2011年02月28日

30代で年収3000万円を実現した300人に聞いた!稼げる人 稼げない人

家族との死別とか、企業の倒産リストラとか、外因的なことで突然に自分の暮らしが脅かされてしまったらどうしたら良いだろう?
だから「何があっても、自分で稼ぐ人になる方法」を知って身に付けたいというのが著者がこの本を作り始めた動機だということだ。これまでの「お金持ち本」と基本的なスタンスは同じだよね。あとは、この著者がどのような切り口でまとめていくのか、そしてこの本で集計されたものが自分にとっても良い影響を与えてくれるものであることを期待して、手に取った。

ちなみに、なんで3000万円に設定したのかという点も説明してある。年収1000万円だと一流企業に就職出来れば実現できる。年収2000万は外資系や金融系に勤務すればサラリーマンとして可能な水準だが、リストラ・吸収・合併などの状況変化に弱いので「何があっても、自力で稼ぐ」という条件に満たしていない。それらを満たす条件で絞り込んでいくと年収3000万円というラインになった。

そして「30代で」という設定にしたのも、条件として20年・30年と長い期間が必要とされるのでは、突然に転落した人には役に立たない。出来るだけ短い期間で劇的に人生を変えた事例のほうが役に立つという考えなのだそうだ。

Colum1.サラリーマンで30代で年収3000万円を実現した人のパターン
・経営幹部になる
・副業をする
・ストックオプションを得る

C2.専門家で実現した人のパターン
・フリーエージェント、フリーランスを含めた弁護士・会計士・コンサルタントでは、
@大学を卒業する
Aその専門サービスを提供する起業か、師匠のような専門家のもとで働く
B本気で働く
C多様な仕事を任される+自分にお客様がつく
D独立
E前職時代のお客様、紹介などで拡大していく

C3.飲食業で実現した人のパターン
@社会人になる(学歴問わず)
A繁盛店か多店舗チェーンで働く
B本気で働く
C上の人に目をかけられて、色々な仕事(運営や店舗開発)を任される
D独立する
E繁盛店か多店舗チェーンをつくる

C4.生命保険営業で実現した人のパターン
@大学を卒業する
A大企業に入社する
B営業として働く
Cトップセールスマンになる
Dスカウトの声がかかる
E保険営業に転職する
F友人知人に営業する
Gそこから紹介をいただく
Hお客様に紹介をいただき、またお客様に紹介していただく
Iそうしているうちに高い成績を出し、年収が数千万円になる
ポイントは、外資系によくあるようなフルコミッション制の報酬制度で働くこと。

C5.医師編
@高校生になる
A大学の医学部に合格する
B医学部で6年間学ぶ
C研修医として2年間働く
D勤務医として働く
E開業医になる

■データ
・労働人口の0.3%
・経営者、専門サービス提供者(法律・会計・医療)がほとんど
・乗っている車は、ベンツ、トヨタが最多で、スポーツカー所有者は10%以下
・睡眠時間5〜6時間で、朝7時台に起床する
・テレビ視聴時間は55%が1時間未満、30%が1〜3時間
・人生を変えた一冊は無し。毎月の平均読書量は9.88冊。毎月3冊以下が44%で、10冊以上が40%と、読まない層と多読層とに分かれるが、一般的な人と比べると読書家と言える。
・中卒3%、高卒12%、大卒53%、院卒16%、大学中退6.6%

■普通の人との違いはなにか?
・睡眠時間は5〜6時間が最も多い。一般的な人の平均は6〜7時間なので、やや短めと言える。
・やりたい事、なりたい姿のイメージが明確だったかというと、4割以上の人がイメージ出来ていなかった。

結論としては、「本質的には誰もが一緒の能力で大差はない」のだが、1円玉を積み重ねていくかのような、ほんのわずかな違いの積み重ねが大きな差をつくっていく。

普通の人との「ほんのわずかな違い」とは、
@「変われる」という違い
A「本気で働く」という違い
B実現に至るまでの「手順」という違い

と、ここまでは目次にも載ってるような各章の見出しを書き出したに過ぎないんだけど、Amazonレビューではこれまでの調査本と変わらない内容だと批判されているが、いやいや、私にとっては新しい気づきの連続だった!
それは、これまでに自分が打ちのめされるたびに諦めてきたけれど、やはり自分にもまだ可能性はあるのだという、データに裏打ちされた確信が持てたこと、かな。

上記の@「変われる」についての説明は省略して、A「本気で働く」についてはぐっときた!
普通の人の「一生懸命働く」と、成功者の「一生懸命働く」は定義が違っているということ。
・人の役に立つ、貢献する
・目線、基準を高く持つ(相手の期待を超える)
・目的に対して、合理性を持つ
・長時間労働をする(就業時間や休みなど関係なく)
・自己投資をする
普通の殆どの人は真面目に働いているでしょう。しかし、年収3000万円を実現するには更に上のレベル「本気で働く」必要がある。

私は20代の初めの就職でこういう働き方をしていたが、ボスからヤッカミを受けたのが原因で、表立って目立たないような働き方にシフトさせてしまった。。。

人生と時間について、アナログ時計を見ながら、人生をこの1時間に例える。
60分。28歳なら、28分のところに針があると考える。だからあと32分しか残されていないと考えるんだよ。60歳は平均寿命ということではなくて、仕事を全力でバリバリと出来る寿命と考える。

■ゼロから年収3000万円を目指す方法
@弟子入りする(適切な会社に入社)
A好き・強みを磨く
B目標を設定する
Cやってみる
D思考を身につける

・将来を見据えて、自分のモデルとなるような人の下で働く
結局は自分がどうなりたいのか?を定める。自分が定義したゴール、それを達成した人がモデルになる。
そういう人と出会うには?情報収集して自分からアプローチする。人づてで紹介してもらう。
弟子入りしたら、後は必死で働くだけ。給料に文句は言わない。目的は勉強しに来たこと。勉強が出来る上に給料が貰えたら幸運だと思う。

この本はトータルとしては「どんな状況追い込まれても揺らぐことのない、自力で、年収3000万円を稼ぐ自分になることを目指す!」という切り口で展開される自己啓発本なんだけど、このような方向性が明確だから、その方向に向かってすべきことを絞り込んで、事例を交えながら紹介しているので、ブレることのない内容になっていると思った。

自己啓発本としてはむしろ、特別な必勝法があると考えるよりも、真摯に仕事に取り組むことを最重要として考え、間違いのない手順を“知る”事を大切にしているんだね。いい本だった!

内容紹介
成功者と凡人は違うのか? 成功者には何か秘密があるのか? 年収3000万円を達成している人は日本の人口のわずか数パーセント。しかも、それを30代で達成した人たちへの聞き取り調査からわかったことは、精神面も、能力も、悩んでいるのも同じで「本質的には、誰もが一緒」なのだということ。違いがないように見えるのは、日々、「違いがもたらす、目に見える成果の差がほんのわずかしかないから。1日の睡眠時間は5時間以上6時間未満。毎月の平均読書量は9.88冊。
最高級スポーツカー所有者は少数。……など、「何があっても自力で稼ぐ方法」を探し出して稼いでいる人たちの「稼ぐ力」の本質に迫ります。

成功者と凡人は違うのか?成功者には何か秘密があるはず。普通の人はそう考えたくなる。学歴が高い?豊富な知識をもっている?いろいろなコネがある?もともとお金をもっていた?本書は、30代で年収3000万円を実現した人、300人に調査をする中でわかってきた成功者と凡人の違いを明らかにしていく。

著者略歴
竹内 正浩

経営コンサルタント。1981年福岡県生まれ。九州大学経済学部卒。アメリカの経営コンサルタントの日本におけるライセンス権を取得。2006年、株式会社レブドラを設立、代表取締役に就任。経営指導を行なうと同時に、30社以上のクライアントに対して、経営戦略を中心として、マーケティング、営業等の戦略策定のコンサルティングを手がける。2007年、同社を売却。その後独自の経営戦略論を構築しながら、経営コンサルタントとして活動し、現在に至る

にほんブログ村 本ブログへ
もっと、たくさんの人の書評を読みたいなら、
【書評blog】ランキングの1位〜10位の人気ブログはコチラ!

posted by yotu at 23:05 | Comment(0) | TrackBack(0) | お金持ち

2011年02月25日

クルトガ

シャープペンシルなんて、粗品で貰ったものや、製図で買ったものがあれば十分じゃないか!というのが基本スタイルだったんだけど、この「クルトガ」というシャーペン、見たことない?
よく便利グッズとか、最新の文房具などの特集をやると高い確率で登場するこの「クルトガ」は、文字を書いていると芯がクルクルと回転して、常に尖った状態を維持してくれるというモノ。
で、前々から使ってみたいなあ〜と思っていたんだけど、上記のようにAmazonで探すと定価で400円超え!
近所のD2へ行くと、348円とお買い得、だがまだちょっと高い。

それが今週のD2のチラシにセールで出ていて、298円!
おそらくこれ以上の値下げはないんじゃないかと思い、本日ついさっき思い出して、ホームセンターに走ってきました。
何だ?今週のD2は全体的にすごく安売りセール中だった!

もちろん買う前に、上記Amazonのレビューで使い心地を確認していましたとも。
それによると、特に漢字などを書くときに線が細く、勝手がいいとか、
1年使い続けているけど未だにちゃんとクルクル尖ってくれるとか、
良いレビューが並んでいたのも購入に踏み切った要因だ。


そして今さっきから使い始めての感想なんだけど、このギア機構をきちんと動かすには、ペンを斜めに寝かして書かなければならないんだね。
そうしないと、普通のシャーペンと同じで太い線が出てきてしまう。
さらに、800円位の高級クルトガならグリップがジェル性で持ちやすいらしいのだが、この300円のものだと、グリップがプラスチック製で硬く、長時間持てるかな?という感じもした。

総じて、「期待はし過ぎないほうがいい」というのが結論でした。

製図経験者で0.3mmのシャーペンを愛用してる人や、ペンを立てて使う人、うまく自分で回転させて書く人なんかは、わざわざ300〜400円を出して買う必要はないと言えるかな。

さらに言うと、Amazonレビューでも、ペンの色によって内容が違っていたんだね。
私が感じたものに近いレビューがあった。

まあ、全ては実際に使ってみることでこういうことがわかるんだね。
経験することは大切です。わーい(嬉しい顔)

にほんブログ村 本ブログへ
もっと、たくさんの人の書評を読みたいなら、
【書評blog】ランキングの1位〜10位の人気ブログはコチラ!

posted by yotu at 21:31 | Comment(0) | TrackBack(0) | 実用

ぼくはオンライン古本屋のおやじさん

著者がオンライン古本屋さんを立ち上げたのは1999年。そう、ノストラダムスの予言が当たるのか?外れるのか?騒がれていた時期だよね。
だからほんとに手作りのサイトで、オンライン決済なんてなくてもメールでのやりとりだけで通信販売することが出来た時代だったということを差し引いても、商売って、コレくらい気軽にエイヤアっと立ち上げてしまっても、いいんだよね!と思わせてくれる本でした。

実際著者は、開業一ヶ月目から売上12万円、利益7万円を稼ぎ出しているし、その後もコンスタントに毎月10万円弱くらいの利益を維持している。
この仕事にかける労力をどのように見るかによるのかもしれないけれど、やりたくもないアルバイトで時給数百円しかもらえずに毎月数万円程度の報酬を得るくらいなら、好きな本に携わることで得られるこのような自営業でこれだけ稼げるというのは、かなり嬉しい働き方になるのではないだろうか!

まあ、ただ、自分で商売していくのって当然ながら自分で自分をきちんと律してあげないといけないんだよね。続けていくのの何が難しいかって、コレが一番難しい!
別に社長や先輩スタッフが居る職場では、彼らが自分のことを管理してくれる。
そういう意味でも、もともとフリーライターが本業の著者ならではの、ユルいながらも着実にコツコツと続けていく姿勢を見習うところはあるだろうね。

杉並北尾堂
http://www.vinet.or.jp/~toro/

内容
本書は、著者自身の個人的経験をもとに、オンライン古本屋の立ち上げ方、サイトの運営方法、お客さんとの付き合い方、仕入れなどの問題点、オンライン古本屋の現状などをまとめてみたものである。後半には「杉並北尾堂」の日記を収録してある。

パソコンオンチがはじめたオンライン古本屋「杉並北尾堂」。オンライン古本屋の立ち上げ方、サイトの運営方法、お客さんとの付き合い方、仕入れなどの問題点、オンライン古本屋の現状などをまとめる。〈ソフトカバー〉

にほんブログ村 本ブログへ
もっと、たくさんの人の書評を読みたいなら、
【書評blog】ランキングの1位〜10位の人気ブログはコチラ!

posted by yotu at 14:45 | Comment(0) | TrackBack(0) | 生き方暮らし方

2011年02月24日

新世界より 下

ほんとに大作のファンタジー小説でした!
この本は間違い無く映画化するか、OVAでも連続アニメにして欲しい!

下巻の始まりではいきなり主人公達が記憶喪失気味で、上巻のラストエピソードを忘れているようなので読者としてもちょっと迷い込んでしまった。上巻から下巻を読むまでにちょっとのタイムラグがあったもので、ついに主人公が忘れていた友人の名前を思い出すまで、こちらも思い出せなかった。

それにしても、当初サブキャラクター程度にしか思っていなかったバケネズミが、結局、物語の重要ポジションを担っていたとは思わなかった。

念動力「呪力」を身につけてしまった人類は、互いに簡単に殺し合う地獄のような文明と戦争を経て、それらの過去を封印し、全く新しい秩序をもった社会を創り上げて、穏やかに暮らしていた。その人間に仕えるようにDNAを改良して作られたのが、人間に近い知能と社会性を持ったネズミの変異である「バケネズミ」だった。

課外活動のキャンプから派生した冒険を経てその過去の歴史を知ってしまった主人公のグループは、やがて社会の秩序を守ろうとする教育委員会から監視されるようになったり、直接命を狙われそうになって社会から逃げ出したり、様々な葛藤を繰り返す。

それにしても主人公達が最後に創りだそうとする新しい社会では、忌まわしい過去の歴史をどこまで皆で共有することになるのだろう?それからもやはり知る人ぞ知る知識になってしまうのだろうか?

何にせよこの作品は本当に、長編アニメーションとして忠実に映像化して欲しい!!

内容紹介
見せかけの平和がいま崩れる。
人類が手にしたのは、神の力か、悪魔の力か。
空前絶後のエンターテインメント、ついに佳境!

八丁標の外に出てはいけない――悪鬼と業魔から町を守るために、大人たちが作った忌まわしい伝説。いま伝説が、「実体」となって町に迫る。
新しい秩序とは、おびただしい流血でしか生まれないのか。少女は、決死の冒険に身を投じる。

著者略歴
貴志 祐介

1959年大阪府生まれ。京都大学経済学部卒業。生命保険会社に勤務後、作家に。1996年、『十三番目の人格―ISOLA』が第3回日本ホラー小説大賞長編賞佳作に選ばれる。1997年『黒い家』で第4回日本ホラー小説大賞、2005年『硝子のハンマー』で日本推理作家協会賞長編賞を受賞。つねに話題作を発表し続ける、エンターテインメント界の鬼才

にほんブログ村 本ブログへ
もっと、たくさんの人の書評を読みたいなら、
【書評blog】ランキングの1位〜10位の人気ブログはコチラ!

posted by yotu at 23:02 | Comment(0) | TrackBack(0) | ファンタジー

2011年02月21日

一流たちの修業時代

やっぱりこういう偉人伝は面白いよね!

CHAPTER1の「創業者の気骨」では、今や誰もが聞いたことのあるデカイ企業を創業した社長さんたちが、どんな若年時代を過ごして起業に至り、このような企業を創り上げたのか?というところで最も興味深く読ませてもらった章だ。

特にユニクロの株式会社ファーストリテイリング社長の柳井正さんの経緯が面白い。大卒後、縁故で大手スーパーに入社するも9ヶ月で文句言って辞めて、半年間も友人のアパートに引きこもって過ごした。その後、父親が経営する紳士服屋に入社するも、古参社員がみんな辞めてしまい、残った社員とたった二人で店を回さなければならなくなる。
だがそこで徹底して整理して効率化して一から仕組みをつくり直すことで、古い慣行に縛られない発想で商売を身につけて行った。

マクドナルドの創業者:レイ・クロックの著書に感銘を受け、
「Be daring(勇気を持て)! Be first(誰よりも先に)! Be different(人と違ったことをする)!」という文句を気に入り、何度も読み返した。社名の「ファーストリテイリング」も、マクドナルドの「ファーストフード」から名付けた。

会社の姓名判断に関心のある私としては、結果的にこの社名が今日の巨大企業にまでなったという経緯がとても面白いと思った。

他にもCHAPTER2の「アーティストの世界」で紹介される千住博さんは、名前はなんとなく聞き覚えはあったものの、このように真摯に芸術に取り組む人を自分の美大時代に知らなかったので感動した。大成する人というのはこのような姿勢で取り組むものなのか。まあ、そういう事まで知らなければ実践の出来なかった自分との違いがここにあるんだろうなあ。

そういう「真摯な姿勢」という面で言えば、CHAPTER3の「職人たちの魂」の職人たちは、決して伝統的な中卒からの職人修行という人ばかりではなく、29歳から飛び込んだ人や、脱サラから家業に入った人もいるなど、色んな始まり方があることに驚いた。

もちろん、努力した人たちがみんな成功しているわけではないのだろうけれど、こうして成功している人たちはやはり「修行」と言えるような時期を過ごして努力を積み上げてきたからこその現在があるんだよなって、当たり前だけど、改めて思い知ることの出来た本でした。

内容紹介
15人の修業時代から、就活、仕事、そして人生のヒントを学ぶ!
人には誰にも、苦しい下積みの経験、いわゆる"修業時代"がある。現在、各々の分野の第一線で活躍している、あの"一流"たちは、自らの修業時代に何をし、考え、学び、そして克服したのか? 本書では、15人のプロフェッショナルたちへインタビューし、それぞれの経験、味わった苦労や挫折を聞く。
本書に登場するのは、ユニクロ社長・柳井正、ココ壱番屋創業者・宗次徳二、伊那食品会長・塚越寛、日本画家・千住博、クレイジーケンバンド・横山剣ら各界の一流たち。今まさに駆け出しの20代若手社員、"就活"に励む学生は必読の書!

あの創業者も、長い下積み時代を経て、現在がある。各界の一流たちは、いかに苦境、挫折を乗り越えたか?15名のプロフェッショナルたちが自らの修業時代を語る。

「やる前からあきらめるな。若い人ってまだ何もしていないんでしょう」/ユニクロ社長 柳井正

宗次徳二(CoCo壱番屋)、溝畑宏(大分トリニータ元社長)、千住博(日本画家)、横山剣(クレイジーケンバンド)......
15名のプロフェッショナルたちが自らの修業時代を語る!!

著者
野地秩嘉(のじつねよし)

ノンフィクション作家。一九五七年東京都生まれ。早稲田大学商学部卒業後、出版社勤務、美術プロデューサーなどを経て現職。著書は、『キャンティ物語』(幻冬舎文庫)、『サービスの達人たち』(新潮文庫)、『ニューヨーク美術案内』『企画書は1行』(共に光文社新書)、『ヨーロッパ食道旅行』(ダイヤモンド社)、『なぜ、人は「餃子の王将」の行列に並ぶのか?』(プレジデント社)など多数。

にほんブログ村 本ブログへ
もっと、たくさんの人の書評を読みたいなら、
【書評blog】ランキングの1位〜10位の人気ブログはコチラ!

posted by yotu at 23:05 | Comment(0) | TrackBack(0) | 生き方暮らし方

2011年02月20日

自己破産のしくみと手続き

「知らない」ということが不安を生み出す。だからちゃんと勉強しておきたいと思っていたら図書館で見つけた一冊。

タイトルはズバリ「自己破産」とあるものの、任意整理、特定調停、個人民事再生、などのいわゆる法的手続きの内容と手続法を網羅しており、どのような立場の人ならどの解決法を選べば良いのかなど例示しているのでとても参考になった。

例えば、リストラで失業したAさんの場合、
住宅ローンが払えなくなったBさんの場合、
カードローンが膨らんでしまったCさんの場合、
他人の保証人になったDさんの場合、
経営した会社が破産したYさんの場合、
子どもが作ってしまった借金を何とかしてやりたいKさんの場合、
などの状況別アドバイスが分かりやすい。

後半にも状況別・事例別のQ&Aがあるので、より個別的な事例にも対応している。

ただ、残念なのはこの本が2006年の本だということ。利息制限法とかいくつかの借金関連の法律が定まる前の本なので、やはり法律書は最新のものを読まなければ、知識の漏れが発生してしまうね。

内容
借金整理の切り札!自己破産を明快に解説。法律を味方にするための債務者必携の書。

一日も早く借金を整理して再起を図ろうと望んでいる多くの誠実な債務者のために書かれた借金整理のためのマニュアル。借金地獄からの脱出法と問題解決の仕方を親身にアドバイスします!

著者略歴
高橋 裕次郎

1950年生まれ。早稲田大学法学部卒業。弁護士(東京弁護士会所属)。一般民事事件、離婚や相続などの家事事件、企業法務を中心とした商事事件、破産事件、刑事事件など幅広く実務をこなす

にほんブログ村 本ブログへ
もっと、たくさんの人の書評を読みたいなら、
【書評blog】ランキングの1位〜10位の人気ブログはコチラ!

posted by yotu at 22:57 | Comment(0) | TrackBack(0) | 起業

2011年02月18日

稼ぐ人の思考法

空き時間にさくっと読んで息抜きをするのに適した本!
というのが合っていますかね。

第1章 稼ぐセンスのあるのはどっち?
・ゴミが落ちていることに気がついたけどゴミを拾わない人
・ゴミが落ちていることに気づかないでゴミを拾わない人

このような設問がページごとに出てきて、ではなぜそのように考えるのかという解説が続きます。

例えば上記の設問では、「仕事が出来る人出来ない人の違いは、気がつくか、気がつかないかの違い」であると。「物覚えが悪い」のではなくて「気がつかない」から同じミスを繰り返す要因になっているんですね。

このように、ハッとする気づきを与えてくれる設問もあれば、ええ?それはちょっとこじつけのような気がするなあ〜、という設問もあるので、ほんと気軽に読んで考えることを楽しむ本でした。

竹内謙礼のボカンと売れるネット通信講座
http://e-iroha.com/

内容紹介
取引先とけんかをしたら
電話をかけて解決しようとする人、
メールで解決しようとする人。

稼ぐセンスがあるのはどっち?

ビジネスマンとして生きていく以上、どんな仕事を選んでも、「売上を上げる」ことが至上命題としてついてきます。

つまり、「売上を上げる力」=「稼ぐ力」は、社会人に必須の基本スキルだといえます。

本書は、経営コンサルタントとして
のべ1千人以上に売上アップのアドバイスをしてきた著者が、これまでに接してきた「稼ぐ力」のあるビジネスマンの考え方や行動パターンを、上記のような2択の問題形式にしてわかりやすく解説しました。

読み進めるうちに、稼ぐ人の考え方が、自然に身についていく1冊です。
自分自身はもちろん、周りの人の「稼ぐ力」も判断してみてください!

年収300万円で終わる人、1000万円稼げる人。「稼ぐ人」に考え方を身につける40問。

著者について
竹内 謙礼(たけうち けんれい)


経営コンサルタント。有限会社いろは代表取締役。

大学卒業後、雑誌編集者を経て、観光牧場「成田ゆめ牧場」の企画広報に携わり、通信販売や実店舗の運営、企画立案などを行なう。

楽天市場に出店したネットショップはオープン3年目で年商1億円を達成。2年連続で楽天市場のショップ・オブ・ザ・イヤー「ベスト店長賞」を受賞する。また、オークションサイト「ビッダーズ」において、準グランプリを受賞する。

現在は大企業・中小企業を問わず、販売戦略立案、新規事業、起業アドバイスを行なう経営コンサルタントとして活躍。全国の商工会議所や企業などでのセミナー活動のほか、『日経MJ』等の新聞や雑誌にて執筆を行なう。また、「タケウチ商売繁盛研究会」を主宰し、多くの経営者や起業家を対象とした、低料金の会員制コンサルティング事業を積極的に行なっている。

著書に『1時間で御社の売上を伸ばす 販促鉄板ワザ40』(中経出版)『売り上げがドカンとあがるキャッチコピーの作り方』(日本経済新聞社)『会計天国』(青木寿幸共著、PHP研究所)など多数。

にほんブログ村 本ブログへ
もっと、たくさんの人の書評を読みたいなら、
【書評blog】ランキングの1位〜10位の人気ブログはコチラ!

posted by yotu at 20:20 | Comment(0) | TrackBack(0) | 生き方暮らし方

2011年02月17日

ビーケーワンとジュンク堂と漫画全巻

右サイドに、ビーケーワンとジュンク堂のバナーを追加しました。
本のお買い物にお役立てください。






にほんブログ村 本ブログへ
もっと、たくさんの人の書評を読みたいなら、
【書評blog】ランキングの1位〜10位の人気ブログはコチラ!

posted by yotu at 16:18 | Comment(0) | TrackBack(0) | 実用

2011年02月15日

「食い逃げされてもバイトは雇うな」なんて大間違い 禁じられた数字〈下〉


上巻では「バイトは雇うな」と言っておきながら、今回は、「雇うべきだ」という、その真意はなんなのだろう?と誰もが思うはず。
簡単に言うと、短期的、金銭的な視点で見たときの合理的な考え方と、長期的、経営的に見たときの考え方では異なるということなんだね。

会計で使われる数字によって人々は色んな錯覚を起こしているんだね。
そして、それが数的に表されているものだから合理的だと思い込んでしまう。
でも実は違うのだ!ということがよくわかる本です。

P7 宝くじ売り場に「1億円が12本」と書いてある。
この売場なら当たる確率が高いので買ったほうがいいと考えますか?
いいや、確率で言えばまだ当たりの出ていないところで買うほうが当たる確率が増す?

正解を導き出す鍵は「1億円が12本」という数字をどう捉えるかにあります。
1億円が12本出ていようが、100本出ていようが、その事がこれから自分が買う宝くじが高額当選する根拠には全くならないのです。
「1億円が12本」という数字の強いインパクトが、事実と期待との関係の無さを気づかせにくくしているんですね。

このようにして、一見最もらしく使われている数字が、実は何の意味も持っていなかったということを、著者お得意の小説による物語とその解説でとても分かりやすく教えてくれています。

さらに面白かったのが「計画に縛られる」ことによる弊害についての解説です。
上場企業は、はじめに立てた計画通りに稼がなければ、たとえ儲け過ぎたとしても悪い評価を下されるというお話。
そこから派生して著者が実は、会計士試験を目指すために「計画を立てず」10ヶ月の勉強で取得したという逸話。
「計画は環境の変化に対応できない」という問題点を指摘しているんですね。

コレはつい先日に読んだ伊藤真先生の「一冊の手帳で試験に合格する勉強法」という本で謳われている計画をきちんと制定しようという考えとはまた正反対な意見で刺激的でした。

内容紹介
『さおだけ屋はなぜ潰れないのか?』からちょうど3年。
ついに完結『禁じられた数字』下巻。

宝くじは有楽町で買うべきか否か、少子化対策のトンデモ結論、
求人広告のワナ、グラビアアイドルに学ぶ「カードの切り方」、
といったエピソードから数字・会計・ビジネスについて解き明かします。

コンセプトは「数字のウソから、数字を学べ」。
ビジネス常識にNOを突きつけ、それらをひっくり返します。

この本の目的は2つあります。ひとつ目は、数字が苦手な方が、「数字の裏側」を読めるようになること。数字は人を騙す凶器です。数字のウソを学ぶことで、数字に騙されない“考える力”を鍛えます。2つ目の目的は、「会計がわかればビジネスもわかる」といった会計に対する誤解を解くこと。ビジネスに「会計が必須の教養」であることが常識となりつつありますが、会計とビジネスでは世界が180度異なります。会計の限界を知らずに使っている人が、ビジネスに混乱を巻き起こしています。そこでこの本では、ふだん語られない“会計の本質”に光を当てます。なお、上巻を読まずに、下巻から読みはじめても大丈夫です。

著者について
山田真哉(やまだしんや)

1976年兵庫県神戸市生まれ。大阪大学文学部史学科卒業。公認会計士山田真哉事務所所長。代表作『さおだけ屋はなぜ潰れないのか?』はミリオンセラーを達成し、会計本としての金字塔を打ち立てた。会計ミステリー小説『女子大生会計士の事件簿』もシリーズ100万部を突破し、そのキャラクターは他の作品にもたびたび登場している。著者の特徴であるたとえ話の多用や、主張した直後に自ら反論を加える論法は、中国の思想家・韓非子から学んだものである。また、弱いが囲碁を愛好し、構想力を高めるのに役立てている。公式サイト「山田真哉工房」。

にほんブログ村 本ブログへ
もっと、たくさんの人の書評を読みたいなら、
【書評blog】ランキングの1位〜10位の人気ブログはコチラ!

posted by yotu at 16:25 | Comment(1) | TrackBack(0) | 会計

2011年02月12日

新世界より 上

例によって、ホラー小説作家で誰か面白そうな人がいないものかアンテナを張っていると、この「新世界より」という本が絶賛されていたのを発見!
すぐさま取り寄せてみたら、辞書のような分厚い本に驚いた!読みきるのに何日かかるだろう?

だが、そんな心配はすぐに稀有に終わった。一晩とちょっと、で一気に読み終えたせいですっかり寝不足、また体内リズムが少し狂ったw

ホラーというよりは明らかなファンタジー。人が当たり前のように「呪力」を使ってモノを浮遊させたり発火させたりすることが出来るようになった世界で、人々が住まう町の外には人と同じくらいの大きさになったネズミやナメクジやウミウシやカニなどが生息していて、ネズミは知能を持ち人間に使役されている。

主人公による語り口でこの世界観を説明されたあと、主人公の小学校生活から、一つオトナになるための儀式を経て「呪力」を身につけて進学し、高等学校のカリキュラムの一環として班でサマーキャンプに出掛け、筑波山の麓で“図書館”に出逢う。

この図書館によってこれまで封印されていた「この世界の成り立ちと真実」を知ってしまった主人公の班は、やがてネズミ同士の戦争に巻き込まれ、命からがら脱出してなんとか町にたどり着くのだが、秘密を知ってしまった主人公達は、得も知れぬ不安を抱えたまま生活を送るようになる。

そんな時に発生した、班の中でも一番優秀な同級生の問題。この事件によって、また知られざる隠された真実を知ることになった主人公は、今後どうなっていくのか?

下巻に続くのでした。
早く読みたい!!猫

内容紹介
ここは汚れなき理想郷のはずだった。
1000年後の日本。伝説。消える子供たち。
著者頂点をきわめる、3年半ぶり書き下ろし長編小説!

子供たちは、大人になるために「呪力」を手に入れなければならない。一見のどかに見える学校で、子供たちは徹底的に管理されていた。
いつわりの共同体が隠しているものとは――。何も知らず育った子供たちに、悪夢が襲いかかる!

著者について
1959年大阪府生まれ。京都大学経済学部卒業。生命保険会社に勤務後、作家に。1996年、『十三番目の人格――ISOLA』が第3回日本ホラー小説大賞長編賞佳作に選ばれる。1997年『黒い家』で第4回日本ホラー小説大賞、2005年『硝子のハンマー』で日本推理作家協会賞長編賞を受賞。その他の著書に、『天使の囀り』『クリムゾンの迷宮』などがある。『十三番目の人格――ISOLA』『黒い家』『青の炎』が映画化されるなど、つねに話題作を発表し続ける、エンターテインメント界の鬼才。

にほんブログ村 本ブログへ
もっと、たくさんの人の書評を読みたいなら、
【書評blog】ランキングの1位〜10位の人気ブログはコチラ!

posted by yotu at 15:23 | Comment(0) | TrackBack(0) | ファンタジー

2011年02月09日

資格の「抜け道」


この本が2002年の本で、新しい版が出ていないようなのが残念!
というくらい、結構知らなかった情報が満載だった!

まずは「税理士」
これは意外と有名かもしれないが、税法、もしくは会計法に関する研究により修士の学位を得ると、受験科目がひとつ免除になる。それでこの本の良いところは、どんな方法で社会人や学生がこの修士学位を取得できるか、きちんと方法を教えてくれるところ。
通信制大学なら東亜大学であるとか、無名だが入学しやすく、あくまでも資格が取得しやすい方法論にこだわって指南してくれる。

次が「測量士」と「土地家屋調査士」
測量士は肉体労働系と思われがちだが、実は製図を中心としたデスクワークが重要な仕事だということを解説している。ちょっと気になっていたので驚いた。
さらに測量士と測量士補有資格者は、土地家屋調査士試験の一部試験が免除される。なので、本当の狙いは土地家屋調査士を取得することにある!
ではこの測量士・測量士補を取得するには、毎年5月に実施される試験を受験する。制限はない。もしくは測量を学ぶ専修学校で1年の課程、夜間なら東京の中央工学校で2年課程に通う。さらには、法政大学通信教育部文学部地理学科を卒業すると無試験で測量士補の資格が得られる。

とここまで色んな方法を教えてくれるところだが、大学の通信教育は、それを維持して勉強し続けるモチベーションがとても大変だ。おそらく、普通に勉強して試験を受けるのがもっとも近道じゃないかと思う。

ほかにも、法学部の大学助教授を3年以上勤めると無試験で弁護士になれる。
司法試験の1次試験に合格すれば、公認会計士も不動産鑑定士も1次が免除。
この3種類の試験が色々と関連していて、どれかに合格していると別の何かが免除になる。

宅建は、実務経験が3年以上で通信教育の講習を3ヶ月受講すると2科目が免除になる。
講習だけで取得できる資格も複数あって、浄化槽、ボイラー、フォークリフト、ガス溶接、などのガテン系資格から、司書、衛生管理などもある。
中小企業診断士は、1年間の養成講習を受けると取得できる。
大学の通信教育で、学芸員、司書、保母、教員資格が取得でき、その大学名も明記してある。
さらには、米国弁護士、英国弁護士など、海外の有名資格に関する情報も豊富だ。
さらにさらに、社会人にも医者になるための医学部に入る方法から、海外の医師資格を取得するための方法、外国大学日本校を利用する方法など、今まで自分が知らなかった情報が満載だった。

内容は結構「社会人から改めて目指す」ということに主眼を置いて説明してくれているので嬉しいが、やっぱり高校生のうちに知っておくと、進学の時からとても有利に働くのは請け合いだろう。高校生、大学生や、その親御さんにはうってつけの本だと思う!

内容紹介
ほとんどの資格には通常の試験を受けるのとは違う合理的な別の道が存在する。好評書の新版登場。

資格を取得しようとすれば、試験に合格する必要がある。それが、これまでの常識だ。だが、本当にそうだろうか。ほとんどの資格には、通常の試験を受けるのとは違う合法的な別の道が存在するのだ。資格取得のための知られざる手段についてわかりやすく解説する初めての書。

「税理士」は無試験で取れる、こうすれば難関資格が試験免除になる、講習・通信教育だけでも国家資格が取れる…など、既存の資格取得方法を否定し、合法的な抜け道を伝授する。中小企業診断士に初めて言及した最新版。

著者略歴
並木 浩一

1961年神奈川県横浜市生まれ。青山学院大学文学部フランス文学科卒業。1986年よりダイヤモンド社勤務。さまざまな雑誌に資源関連の記事を寄稿、またコメンテーターとして登場している。元・エグゼクティブ編集長

にほんブログ村 本ブログへ
もっと、たくさんの人の書評を読みたいなら、
【書評blog】ランキングの1位〜10位の人気ブログはコチラ!

posted by yotu at 23:11 | Comment(0) | TrackBack(0) | 実用

2011年02月08日

一冊の手帳で試験に合格する勉強法


一度著者の伊藤氏の本を読んでみたいと思いつつも、司法試験のような難関試験のことなど考えたこともなかったので手が出ないでいた。

だが、この本では、試験勉強のような長期間のモチベーション維持を必要とし、かなりの労力を掛ける必要がある状態の時に、自らの指針となり、自らを律する「お守り」として「手書き」の「手帳」を有効利用することを提案していて、普遍的なテクニックとして通用しそうだ!

そう、この本では「手書き」であることの有用性を繰り返し説いている。これは別に最近はやりのデジタルガジェットを否定するものではなくて、既に扱い慣れているのであれば、両方のメリットを享受するのもうまい手段であるとしている。

勉強法としての伊藤メソッドは「ゴールから発想する」「全体像の把握」というのは有名な話かもしれない。ゴール(試験合格)までに自分はどの位置にいて、何をしなければならないかのスケジューリング。そして全体を把握して、やるべき学習範囲を確認しなければならない。

ここまでの準備が出来たら次に「客観視」「時間幸福度」「考える・書く・確認する」ということを行っていくことになる。これらを手軽に実現してくれるツールが「手帳」と言うことになっている。何でもメモする、素早く書く、主観的な自分の思いを書く。

ただ1点だけ気になったのは、合格後の自分をイメージする「イメージトレーニング」のところ。これは先日読んだ「その科学が成功を決める」において、逆効果であると検証されていたことなんだよね。イメージするなら段取り通りに努力してる自分を。

あと、言われてみれば当たり前のことのように思えて実はガツンと衝撃を受けたのが、
P162 反復して知識が常識になるまで繰り返す「常識化」
手を変え品を変え、徹底的に脳に染み込ませる。これをちゃんとやらないから試験に合格できないんだと分かっているんだけど、やらないんだよね。

高校受験の時に、短期間の塾通いで偏差値が急上昇したという成功体験があるから、あの時の塾ような徹底した反復学習が出来れば合格する!と思いつつも、独学では甘えてしまう。
そんな状況をこの「手帳法」でなんとか突破したい!と手にとった本でした。

内容紹介
多くの東大合格者、司法試験合格者が、
参考書や勉強道具は捨ててしまっても、
受験時代の手帳だけは捨てられずにとっているそうです。

それはなぜでしょうか?

各種資格試験、大学受験者必見!
司法試験界の人気・実力NO.1講師が、東大受験時代からあたためてきた、「1冊の手帳」を使って各種試験に合格する勉強法のノウハウを詳しく解説します。
いつでも自分の手元にある手帳を使いこなすことで、最強のパートナーを手に入れたことになる、このことを、インタビューした東大合格者や司法試験合格者の勉強法が明確に物語っています。手帳はスケジュール管理だけに使うものではありません。使い方一つで暗記術、読書メモ、モチベーション管理など、知識定着や自己管理にも力を発揮します。そして試験会場にまで、あなたと共にいます。
本書を読めば、どこにでもある手帳を活用することで、誰でも「うかる」力がたちまち養成されます。
「最強のお守り」ツールは自分で作りましょう!

最強のお守りは自分で作る!司法試験界の人気・実力NO.1講師が、東大受験時代からあたためてきた必勝メソッド。資格試験・大学入試受験者必読!東大合格者、司法試験合格者の「受験手帳」を大公開。

著者略歴
伊藤 真(いとう まこと)

伊藤塾・塾長。1981年東京大学法学部在学中に司法試験に合格。以後司法試験受験指導を開始。大学卒業後司法研修所入所。司法研修修了と同時に弁護士登録。司法試験、司法書士、公務員講座のほか、企業法務研修などの講師を務める。1995年、司法試験指導のキャリアを活かし「伊藤真の司法試験塾」を開塾。その後、法科大学院入試・公務員試験・司法書士試験・行政書士試験・宅建試験の受験指導を開始。600人収容の大教室を連日のように満員にする

にほんブログ村 本ブログへ
もっと、たくさんの人の書評を読みたいなら、
【書評blog】ランキングの1位〜10位の人気ブログはコチラ!

posted by yotu at 19:06 | Comment(0) | TrackBack(0) | 勉強法

2011年02月07日

ゾンビランド

ゾンビランド [DVD]ゾンビランド [DVD]

Happinet(SB)(D) 2011-02-04
売り上げランキング : 213

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

B級映画なんだけれど、結構きちんとした筋書きとして出来上がっている。
例えると海外ドラマ「チャック」のような雰囲気かな。主人公が怖がりのへっぴり腰で、でもだからこそこのゾンビだらけの世界で生き残ることが出来たという設定。

大学生?として暮らしていたアパートから、故郷に向かって旅をするロードムービーで、オープニング直後のゾンビとの戦いの激しさから一転、この長旅の中ではたまにしかゾンビは出てこない。むしろ、一緒に旅をすることになった仲間との会話シーンが結構長くて、そこで少し中だるみさせられる。

途中に寄ったスーパーで軽くゾンビと戦い、そこで救出しようとした詐欺師姉妹に騙されるも、その後は一緒に旅をする。んで、その彼女たちがヒロインになるわけね。

前半のゾンビだらけになった世界の紹介と、終盤のゾンビたちとの激しい戦い以外は、ほんとにのんびりとした流れで、小さな笑いを誘うだけ。
全体的にすごくいい感じに出来上がっているので、この中盤のたるみだけがもったいなかった、良い映画でした。

内容紹介
目指せ、奴らのいない夢の遊園地へ 32のルールを駆使して生き残れ!!

●ただのゾンビ映画ではない!
恐怖、サスペンス、アクション、ロードムービー、青春ラブストーリー、そして爆笑とパロディの数々…。
娯楽映画の要素をすべて盛り込み、すべての映画ファンに贈る、痛快なアドベンチャー・エンタテインメント・ライドなのである!

【ストーリー】
新型ウイルスの爆発感染で人類の大半が人喰いゾンビとなってしまった世界。“生き残るための32のルール”を作り、それを実践して生き延びてきた引きこもり青年のコロンバスは、最強のハンターのタラハシー、したたかな処世術を身に付けた美人詐欺師姉妹ウィチタとリトルロックとの出会い、ゾンビがいないと噂される、夢の遊園地を目指して悪夢のようなサバイバルを続ける。だが、それまで他人とまともに接したことがなかったコロンバスにとって、それははじめて生きていることを実感し、友情や恋も知ることのできた、かつてなく楽しい冒険の日々でもあった…。

【キャスト】
ウディ・ハレルソン、ジェシー・アイゼンバーグ、エマ・ストーン、アビゲイル・ブレスリン、ビル・マーレイ

【スタッフ】
監督:ルーベン・フライシャー、音楽:デヴィッド・サーディ、撮影:マイケル・ボンヴィレイン、脚本・製作総指揮:レット・リース、ポール・ワーニック、制作:ギャヴィン・ポローン

にほんブログ村 本ブログへ
もっと、たくさんの人の書評を読みたいなら、
【書評blog】ランキングの1位〜10位の人気ブログはコチラ!

posted by yotu at 23:36 | Comment(0) | TrackBack(0) | ホラー

2011年02月06日

社長が知らない 秘密の仕組み


「香酢」というものを一役日本中に流行らせたのが、やずや、さんじゃないでしょうか?
おかげでその後、やずやの黒酢を真似たような「サプリメント」を「通信販売」する会社が増えに増えましたよね。これって、やはりこのサプリ通販という業界がいかに儲かる業界かということを表していると思います。

さて、ではこの通販業界ではどのようなマーケティングが考えられているのか?

そしてその先駆けのやずやでは、いったいどのような仕組みを構築してお客さんをファンにして取り込んできたのか?

その理念から、仕組みまでを、結構赤裸々に公開して説明してくれているのがこの本です。
RFM分析とか、CPM分析とか、顧客ポートフォリオ・マネジメントとか、入門系のマーケティング書よりも突っ込んだ専門的な内容となっているけど、要となるやるべき事を解いていくと決してそんなに難しい話ではない。
お客さんの定期購入状況をきちんと記録して、「初回客」「よちよち客」「コツコツ客」「優良客」に分類する。その分類によってアプローチの頻度を変えていくのだ。

このような分析を取り入れることによって
P132:それまで「買っている人」と「やめた人」にしか分けていなかった企業が、購買行動の変化をつぶさに観察することにより、売上が下がった原因を突き止められるまでになったのです。

具体的には、「2週間に1度のはがき」「1ヶ月に1度の封書」「3ヶ月に1度のニュースレター(季刊誌)」の3点セット。
3ヶ月間に、はがきが6回、封書が3回、ニュースレターが1回の、合計10回のコンタクトを取ることになる。

やずやは、「お客さんを家族として扱う」という理念があるから、顧客へのアプローチは「売り込み」ではなく「絆づくり」というスタンスで行っているんですね。

結局のところ、どんなにうまい仕組みを用いたとしても、根幹となる「理念」が整っていなければ、うまくいくことはないと締めくくられています。それがただ売らんとする他の会社と、うまく生き続けている会社との違いではないでしょうか。

内容紹介
日本の中小企業を救う「顧客ポートフォリオ術」が本になりました。業種に関係なく使える、まさに魔法の1冊です。

あなたはご存知ですか? いまでは押しも押されもせぬ優良企業となった「やずや」が、ある時期、窮地に陥りました。その時に同社を救ったのが、本書で初めて紹介する「顧客ポートフォリオ理論」です。「やずや」サイドとの交渉で、今回初めて一般読者に、そのノウハウを公開することができましたが、本書に掲載した情報は、日本の中小企業経営者、ならびにマネージャークラスのビジネスマンにとって、不況下のバイブルと言っても過言ではありません。

オールカラー、そして豊富なデータが満載です!

内容参照
・なぜ、顧客が根付かないのか?
・顧客ポートフォリオマネジメントが不可欠な理由
・出て行ったお客様も色分けする
・地味で目立たないお客様こそ「宝の山」
・優良客が求めるのは「特別感」
・クロスセリングのタイミング
・初回客を離脱させない「育て技」
・顧客維持のキーワードは「推移率」
・問題点は徹底して絞り込め
・リピート客を生む仕組み
・自社のボーダーラインの決め方
・最初の90日間で徹底的にコンタクトをとる
・フォローツールは最低2種類必要
・ワンマン企業から全員参加型企業へ

窮地の「やずや」を救った、顧客ポートフォリオ術を公開。

著者について
ダイレクトマーケティング専門のコンサルティング会社に勤務後、独立。国内大手の教育会社をはじめ、中小企業のマーケティング・アドバイザーとして活動を開始する。
健康通販で有数の企業である「やずや」の大番頭・西野博道氏が開発した顧客ポートフォリオ理論を普及する「リピート顧客倍増実践会」(http://www.cpms.jp/)の立ち上げに参画し、多くの企業に顧客のリピートを促進する方法を啓蒙中。
最先端のヒーリング手法であるエナジータッピング(http://www.e-tap.jp/)のコンテンツディレクターでもある。

にほんブログ村 本ブログへ
もっと、たくさんの人の書評を読みたいなら、
【書評blog】ランキングの1位〜10位の人気ブログはコチラ!

posted by yotu at 14:59 | Comment(0) | TrackBack(0) | マネジメント

2011年02月04日

お金の大事な話


高校中退でフリーター経験もある著者が、一体どういうふうにして自ら仕事を起こしてお金を稼ぐようになり、さらに不動産投資を始めて豊かになったのか?
そんな著者がいろんな経験を経ながら身につけた「考え方」とか「発想力」を語ってくれているエッセイ本です。

こういう本ってもう沢山出ているけれど、やはりどれを読んでもなにか学べるところがあって、しかも面白いんだよね。偉人の伝記がたくさんあるのと同じだよ。

前半が社会人としての生い立ちと起業までのことで、後半が不動産投資に関すること。
当然、不動産投資に関するノウハウとしても使えるんだけど、個人的にはむしろ起業してシンプルな仕事をコツコツ積み上げて1000万円以上の年収を得られるようになった著者の発想力をもっと重点的に学びたいと思った。

500円でこの内容の本を出すなんて、ほんとすごい!!

日本ファイナンシャルアカデミー
http://www.f-academy.jp/

内容紹介
「お金を増やす能力は、運動神経と同じもの」
みなさんは「え、そんなはずないだろう」と感じるでしょう。
僕自身、かつてはお金についての「運動神経」が全くない人間でした。
読者のみなさんに一番知ってほしいのは、お金を増やすテクニックではありません。
それよりも、お金を作り出す「考え方」や「発想」を身につけることのほうが大事なのです。
知識よりも、テクニックよりも、あるコツをつかむこと。500円で人生が変わる、「はっ」とするツボ満載。

著者について
泉 正人(いずみ・まさと)

日本ファイナンシャルアカデミー 代表/金融学習協会理事長
日本初の商標登録サイトを立ち上げた後、ファイナンシャル教育の必要性を感じ、日本ファイナンシャルアカデミーを設立。

受講生は8万人を超え、独立系ファイナンシャル教育機関として日本最大級となり、経済入門、会計、財務、経済新聞の読み方、マネープラン等から、株式投資スクール、不動産投資スクール等の投資の学校まで幅広い、「経済とお金の教養が身につくマネースクール」を運営する。

現在は、ポータルサイト、カフェ等、5社の経営を行うと同時に、金融学習協会の理事長として、文部科学省許可 財団法人日本文化振興会監修・認定の検定「マネーマネジメント」を作り、お金の知性を高めるための普及活動や講演活動も行っている。

また、ベストセラー著者兼ベンチャー経営者仲間と「JBN(在留邦人ビジネスネットワーク)」を発足し、世界各地で活躍する日本人起業家・ビジネスマンを支援するため、ボランティアで世界各国でセミナーなどを開催している。

主な著書に『お金の教養』『お金の地図』(以上大和書房)のほか、『「仕組み」仕事術』(ディスカヴァー・トゥエンティワン)、『「仕組み」整理術』(ダイヤモンド社)、『「仕組み」思考術』(アスコム)、『「仕組み」節約術』(光文社)などがある。
マサチューセッツ工科大学スローン経営大学院 エグゼクティブコース修了。

にほんブログ村 本ブログへ
もっと、たくさんの人の書評を読みたいなら、
【書評blog】ランキングの1位〜10位の人気ブログはコチラ!

posted by yotu at 21:40 | Comment(0) | TrackBack(0) | お金持ち

2011年02月03日

新人OL、つぶれかけの会社をまかされる


飲食店で「売上倍増」を目指すために「マーケティング」を取り入れる!

そう、この本の物語の中で言われている「つぶれかけの会社」とは、商事会社が経営しているイタリアンレストランのことです。
1年間、赤字続きだったレストランに、マーケティングをやりたくて転職してきた新人OLが、マーケティングコンサルタント(著者の分身)のアドバイスを受けながら少しずつ気づいていきます。
「お客さんは、なぜ他店ではなく、当店にいらして頂けるのか?」
その理由を知り、その特徴に特化してお店づくりをしていくための手法がマーケティングです。

この本が凄いのは、その事をとても平易な物語(ライトノベルのような)で読ませておいて、かつ要所要所でまたとてもわかりやすい解説を加えてくれるので、ほんとに分かりやすいんですね!

ちなみに、レストランは一般的な会社組織の縮図と言えるので事例として取り上げられていますが、他のいろんな商売事業に応用できる内容です。開発部門(=厨房)、営業部門(=ホール)ということですね。

この本は「買い」です。そして、同著者の関連書も読みたくなりました!

内容紹介
入社したての女性社員が、 突然レストランの再建を命じられる──。 現場との対立、迫る期限……。 期限の2カ月で、本当に店を再建できるのか? モノを売るすべての人に必要な、 本当に使えるマーケティングの知識が ストーリーを読むだけで身につく、 新感覚ビジネス・ライトノベル。

出版社からのコメント
●著者からのコメント 本書は、物語をベースとした「超わかりやすいマーケティングの入門書」です。ロングセラー『ドリルを売るには穴を売れ!』の理論部分を大幅にバージョンアップしています。  本書は理論を最低限まで絞って専門用語を排し、物語を通じて各理論のつながりとその使い方がわかるようになっています。営業、販売企画、広告、販促、商品開発など、あなたがどんな会社活動をしているとしても、「売ること」に関して体系的な理解ができるはずです。  実際やっていると厳しい場面に直面することもありますが、マーケティングとは本来楽しいもの。楽しいマーケティングの本があっていいと思います。登場人物たちの織りなすマーケティングバトルをお楽しみください!

著者について
早稲田大学政治経済学部卒業、米ペンシルベニア大ウォートン校MBA(FT紙MBAランキング世界1位[2009年])。中小企業診断士。NTT、外資系メーカー、外資系エージェンシーで営業、ブランド責任者、営業のヘッド、コンサルティングチームのヘッドなどを歴任。高級化粧品メーカー、産業機械世界トップメーカーなどの一流企業のマーケティング戦略・戦術のコンサルティング実績を持つ。現在はストラテジー&タクティクス株式会社の代表取締役社長として、マーケティング戦略を中核にコンサルティングを行う。実戦的なコンサルティング、わかりやすい研修や講演には定評があり、ファンも多い。

にほんブログ村 本ブログへ
もっと、たくさんの人の書評を読みたいなら、
【書評blog】ランキングの1位〜10位の人気ブログはコチラ!

posted by yotu at 12:28 | Comment(0) | TrackBack(0) | マネジメント

2011年02月02日

涼宮ハルヒの消失

涼宮ハルヒの消失 通常版 [Blu-ray]涼宮ハルヒの消失 通常版 [Blu-ray]

角川映画 2010-12-18
売り上げランキング : 4020

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

最近のアニメ映画はすごいよな。クレヨンしんちゃんといい、この涼宮ハルヒといい。
ただドタバタのオタク受け作品かと思っていたら、とんでもなく感情を揺さぶられる結果となる。

「映画 クレヨンしんちゃん 嵐を呼ぶモーレツ!オトナ帝国の逆襲」だっけ、周りの大人達がみんな消えてしまって、自分たちだけが取り残されてしまう時の、しんちゃんの喪失感。子供向けアニメだと思って油断していると、あまりの描写力にあっという間に引きこまれて、思わず涙を流しそうになるあの感覚。

この「消失」でも、朝目が覚めて学校に向かうと、徐々に、徐々に、昨日までの世界とは違うという現実に気が付きパニクってしまう主人公。どこにも、誰も、昨日まで知っていたはずの親しい友人たちを知る者はなくて、親しかったはずの友人たちでさえ、自分のことを知らないという世界。自分に何が起きているのか?その手がかりもうまく掴めない状況で、独り、取り残されたように感じる。

この「喪失感」を前半でうまく描写している。引きこまれたー!
行動し続けるうちにやがてひとつのヒントを見つけ出す。そして偶然という助けも借りて、バラバラだったはずのピースを一つづつ繋ぎ合わせていく。

すっごく面白い映画作品だった!!びっくりした!感動したよ!

登録情報
出演: 平野綾, 杉田智和, 茅原実里, 後藤邑子, 小野大輔
監督: 石原立也
形式: Color, Dolby, Widescreen
画面サイズ: 1.78:1
ディスク枚数: 1
販売元: 角川映画
DVD発売日: 2010/12/18
時間: 164 分
ASIN: B0040GJTD4

にほんブログ村 本ブログへ
もっと、たくさんの人の書評を読みたいなら、
【書評blog】ランキングの1位〜10位の人気ブログはコチラ!

posted by yotu at 18:04 | Comment(0) | TrackBack(0) | ファンタジー

2011年02月01日

2011年日中開戦

2011年日中開戦 (SUN MAGAZINE MOOK)

兵頭 二十八 マガジン・マガジン 2008-04
売り上げランキング : 105313
by ヨメレバ

これは漫画のタイトルなんだけど、読み終えてどん引きしてしまった〜。
なんかすっごいリアルなんだもの。

真っ当に生活している日本人には理解し得ない中国という国の構造というのか?
法ではなくて、権力を持った「人」が収めている世界。
いつでもその「人」の一存によって、暴動も起きるし、ミサイルの発射ボタンも押されてしまう。

海域での漁船との衝突は常にゴネ得。
物言わぬ日本に対し、いくらでも事実を捏造しようとする。

北京や上海の日本人ビジネスマンも襲われ吊るされ奪われて殺される。
中国国内に修学旅行をしていた日本の学生は襲われ、奪われ、犯され、殺される。
漫画の中では、石垣島に設置された核爆弾が爆発し、
日本各地に3つの核ミサイルが打ち込まれる。

むしろこの物語は妄想に過ぎないと願わずにはいられないけれど、
だけど少し前に起きた事件を思うと、リアルな不安を感じずにもいられない。

出版社/著者からの内容紹介
2011年----
東シナ海で日本の巡視船が撃沈され石垣島では謎の核爆発が起こった。
さらに南西諸島には流民と廃液を満載した大船団が近づく......
国家未曾有の非常事態を前に日本は立ち上がる事が出来るのか......!?

都市と農村の悲惨過ぎる格差、チベット暴動を始めとする民族の内紛、
覇権主義と強権政治が蠢く中国共産党エリートたち。
北京五輪の後、世界の火薬庫`中国'がついに暴発する!!
シナの宿痾と日本の狂気、そして、間近に迫る「日中開戦」を描いた
兵頭二十八氏原作による衝撃の近未来コミック!

著者について
兵頭二十八(ひょうどう・にそはち)

1960年長野県生まれ。1982年~1984まで陸上自衛隊の任期制隊員。雑誌編集部、TV
番組制作会社勤務を経て、フリーに。これまでに単行本化されている原作劇画として
『ヘクトパスカルズ』(文藝春秋)他、『孫子』(PHP新書)、『日本の戦争Q&
A』(光人社)など著書多数。

にほんブログ村 本ブログへ
もっと、たくさんの人の書評を読みたいなら、
【書評blog】ランキングの1位〜10位の人気ブログはコチラ!

posted by yotu at 23:39 | Comment(0) | TrackBack(0) | SF
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。