常に自分たちを向上させようと成長を怠らず、自分を更新し続けている。ちょっと疑問を投げかけるとすぐに議論に発展するが、その内容がとても発展的というか建設的というか、凄く充実していて勉強になる。年下もとても多いのだけど、社会をよくするんだって本気で走り続けていて、自分が置いていかれないように向上心を持ち続けていかないといけないなっていう気になるんだけど、今はそういう状況がとても心地いいのです★

以前勤めたNPOでさえも、組織として閉塞感が漂い始めると視線が外に向かず、守りの姿勢に入ってしまう。誰の為にどんな活動をしなければならないのか、その為に自分たちをどのように向上させ続けなければならないのか、見失ってしまうと考えが行き渡らなくなってしまうのが悲しい。

この本のインタビューゲストたちのように、新しい仲間たちのように、もっと貪欲に、わがままに、生きていきたいと本気で思っている。もう後戻りはしたくない。もっと前に進んでいきたい!!

Joe’s Labo
http://www.doblog.com/weblog/myblog/17090

本の内容
すでに平成二〇年。いまだに、多くの会社で、昭和の時代から続く風習や決まりごと、働き方が支配している。『若者はなぜ3年で辞めるのか?』でその状況を描いた著者が、辞めた後の、いわば「平成的な生き方」とは何なのかを指南する。“完全実力主義の企業で数千万円稼ぐ若者”“建築現場から人事部長に転身した若者”など、アウトサイダーたちの挑戦と本音が語られる。自分がいかに昭和的価値観にとらわれているか、そして、時代が本当に変わりつつあることを実感できる。

著者情報
城 繁幸(ジョウ シゲユキ)
1973年山口県生まれ。東大法学部卒業後、富士通入社。人事部門にて、新人事制度導入直後からその運営に携わる。同社退社後に『内側から見た富士通「成果主義」の崩壊』(光文社2004年)、『日本型「成果主義」の可能性』(東洋経済新報社2005年)を著し、高い評価を得る。2006年『若者はなぜ3年で辞めるのか?』(光文社新書)で、若者が職場で感じる閉塞感の原因を探り、大ベストセラーとなる。仕事、雇用問題において、新鮮な視点でメディアに発信し続けている。人事のコンサルティング「Joe’s Labo」代表

にほんブログ村 本ブログへ
もっと、たくさんの人の書評を読みたいなら、
【書評blog】ランキングの1位〜10位の人気ブログはコチラ!

posted by yotu at 21:28 | Comment(0) | TrackBack(1) | 生き方暮らし方

2008年03月28日

「崖っぷち会社」が生まれ変わった3つの方法

iconicon売り上げが劇的に伸びる勝利のノウハウ!
著者/訳者名 中山裕一朗/著
出版社名 フォレスト出版 (ISBN:978-4-89451-281-8)
発行年月 2007年10月
サイズ 221P 19cm
価格 1,470円(税込)

シリコンバレーにおいて、「オープンソース」によってIT産業の技術やサービスが進化し、成長産業となっていったのと同様に、
ノウハウをオープンにすることによって劇的に企業の業績を上げることができるんだという事実がこの本にあります。

例えると、リッツカールトンホテルが一流ホテルであり続けている秘密のノウハウこそがクレドカードで、その内容が公開されることによってサービスへの信頼が生まれている。

その次が、コミュニティ(○○会)をつくることで売り上げを劇的に伸ばす。

勘違いしてはならないのが、
・作るには手間と時間がかかる
・運営が面倒
・参加者をたくさん集めるのが大変
・主宰者が有名人じゃないと
・集まって会合や飲み会が大変

以上、これ全部勘違いです。

最後に、衰退産業で、地方にある、小さな企業でも「ブランド商品」を作ることができます。

ここでの勘違いは、
・お金をかけて広告宣伝が必要になる
・優秀なスタッフが必要になる
・大企業じゃないと難しい
・自分には才能がない

以上、全部勘違いです。

ブランドを作ることができると、下請け体質から抜けられといったような企業としてのメリットの他にも、ブランドづくりという仕事によって社員が磨かれ、モチベーションが上がり、企業全体としての人材の質が向上するというメリットがあります。

この、大きく3つのポイントによって、衰退産業にある一地方の小さな企業が劇的に生まれ変わることができる物語の完成です!

目次
第1章 社長は、怒りと悩みだらけ
第2章 なぜ「ノウハウ」をオープンにすると売り上げが伸びるのか?
第3章 「ノウハウ」で売り上げを一億二〇〇〇万円増やすコツ
第4章 売り上げが劇的に伸びる「コミュニティ」のつくり方
第5章 すべて公開!売り上げ急上昇の「コミュニティ」の中身
第6章 「ブランド商品」で下請け体質から抜け出せ!


本の内容
「総合商社」→「外資系ITベンチャー企業」→「頭打ち・ジリ貧会社の社長」の著者が、自社の業績を155%アップさせた「大企業にも負けない最強の秘儀」を公開。

著者情報
中山 裕一朗(ナカヤマ ユウイチロウ)
中山商事株式会社代表取締役社長。紙製品加工技術研究会代表。福井県出身。東京理科大学理工学部経営工学科卒業後、旧財閥系総合商社入社。米国で開発された半導体および半導体設計ソフトウエアの輸入販売に携わる。その後、外資系ITベンチャー企業(人工衛星を使った通信事業)勤務を経て、紙加工メーカー中山商事株式会社の三代目社長となる。紙加工技術のノウハウを公開、研究するコミュニティ(紙製品加工技術研究会)を主宰

にほんブログ村 本ブログへ
もっと、たくさんの人の書評を読みたいなら、
【書評blog】ランキングの1位〜10位の人気ブログはコチラ!

posted by yotu at 04:49 | Comment(0) | TrackBack(0) | 起業

2008年03月27日

日本沈没

日本沈没 スタンダード・エディション [DVD]日本沈没 スタンダード・エディション [DVD]
小松左京

ジェネオン エンタテインメント 2007-01-19
売り上げランキング : 24130
おすすめ平均

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

スタンダード・エディション
監督 樋口真嗣
主な出演者 草なぎ剛 、 柴咲コウ 、 豊川悦司
発売日 2007年01月19日
定価 3,990円(税込)
価格 3,511円(税込)
OFF 479円(12%)

さすがに凄いですね!
テレビCMの時以上のインパクトがあったと思います。

2006年の映画なので、どうせすぐにテレビでやるだろうと思っていたらいつまで経ってもやらないのでついに見ることにしました。

少し前にテレビ東京の特番でアメリカ人予言者が来日して、日本に起こるであろう災害を予言していましたね。
2008年9月:関東で大地震
2008年11月:新型インフルエンザ発生して、数年間は猛威をふるい続ける

そんなわけで、日本が沈没するほどではないにしろ、半分マジで危機感を感じています。どうしたものか。

DVDの内容
 小松左京の傑作SF小説を「ローレライ」の樋口真嗣監督、草なぎ剛、柴咲コウ主演で映画化。日本列島の沈没という未曾有の危機を迎えパニックに陥る日本国民の姿とその中で出会った一組の男女の運命の行方を描く。ある深海調査に参加した潜水艇《わだつみ6500》のパイロット・小野寺俊夫は、そこで驚愕の事実を知る。海底プレートの急速な沈降で、日本列島が1年後に沈没するというのだ。調査を指揮した地球科学の田所博士は日本の危機を訴えるが、学会は全く耳を貸そうとしなかった。しかし、内閣総理大臣・山本尚之は事態を重く受け止め、危機管理に乗り出す。

にほんブログ村 本ブログへ
もっと、たくさんの人の書評を読みたいなら、
【書評blog】ランキングの1位〜10位の人気ブログはコチラ!

posted by yotu at 01:14 | Comment(0) | TrackBack(0) | SF

2008年03月23日

世界の〈下半身〉経済が儲かる理由(わけ)

世界の下半身経済が儲かる理由―セックス産業から見える世界経済のカラクリ世界の下半身経済が儲かる理由―セックス産業から見える世界経済のカラクリ

アスペクト 2007-03
売り上げランキング : 15494
おすすめ平均

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

セックス産業から見える世界経済のカラクリ
著者/訳者名 門倉貴史/著
出版社名 アスペクト (ISBN:978-4-7572-1354-8)
発行年月 2007年03月
サイズ 222P 19cm
価格 1,365円(税込)

う〜ん、そうなのか、そうなってるのか。

例えば、ソープランドで働くソープ嬢のセックス(本番行為という)込みの仕事は、売春が法律で認められていない日本では完全な違法行為に当たる。
がしかし、堀之内や吉原すすきの等の特定の地域では事実上黙認されている。

以前読んだ本では、やくざ屋さんが取り仕切る地域もあれば、警察が取り仕切っている地域もあり、そのどちらも取り仕切っている人たちは“無料”で性的サービスを受けている、、、らしい。
そう、警察も、だそうだ。

そして、法的に認められていないソープ嬢が稼いだお金と言うのは、法的には事業収入と言う事にはならないから、確定申告で税引きされることがないらしい。実際に著者は取材してみて、確定申告をしたことがあるソープ嬢はいなかったらしい。

こういう、「アンダーグラウンド」と呼ばれる世界がすぐ隣に存在していて、この本ではそういう世界の経済規模から、お客さんが払ったお金の何割をお店が取り、何割を労働者が取っていて、月収規模ではどれくらいの収入が平均的なのか、ということを世界を回って取材していて、世界的な生産業の情報を垣間見ることができた一冊だ。

目次
1 開発途上国にとってセックス産業は重要な外貨獲得手段
2 日本のセックス産業
3 日本で売春婦として働く外国人女性
4 世界各国のセックス産業
5 アジアのセックス産業
6 セックス産業をどうするべきか?


本の内容
下半身が動くと、なぜ世界は潤うのか?「下半身」が世界経済に与える影響、その欲望ビジネスの驚愕の収益システムまで、徹底的に解明する。


著者情報
門倉 貴史(カドクラ タカシ)
エコノミスト。1971年生まれ。慶應義塾大学経済学部卒。浜銀総合研究所、社団法人日本経済研究センター、東南アジア研究所(シンガポール)を経て、2002年に第一生命経済研究所・経済調査部主任エコノミストとなる。2005年からBRICs経済研究所のエコノミスト・作家として講演・執筆活動を開始。専門は日米経済、アジア経済、BRICs経済、地下経済と多岐にわたる

にほんブログ村 本ブログへ
もっと、たくさんの人の書評を読みたいなら、
【書評blog】ランキングの1位〜10位の人気ブログはコチラ!

posted by yotu at 21:37 | Comment(0) | TrackBack(1) | 会計

2008年03月22日

派遣のリアル 300万人の悲鳴が聞こえる

iconicon宝島社新書 243
著者/訳者名 門倉貴史/著
出版社名 宝島社 (ISBN:978-4-7966-6029-7)
発行年月 2007年08月
サイズ 222P 18cm
価格 756円(税込)

読んでみて良かったのは、ほんとに自分で仕事や働き方を選んでいるようでいて、実際には実に巧妙に(中には露骨に)騙されて搾取されている人たちが世の中にはこんなにもたくさんいる、、、らしいという事がわかったこと。

本の中にはたくさんの実例“ドキュメント「派遣のリアル」”というインタビューが掲載されていて、それがどれも基本的にまじめに働いている人たちなのに、みんななんか危うい状況に置かれている。

これを単に個人に選ぶ眼がないとかいう「自己責任」で片づけられることではないと実感できる。

自動車工場の労働者は、自動車会社の直接雇用による期間雇いならば求人通りの収入を得られるが、請負会社の求人で入ってしまうと、はじめの約束とは全く違った事態に陥る。そんな露骨な搾取も実際に起きている。

派遣社員も、長期間継続的に勤めると会社の側から正社員にならないかと打診しなければならないので、半年ごとに“部署の名前”を変更してまるで継続的に勤務していないかのように偽装する。もちろん仕事の内容は一緒。

こうやって法律をすり抜ける手練手管もしっかり紹介されている。

目次
第1章 日給6000円で働く人たち
 拡大する日本の人材派遣市場
 派遣会社の形態あれこれ ほか)
第2章 10分で分かる派遣の歴史
 1985年までは禁じ手だった日本の派遣ビジネス
 1966年に米国の人材派遣会社が日本に上陸 ほか)
第3章 使い捨てられる女性派遣の現実
 理想と現実のギャップが大きい派遣の世界
 増加する女性の派遣社員 ほか)
第4章 ネットカフェ難民と団塊派遣
 ホームレスが減少する傍らで増える「ネットカフェ難民」
 「ネットカフェ難民」になりやすい「ワンコール・ワーカー」 ほか)
第5章 労働ビッグバンは派遣に何をもたらすのか?
 「労働ビッグバン」は派遣社員を救えるのか?
 骨抜きになった労働契約法案 ほか)


ただ、今年2008年に入ってまた少し状況が変わってきているようにも感じる。それは新卒者の雇用人数が増えているという事だけではなく、例えばロフトと言う会社がパートタイマーで希望する人をみんな正社員にするという記事を新聞で読んだ。

この記事を読んでから注意深く観察していると、正社員への登用のハードルがずいぶん低くなってきている気がする。それだけ今は労働者が確保できない状況なのだろうなあ。なんでだろう?

世界的なひきこもり人口の増加のせいだろうか?
でも、ひきこもれるっていうのは世界的に物質的な豊かさが増しているってことだと思うんだよなあ。
これって、豊で良い世の中なのではないのかな?

産業とか経済を主眼に置いて見るのか、そうじゃないのかでこれまた随分と違って見える。

本の内容
ワンコールワーカー、偽装請負、データ装備費問題、ネットカフェ難民…「ハケン」から日本の未来が見えてくる。『ワーキングプア』の門倉貴史が鋭く問う!派遣労働者、大手派遣会社社員への取材ドキュメントも10本収録。


著者情報
門倉 貴史(カドクラ タカシ)
エコノミスト。1971年神奈川県生まれ。慶應義塾大学経済学部卒業。専攻はマクロ経済学。同大学卒業後、横浜銀行のシンクタンク浜銀総合研究所の研究員となる。社団法人日本経済研究センター、東南アジア経済研究所(シンガポール)への出向を経て、2002年に第一生命経済研究所に移籍、経済調査部主任エコノミストになる。2005年7月からは、BRICs経済研究所の代表に就任。専門は、日米経済、アジア経済、BRICs経済、地下経済と多岐にわたる。同志社大学非常勤講師

にほんブログ村 本ブログへ
もっと、たくさんの人の書評を読みたいなら、
【書評blog】ランキングの1位〜10位の人気ブログはコチラ!

posted by yotu at 21:14 | Comment(0) | TrackBack(0) | 生き方暮らし方

2008年03月21日

インベージョン 特別版

インベージョン 特別版 [DVD]インベージョン 特別版 [DVD]

ワーナー・ホーム・ビデオ 2008-03-07
売り上げランキング : 35744
おすすめ平均

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

監督 オリヴァー・ヒルシュビーゲル
主な出演者 ニコール・キッドマン 、 ダニエル・クレイグ 、 ジェレミー・ノーサム
メーカー ワーナー・ホーム・ビデオ (規格番号:DLV-70138)
発売日 2008年03月07日
定価 3,980円(税込)
価格 3,502円(税込)
OFF 478円(12%)

前にも、インベーダーがある日突然アメリカの田舎町に巣食い、じわじわと町民に寄生していったり、成り変わったりする映画はよくあったんだけど、この映画はちょっとだけ毛色が違う。

宇宙から戻ってきたシャトルに付着した有機物に触れた人間が、一晩眠ると細胞に寄生される。寄生された人は表面的には何も変わりがないのだけど、何かが確実に違う。寄生された人同士が意識を共有し、お互いに争うという事がなくなり、テレビニュースではアメリカと中国が和解するという歴史的な平和の訪れを報道している。

・・・ということで、寄生されればみんなが仲良くなり、争いがなくなるんだぜ〜だからお前も寄生されろー!

という形で、もの凄く暴力的に・・・迫ってきちゃダメじゃんと突っ込みたくなるんだけど、寄生された人たちが俄然多くなり、まだ寄生してない人たちを取り締まるようになる風景は、まるで厳格に統制された社会主義国のように見えた。

深読みすると、民主主義的な世界では争いが絶えることはないのだけど、寄生されて全世界が社会主義的な調和を持つと、争いがなくなる。どちらの世界が本当に良い世界なのかは簡単には選べない。

・・・みたいな問いを投げかけてきます。

DVDの内容
 オスカー女優ニコール・キッドマン主演で贈るSFスリラー。
人類を脅かす謎のウィルスによる脅威から息子を守ろうと奔走する女性医師を描く。共演に「007/カジノ・ロワイヤル」のダニエル・クレイグ。
 ある日、スペースシャトルが原因不明の事故で地球に墜落。その残骸の中には、謎の生命体が付着していた。やがて間もなく、感情を失ったように人間の行動を変質させる謎の伝染病が発生する。そんな中、精神分析医のキャロルはこの病原体が地球上のものではないことを突き止める。そして、最愛の息子オリバーがウィルスの拡大を阻止する鍵を握っていることも分かるのだったが…。

にほんブログ村 本ブログへ
もっと、たくさんの人の書評を読みたいなら、
【書評blog】ランキングの1位〜10位の人気ブログはコチラ!

posted by yotu at 20:44 | Comment(0) | TrackBack(0) | SF

2008年03月20日

会社の売り方、買い方、上場の仕方、教えます!

会社の売り方、買い方、上場の仕方、教えます! (アスカビジネス)会社の売り方、買い方、上場の仕方、教えます! (アスカビジネス)

明日香出版社(発行:クロスメディア・パブリッシング) 2008-02-12
売り上げランキング : 67593
おすすめ平均

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

なぜ、あんな会社の社長が億万長者になれたのか?
著者/訳者名 青木寿幸/著 竹内謙礼/著
出版社名 クロスメディア・パブリッシング (ISBN:978-4-7569-1165-0)
発行年月 2008年02月
サイズ 221P 19cm
価格 1,575円(税込)

あれ、この本のはだいぶ前に読み終わっていたのに書いていなかったか?

タイトル通り、会社の売買=M&Aのお話と、会社の上場のお話が中心なのだけど、この本はノウハウ本ではありません。小説です。物語です。

例えるなら、「女子大生会計士の事件簿」なんかとイメージがぴったりで、物語としても秀逸だし、文章も読ませるのでぐいぐい引き込まれました。

目次
第1章 株式公開の基礎知識とメリット・デメリット
第2章 世界で一番カンタンな時価総額の解説
第3章 あなたの会社の「売り時」教えます
第4章 成功するM&Aと失敗するM&A
第5章 上場とM&Aを利用した『事業継承』の新しい考え方
第6章 売れる会社にするための『組織』の作り方


アメリカの大学を飛び級で卒業して、20代半ばにして7年のキャリアを持つ女性コンサルタントが主人公。彼女のもとには数々の悩みを抱えた会社経営者が相談に訪れて、
会社が長く生き残るにはどうしたらいいのか?
なぜ上場の準備をすることが重要なのか?
会社を売却するという事はどういう事なのか?
会社を売却した経営者はどうなるのか?
と言う疑問にとても丁寧にわかり易く答えていきます。

へぇ〜M&Aって横文字でかっこいいけど自分とは関係のない話だと思っていたら、実はこれから自分の仕事になるかもしれないので基本的なイメージが掴める実務書を探していて、実は結構身近なものなのかもしれないと思えるようになった必読の一冊となりました。

本の内容
あなたの会社が、明日、売られてしまうかもしれません。でもそれは、社長だけではなく、従業員にもメリットがあることなのです。本書は、上場やM&Aを誰でも身近に感じて欲しいと考えて、ストーリーで解説しました。


著者情報
青木 寿幸(アオキ トシユキ)
大学在学中に公認会計士二次試験に合格。卒業後、アーサー・アンダーセン会計事務所、モルガン・スタンレー証券会社、本郷会計事務所において、M&Aのアドバイザリー業務や事業承継対策の提案を行う。現在は株式会社日本中央会計事務所と日本中央税理士法人の代表取締役として、IPOを始めとした様々な案件に取り組んでいる

竹内 謙礼(タケウチ ケンレイ)
大企業、中小企業を問わず、販促戦略立案、新規事業立ち上げ、上場支援等を行う経営コンサルタント。有限会社いろは代表取締役。第41回『千葉文学賞』(千葉日報主宰)、第12回『香・大賞』(松栄堂主宰)などエッセイや文学賞の入賞経験多数。現在は全国の商工会議所や企業での社員セミナー等で講演活動を行う

にほんブログ村 本ブログへ
もっと、たくさんの人の書評を読みたいなら、
【書評blog】ランキングの1位〜10位の人気ブログはコチラ!

posted by yotu at 12:52 | Comment(0) | TrackBack(0) | 会計

2008年03月17日

裸でも生きる 25歳女性起業家の号泣戦記

iconicon講談社BIZ
著者/訳者名 山口絵理子/著
出版社名 講談社 (ISBN:978-4-06-282064-6)
発行年月 2007年09月
サイズ 263P 19cm
価格 1,470円(税込)

ちくしょ〜やられた。
何がやられたってはっきりと説明できないんだけど、またまた徹夜読書してしまった。

TBS情熱大陸「バッグデザイナー・山口絵理子(やまぐち えりこ)、26歳」
http://www.mbs.jp/jounetsu/2008/03_16.shtml
を見てしまう前に本を読むつもりだったのだけど、なんやかんやで先にテレビを見た。

たった30分の番組でも、十分に彼女の魅力が伝わってきた。すごい、カッコイイ!!

2008_0316.jpgバッグデザイナー・山口絵理子(やまぐち えりこ)、26歳。
 「メイド・イン・バングラディシュ」。ナチュラルだけど洗練されたデザインのバッグに、この文字が刻まれたタグがぶら下がっている。これが、山口の仕事の成果だ。
 大学時代に開発途上国支援に興味をもった山口は、アジア最貧国のひとつであるバングラディシュに渡った。そこで、「必要なのは施しではなく、先進国との対等な関係だ」と気づき、ジュートという麻の一種で作られたバッグをバングラディシュで作り日本の有名店で売ることで、自立を支援することにした。
 とはいっても「安かろう悪かろう」「援助されるのが当たり前」という価値観が染み付いてしまったバングラディシュで、そうそう事は簡単に進まなかった。失敗、挫折、裏切りなどを乗り越えて、ビジネスを軌道に乗せることに成功した。
 外見は、まだ「女の子」と呼んでもいいくらいの山口から溢れ出てくるパワー。「一歩を踏み出す勇気」を持った女性の、大冒険物語の始まり始まり。

※TBS情熱大陸より引用


目次
プロローグ
第1章 原点。学校って本当に正しいの?
第2章 大学で教える理論と現実の矛盾
第3章 アジア最貧国の真実
第4章 はじめての日本人留学生
第5章 途上国発のブランドを創る
第6章 「売る」という新たなハードル
第7章 人の気持ちに甘えていた
第8章 裏切りの先に見えたもの
第9章 本当のはじまり
エピローグ 裸でも生きる


何が凄いって、著者の生い立ちの悲惨さと壮絶さ。
小学生時代に、そんなに暴力的ないじめがあっても良いものなのだろうか?「ブス、バカ」のような悪口を言い合う程度の『ケンカ』はありがちなものだったが、怪我をさせたり水をぶっかける様ないじめと言うのは実際にあるのか?恐るべし埼玉ローカル。気持ちが悪くなる。

中学生で不良ぶるのは、やはり全国共通か。でも、薬に手を出して身を滅ぼすのは関東ならではだろうか?地方でもありうるのか?

そんな周りの友人たちの姿を見て、そこで気がついた著者は柔道一直線。県大会を制覇する。
女子柔道で県内一の実力校に誘われて、その高校を打倒するために別の高校を選ぶというのも、常人の発想ではない。

しかも入ったのは男子柔道部。
そこではしごかれ、締め落とされ、壁に叩きつけられ、そんな環境で性的に凌辱されずに済んだのだろうか。

少し前にどこかの中学か高校柔道部で、しごきにあった女子生徒が死亡する事故が起きたよな。学校が責任逃れをしている。
また、同じように空手部でも具合の悪い生徒を無理やり走らせて死亡させたか、障害を残して事件になった。

スポーツ科学がこれだけ体系化されている時代に、なぜこんな無謀で根性論的なしごきが存在し続けるのか理解できない。

というか、著者の365日柔道に打ち込むその根性が常軌を逸していて震えが来る。

慶応大学に入るための努力も凄い。
とにかく著者は、一心不乱に努力しすぎる人なのだ。

国連をはじめとする国際機関が、実は官僚的な組織で生ぬるい行政的な組織と言う話を以前ジャーナリストさんから聞いたことがあるけど、先進国の大学院で修士とか博士とか取った高学歴の人間が行き着く先がこういうところなのかなあって、ちょっと生々しかった。

バングラディシュでは、時間をかけて信頼関係を築いても、それでも裏切られてしまうんだね。
「目先のはした金よりも、息の長い利益」と言う考え方は、生活に余裕がある国の人間にしか通用しないのかもしれない。

でも、独りで国を行き来しながら日本で販売して、ついには直営店を作って、そんなマザーハウスと言う会社にとても興味がわいた。

株式会社マザーハウス
http://www.mother-house.jp/

楽天のお店にも卸しています

本の内容
イジメ、非行…居場所がなかった青春。そして偏差値40からの一流大学への挑戦。大学を卒業し、本当の現場を見たいと渡ったアジア最貧国。腐敗にまみれた国で見つけた眠る素材、出会う人々。やがてバッグ造りで起業を決意。数々の失敗、挫折、裏切りに遭いながらも歩みを続け、途上国発ブランド、マザーハウスを軌道に乗せて各マスコミで注目の女性。明日へ向かう力に溢れたノンフィクション。

著者情報
山口 絵理子(ヤマグチ エリコ)
1981年埼玉県生まれ。慶應義塾大学総合政策学部卒業、バングラデシュBRAC大学院開発学部修士課程修了。小学校時代イジメにあい、その反動で中学で非行に走る。その後、強くなりたいと高校の「男子柔道部」に自ら飛び込み、女子柔道で日本のトップクラスに。偏差値40から受験勉強3ヵ月で慶應大学に合格。大学のインターン時代、ワシントン国際機関で途上国援助の矛盾を感じ、アジア最貧国「バングラデシュ」に渡り日本人初の大学院生になる。必要なのは施しではなく先進国との対等な経済活動という理念で23歳で起業を決意。ジュート(麻)を使った高品質バッグを現地で生産し輸入販売する「株式会社マザーハウス」を設立。あらゆる苦難を乗り越えビジネスを軌道に乗せた彼女の生き方やビジネス理念は、多くの学生から若い社会人に感動を与えており、社長業の傍ら講演で飛びまわる。「フジサンケイ女性起業家支援プロジェクト2006」最優秀賞受賞


にほんブログ村 本ブログへ
もっと、たくさんの人の書評を読みたいなら、
【書評blog】ランキングの1位〜10位の人気ブログはコチラ!

posted by yotu at 06:45 | Comment(0) | TrackBack(1) | 起業

2008年03月16日

結局「仕組み」を作った人が勝っている

iconiconKobunsha Paperbacks Business 007
著者/訳者名 荒浜 一、高橋 学/著
出版社名 光文社 (ISBN:978-4-334-93416-3)
発行年月 2007年07月
サイズ 229P 19cm
価格 1,000円(税込)

立ち読みでぱらぱらとめくって読んで、大体聞いたような内容だったのであまり変わり映えしないだろうと高をくくっていたんだけど、じっくりと読んでみたら結構な「目から鱗」状態!

心構えと言うよりは、むしろいろんな「ノウハウ」のヒントを得られるのではないか?掘り出し物かも!!

目次
1「仕組み」とは何か?
2「仕組み」作りケーススタディ(1)インターネット・ビジネス
3「仕組み」作りケーススタディ(2)情報起業
4「仕組み」作りケーススタディ(3)ビジネスオーナー
5「仕組み」作りケーススタディ(4)投資
6「仕組み」作りケーススタディ(5)発明
7ラットレースから抜け出すための「仕組み」作り講座(1)テクニック編
8ラットレースから抜け出すための「仕組み」作り講座(2)気づき編


感覚としては、以前読んだ「ネオニート」での読後感のように、まだまだ少数派ではあるけれども、世の中にはほんとにたくさんの働き方・稼ぎ方があるんだなあってこと。

これって、博打のように「気付くか気付かないか」というよりは、ほんとは「挑戦と失敗」(実験と失敗、トライ&エラー)を果敢に繰り返したからこそ生まれてくることなんだなあって気が付きました。

本の内容
スーパーサラリーマンでも収入の伸びは【加算的】
「仕組み」所有者なら収入は【乗算的】に伸びる
 
どうやって今自分が置かれている状況を変え、「回し車」から脱出するのか? それを実現する大きなカギになるのが、本書でいう「仕組み」である。
 
Chapter1で詳述するが、本書ではそれを、「いったん作ってしまえば、自分がさほど動かなくても自動的に収入を得られるシステム」と定義する。
 
この「仕組み」をどう作り上げるかにスポットを当てたのが、本書である。
こう書くと、「何だか怪しげなマルチ商法や、ネットワークビジネス関連の本じゃないの?」と思われるかもしれないが、本書はそうしたものとはいっさい関係ないことを、最初にお断りしておきたい。
 
「仕組み」に話を戻そう。
「勝手にカネが入ってくる? そんな都合のいい話、あるわけないよ」「そんなことが可能なら、みんなやっているよ」――そう思う人がほとんどだろう。
 
でも本当に可能なのだ。いや、実現している人がたくさんいると言い換えたほうがいいかもしれない。――「はじめに」より


著者情報
荒濱 一(アラハマ ハジメ)
ライター、コピーライター。1971年東京都生まれ。上智大学文学部教育学科卒。私立高校教諭として3年間勤務した後、単身、タイ・バンコクに渡る。現地で日系の広告代理店に就職。バンコクで約1年、インド・ニューデリーで約1年勤務した後、帰国。1998年よりフリーライター、コピーライターとして活動を開始する。現在、人材、起業、IT・デジタル機器関連を中心に、雑誌やWebなどで幅広い分野の記事を執筆

高橋 学(タカハシ マナブ)
ライター。1969年東京都生まれ。中央大学商学部経営学科卒。1994年からライター稼業を始め、13年間にわたり、雑誌、Webなどを中心に執筆活動を続ける。ジャンルは、人材、起業、デジタル機器、食材、グルメ、地域ブランド、ファッション、絵画等のカルチャーなど幅広い。そのほかにも、企業のニュースリリースや報道資料、広報紙、パンフレット、カタログなどの編集・制作に従事

にほんブログ村 本ブログへ
もっと、たくさんの人の書評を読みたいなら、
【書評blog】ランキングの1位〜10位の人気ブログはコチラ!

posted by yotu at 14:31 | Comment(1) | TrackBack(0) | 起業

2008年03月11日

SOTOKOTO(ソトコト) 2008年4月号

iconicon出版社名 木楽舎(雑誌コード:05801)
発行間隔 月刊
発売日 2008年03月05日発売
サイズ A4ワイド判
価格 800円(税込)

今回のソトコトは、グリーンエネルギーを重視した暮らし方と住宅づくりを実践している人たちの情報でいっぱい!

【保存版総力特集】グリーンエネルギー入門
ふだんは目に見えないけれど、目に見えて重要度が高まってるものって?
答えはエネルギー。コンセントの向こう側からやってきて、コンセントのこちら側で僕たちの生活と強くつながる存在です。 
なかでも、CO2を削減する再生可能なグリーンエネルギーに熱い視線が注がれています。
今回は3択のクイズ方式で、グリーンエネルギーに関する知識を楽しく学んでいきましょう!あなたは満点とれるかな? 


◆パリっ子のモンゴル移住が大ブーム?
 フランスの南西部で「パオ」を建てて暮らす20代のカップルは、
 太陽光発電とストーブの煮炊きで暮らしている。

◆EUの首都に選ばれたロラン島って?
 ロラン等の幼稚園で働くカーステン先生の自宅は太陽光と風力で
 完全に電力独立しているし、太陽光温水器でお湯も沸かしている。
 車は菜種油で走り、庭に建てたティピーに子どもたちを招いている。

◆電気をつくり続ける働き者の微生物?
◆アリゾナは葉っぱの光合成で発電中?
◆シルクを着れば温暖化って防げるの?
◆非電力化の冷蔵庫が流行中ってホント?
◆やっぱり石油を使っちゃダメですか?
■アントナン君の華麗なるピレネー生活。
■世界一エネルギーコンシャスな島・ロランに上陸!
■ティエリー・マルクス、新宿・思い出横丁を泳ぐ。

■省エネプロダクト決定戦で、個人的に気に入ったモノ
jinriki.jpg・人力フォークリフト
 株式会社 ソシード技研
 http://www.soceadth.co.jp/

kirinkun.gif・ペレットグリルヒーターきりん君
 http://www.groovetrip.jp/kirinkun/index.html

jyositu.jpg・非電化除湿機 http://www.hidenka.net/hidenkaseihin/dehumidifier/index.htm

angeeWhite.jpg・エアロアシスタント 
 http://www.aero-life.jp/

ほか
≪特別付録≫
ソトコトCD「中米・ベリーズで花開いた奇跡のアフロ・サウンド」
≪別冊付録≫
チビコト「ロハスプロジェクトから、月光町アパートメント誕生」

にほんブログ村 本ブログへ
もっと、たくさんの人の書評を読みたいなら、
【書評blog】ランキングの1位〜10位の人気ブログはコチラ!

posted by yotu at 15:46 | Comment(0) | TrackBack(0) | 生き方暮らし方

2008年03月09日

「社会を変える」を仕事にする 社会起業家という生き方

iconicon著者/訳者名 駒崎弘樹/著
出版社名 英治出版 (ISBN:978-4-86276-018-0)
発行年月 2007年11月
サイズ 254P 19cm
価格 1,470円(税込)

待ちに待った本がやっと届いた!
私の読書は、実は基本的に睡眠導入の為に寝る前に数ページづつ読み進めることが多いのだけど、たま〜に読んでいるうちに興奮してしまって逆に眠気が覚めてしまい、徹夜してしまって眠らなかったことを激しく後悔してしまう時があるのだが、今日も短時間しか眠らずに、朝食後にふらふらしていた。

一晩で読んでしまうのを控えていただけに、チョー久しぶりの徹夜本となりました。

文が読みやす過ぎる!

ところどころキーワードを大文字にしてあって、これって失敗するとつまんない感じになるような気がするんだけど効いていた。
各登場人物が実名で登場する。何名か聞いたことのある名で親近感がわく。
著者が面と向かって言えなかった著者の強い思いが、妄想として語られているんだけど、その内容が演説のようによくまとめられていて、共感できる内容で参考になった。

著者の凄いところは、本当に協力してくれる人の助言は、本当に謙虚に聞き、批判する人の言葉には折れそうになりつつも乗り越えているところ。これって経営者の重要条件だよなあと思いつつも、なかなか謙虚になれない難しいところ。言葉にするとチープになりがちだけど、謙虚さと豪胆さを併せ持つってこういうことかもしれないなあと思った。

しかし、元彼女との恋愛の事をここまで書いてしまって、かえって揉めなかったのだろうか?

行政マンに「仕事が増えるから目立つことをするな」と批判されたり、同じ病児保育をやっている人から、自分が何十年かけてもできなかったことを「子育て経験もない20代の若造にできるはずがない」と批判されたり、うまくいき始めると「保育で金儲けするなんて言語道断だ」と批判されたり、本当の敵というのは一見味方に見える奴らの中にこそ潜んでいるんですね。

そして、全くの異業種の人たちの中に応援してくれる人がいて、真っすぐに物事を見ている学生が戦力として一緒に働いている。
著者はこうやって自分の環境を自らの力で生み出してきたんだというのが収穫だった。

病児保育・病後児保育のNPOフローレンス
http://www.florence.or.jp/

病児保育のNPO法人フローレンスを運営している駒崎弘樹のblog
http://komazaki.seesaa.net/

NPO法人コンポジション 代表理事 寺井元一
http://komposition.org/

(株)ジャパンエリアマネジメント 代表取締役 西本千尋
http://areamanagement.jp/

コトバノアトリエ - ニート・ひきこもりの就業問題の解決に挑むNPO
http://www.kotolier.org/

カンボジアの児童買春問題に取り組む!NPO法人かものはしプロジェクト!
http://www.kamonohashi-project.net/

NPO カタリバ
http://www.katariba.net/

CANVAS | 遊びと学びのヒミツ基地
http://www.canvas.ws/

特定非営利活動法人ケア・センターやわらぎ
http://www.yawaragi.or.jp/

メンタルヘルスとカウンセリングの株式会社ピースマインド
http://www.peacemind.co.jp/

株式会社音別
http://www.onbetsu.com/

目次
第1章 学生でITベンチャー社長になっちゃった
第2章 「社会を変える仕事」との出会い
第3章 いざ、「社会起業家」!
第4章 大いなる挫折
第5章 世の中のどこにもないサービスを始める
第6章 「地域を変える」が「社会を変える」
エピローグ
付録

本の内容
その小さなアクションが、世界を変える!元ITベンチャー経営者が、東京の下町で始めた「病児保育サービス」が全国に拡大。「自分たちの街を変える」それが「世の中を変える」ことにつながった。汗と涙と笑いにあふれた、感動の社会変革リアル・ストーリー。

著者情報
駒崎 弘樹(コマザキ ヒロキ)
NPO法人フローレンス代表理事。
1979年、東京都江東区生まれ。
慶応義塾大学総合政策学部在学中に、(有)ニューロンの経営に参画し、株式会社化後、同社代表取締役社長に就任。
同大卒業後、ベビーシッターをしている母親から、子どもの熱で仕事を休み解雇されたお客の話を聞き、保育業界最大の難問「病児保育問題」を知る。
その後、ITベンチャー共同経営者に譲渡・退社し、「フローレンス・プロジェクト」を始動。
2004年、NPO(特定非営利活動法人)認証を取得、代表理事に。
2005年4月から江東区・中央区にて全国初の「保険的病児保育サポートシステム」である『フローレンスパック』をスタート。
現在は、働く家庭のサポート事業を拡大する傍ら、講演、メディア出演、行政との連携を行うなど、病児保育や働き方に対する社会全体の取り組みを活性化させることに努めている。
2007年7月、Newsweek日本版「世界を変える社会起業家100人」に選出

にほんブログ村 本ブログへ
もっと、たくさんの人の書評を読みたいなら、
【書評blog】ランキングの1位〜10位の人気ブログはコチラ!

posted by yotu at 16:45 | Comment(0) | TrackBack(0) | 起業

2008年03月02日

ウェブ時代をゆく いかに働き、いかに学ぶか

iconiconちくま新書 687
著者/訳者名 梅田望夫/著
出版社名 筑摩書房 (ISBN:978-4-480-06387-8)
発行年月 2007年11月
サイズ 244P 18p
価格 777円(税込)

これってまさに前作のウェブ進化論でちょっとだけ触れた、ウェブ進化の時代における“個人の「生き方」「働き方」”を、めちゃめちゃクローズアップかけて著者が何を言いたかったのか詳しくお話している本です。

この本の読み始め、そうか、そういうことか!って、著者の言いたいこととと、現在という環境を生かせていない自分との隔たりが解消されていくみたいで、ものすごい飢餓感に襲われました。
自分はもっと、もっと、バリバリやりたいんだ!(でもそれがやれていないんだ!)っていう飢餓感です。

ところが、読み進めていくうちに、どんどん満腹になっていきます。そんなにもっとやらなければならないのか?そんなにもっと?もっと?という満腹感。

でもやりたい、もっと働いてみたいという飢餓感。
この二つの感じ方のせめぎあいをひしひしと感じながら読了しました。

で、ぱたっと寝ます。
起きてからもこの気持ちが持続しているでしょうか?

目次
序章 混沌として面白い時代
第1章 グーグルと「もうひとつの地球」
第2章 新しいリーダーシップ
第3章 「高速道路」と「けものみち」
第4章 ロールモデル思考法
第5章 手ぶらの知的生産
第6章 大組織vs.小組織
第7章 新しい職業
終章 ウェブは自ら助くる者を助く


とても関心を持ったのが、著者も若い時には、人がやっていてうまくやれている方法=ロールモデルを徹底的に調べて、それを真似してみるところから始めているんだという事。真似してみて自分のやり易いようにアレンジしてみて、そうして次々とロールモデルを自分の中にストックしていき、そうやって自分の引き出しを増やしていく。

「出来ること」じゃなくて「好きなこと」をとにかく頑張って探し続ける。探すというと語弊があるか、何が好きか検証し続けるというべきか。やっぱり真似して試してみるというのは効くんだね。

もうひとつ、オープンソースという手法を大事にしつつも、グループウェアの中に特定の仕事パートナーを招いて、その中でリアルタイムに仕事を作り上げていくんだという手法にはうなりました。
筆者がそこに書き、リアルタイムで編集者が編集していくという事も出来るんですね。
私は以前、それをメールのやり取りでやっていましたが、なんだかそれよりももっと効率よくうまくやれそうな気がします。

本の内容
現代は、江戸から明治に匹敵する「時代の大きな変わり目」だ。ウェブという「学習の高速道路」によって、どんな職業の可能性がひらかれたのか。食べていけるだけのお金を稼ぎつつ、「好き」を貫いて知的に生きることは可能なのか。この混沌として面白い時代に、少しでも「見晴らしのいい場所」に立ち、より多くの自由を手にするために―。オプティミズムに貫かれ、リアリズムに裏打ちされた、待望の仕事論・人生論。

著者情報
梅田 望夫(ウメダ モチオ)
1960年生まれ。慶應義塾大学工学部卒業。
東京大学大学院情報科学科修士課程修了。
94年からシリコンバレー在住。
97年にコンサルティング会社、ミューズ・アソシエイツを創業。
2000年にベンチャー・キャピタル、パシフィカファンドを設立。
05年3月より(株)はてな取締役

にほんブログ村 本ブログへ
もっと、たくさんの人の書評を読みたいなら、
【書評blog】ランキングの1位〜10位の人気ブログはコチラ!

posted by yotu at 04:35 | Comment(0) | TrackBack(0) | 生き方暮らし方

2008年03月01日

子どもが聴いてくれる話し方と子どもが話してくれる聴き方

子どもが聴いてくれる話し方と子どもが話してくれる聴き方子どもが聴いてくれる話し方と子どもが話してくれる聴き方
三津乃・リーディ

きこ書房 2006-08-22
売り上げランキング : 11375
おすすめ平均

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

著者/訳者名 アデル・フェイバ 他 中野 早苗 他
出版社名 きこ書房 (ISBN:4-87771-501-0)
発行年月 1995年10月
価格 1,365円(税込)

最近は、子育てハッピーアドバイスiconのような、親に向けて子どものマネージメントの仕方を説く本が多くなっているけど、その元祖本に近い1995年の本である。
けれど、今の本っとほとんど内容がおんなじ。
人間の心理なんてそう大きくは変わりはしない。

それにしても、子どもに対するマネジメントって、会社内でのマネジメントとほとんどおんなじ!
厄介なおばちゃんやおじさんを相手にする時もおんなじ。
子どもも大人もそんなに変わりはしない。

この本は事例紹介が四コマ漫画としてふんだんに紹介されており、活字苦手でも拾い読みしやすくできている。改訂版ではCDも付いているようなので、そちらをお勧めする。

出版社/著者からの内容紹介
全米ベストセラー[150万部]の実践編!
 子どもが言うことをきいてくれないと、困っている人は多いはず。
でも、叱ったり、アドバイスをしたり、ときには罰を与えたりしても子どもは変わってくれません。どうしたらいいのでしょうか。
実は、子どもを変えようとするのではなく、親が変われば、子どもの問題はすべて解決するのです。
そのための方法を、全米の人気カリスマ講師コンビが教えてくれます。
赤ちゃんからティーンまで、あらゆる世代の子どもたちと向き合えます。

にほんブログ村 本ブログへ
もっと、たくさんの人の書評を読みたいなら、
【書評blog】ランキングの1位〜10位の人気ブログはコチラ!

posted by yotu at 04:31 | Comment(0) | TrackBack(0) | 実用