2011年03月30日

社会保険労務士 資格ガイド

ここに来て、4月からの学習計画をきちんと見直して立て直しを図ろうと思い手に取った一冊。
実は、ちょろちょろと社労士の参考書を読んだことはあったんだけど、受験はまだしたことがない。だから本格的な勉強も今年が初めて。
試験が8月末なので、4月からの計画を立てるのに、この本は丁度良かった!

まず、試験そのものに対する概要を網羅しているのはこの手のガイド本ならどれも必須だ。
だが、ここまでしっかりと「学習法」について特集している本は、ガイド本では珍しい!
さらに、改めて学習範囲全体を通して科目の内容を紹介してくれているので、全体把握にももってこいだった。

総じて、ほんとに受験したい人が試験概要から学習法まで把握して、科目の内容にまで触れられるという良書でした。

ただ、本当はこの手の法律関係の本は最新の年度のものを読まないと改正で変わっていることが多いので不安なんだけど、まあ、図書館で見つけた本だからしょうがない!

内容紹介
最強の講師・秋保雅男が贈る最新ガイド。資格の概要、受験のノウハウから将来のキャリア設計までのノウハウを公開。社労士事務所の株式会社化や新試験制度などにも対応。

学習のコツから科目別の取り組み方、各科目の概要まで収録。ガイド本としてはこれだけで十分な情報量を実現。

社会保険労務士受験界のカリスマが資格の概要、受験のノウハウから将来のキャリア設計までを紹介。社労士事務所の株式会社化や新試験制度などにも対応。

著者略歴
秋保 雅男

社会保険労務士。(株)労務経理ゼミナール(RKZ)代表取締役、社労士受験講座講師、早稲田大学エクステンションセンター講師。最も信頼できる社労士講師として、TAC、LEC、産能大学、朝日カルチャーセンター、早稲田大学等の講師を歴任。社労士受験指導は25年を超え、合格者輩出数ダントツ日本一。現在も全科目を担当する現役講師であり、門下には一線で活躍する有名実務家も数多い

新井 美和
社会保険労務士。(株)労務経理ゼミナール(RKZ)取締役、社労士受験講座講師、早稲田大学エクステンションセンター講師。立教大学法学部卒業後、能産大学情報管理部を経て、現職。社労士実務家、講師、著作業などで活躍している

にほんブログ村 本ブログへ
もっと、たくさんの人の書評を読みたいなら、
【書評blog】ランキングの1位〜10位の人気ブログはコチラ!

posted by yotu at 23:52 | Comment(0) | TrackBack(0) | 士業

2011年03月27日

7SEEDS 19 (フラワーコミックスアルファ)

すっかりとハマってしまった!
毎日コツコツと読み続けて、途中で読み辞めるのが辛いほど。
さらに訓練された夏Aチームの生い立ちの場面では、大泣きしてしまった。

というわけで、初めは少女漫画だと馬鹿にしていたこの作品は、私の大好物な「地球滅亡後のサバイバル」系漫画だ!
最近特によく見つけるようになったのがこういうサバイバル系物語だよね。
学校が閉鎖空間となって命がけで脱出を図る物語。
故意か偶然かに寄って離島に辿り着き、通常じゃ考えられないような生態系の中で命がけで生き残りをかける物語。
地球滅亡後の世界で暮らしているうちに、世界の本当の姿を探求する物語。
とにかくこのような絶体絶命の環境の中でのサバイバル=生き残りをかける作品が好きなもので、漫画であれ小説であれよく見つけるようになりました。

この7SEEDSが異色なのは、まずは少女漫画系であること。そして、はじめから政府によって予測された文明の滅亡に合わせて、主人公達は冷凍睡眠カプセルに入れられて、滅亡後の日本で新しい人類の種子として送り込まれるということ。
送り込まれる主人公は、春・夏×2・秋・冬にちなんだ5チームで、各チーム7人いる。
各チームのメンバーは基本的に遺伝的・人間的に優秀で、親類に犯罪者も病気も短命者も居ない者から選ばれた。
夏のAチームだけが事前にサバイバル訓練をつまされた優秀なチームで、夏のBは全く優秀とは言えない、文明社会におけるダメ人間を集めた。場合によっては図太く生き残るのが優秀な人間とは限らないからだね。

これらの各チームが冷凍睡眠から目覚めて、各地眠らされていた環境でサバイバルを初めていくところからこの作品がスタートするので、オープニングの部分だけでも数巻に渡っている、本当に壮大な物語なんだ。

そして、一つ一つの物語が読み飽きさせない!
まあ、全チームが同時に目覚めるわけじゃなくて、結構タイムラグがあったりするから、途中でキャラクターたちが成長して顔が変わったりするので、あれ?この人誰だっけ?みたいに迷子になることもあったんだけど、そういう風に入り組んだ時間の絡ませ方も物語の奥行きを深くしていると思う。

さあ、各チームが次々と出会うようになって、また新しい人間関係を構築していこうとする中で、滅んだはずの文明が残した戦争兵器が登場したことでどのように展開していくのか?
本当にこの先の展開が楽しみな作品です!

内容説明
密室の巨船で今、“人間"が試される!

武器シェルターでもある巨大な船内。散り散りになってしまった仲間達が次に遭遇したのは、謎のカウントダウン装置とミサイルのような物体、そして奇妙なバクテリア。不安と恐怖、仲間同士の疑心暗鬼が容赦なく彼らの理性を蝕んでいく…。特に、エリート集団・夏のAチームのリーダーである安居を襲うのは、かつて7シーズプロジェクトの“テスト"で命を落とした茂の幻影だった。
贖罪、悔恨、希望、絶望、勇気、そして…。いくつもの想いが、彼ら“生き残り"たちを試そうとしている! はたして“出口"は…どこだ。

7SEEDS 1  フラワーコミックス7SEEDS 1 フラワーコミックス
田村 由美

7SEEDS 2 (フラワーコミックスアルファ) 7SEEDS 3 (フラワーコミックスアルファ) 7SEEDS 4 (フラワーコミックスアルファ) 7SEEDS 5 (フラワーコミックスアルファ) 7SEEDS 6 (フラワーコミックスアルファ)

by G-Tools

にほんブログ村 本ブログへ
もっと、たくさんの人の書評を読みたいなら、
【書評blog】ランキングの1位〜10位の人気ブログはコチラ!

posted by yotu at 23:08 | Comment(0) | TrackBack(0) | SF

2011年03月25日

1億売るオンナの8つの習慣

例によって“営業”が強いリクルート社で好成績を上げて独立したというタイプの人の「習慣」を紹介した本。
売れる人と売れない人との「習慣」の違いとは?と思って読み始めてみたんだけど、半分は、当たり前のことをきちんとやって行くといった感じで、もう半分は、大まかに男性営業マンと女性営業マンとで比べてみて、女性らしい気をつけ方をしている部分があるというもので、そこがとても新鮮で面白かった!

例えば一番初めに出てくる「爪先」指先を美しくしておくという意識。
なるほど、先端に意識があって手入れをしている人というのは、よく気がつく人だと言われているよね。
靴をきれいにしておくというのもこの意識の一端だろう。

あとは、「おでこを出す」という身だしなみが相手に与える印象だとか、男性の営業法ではあまり取り上げられなさそうな身だしなみへの提言がとても興味深かった。

と言いつつ、普段、深爪気味に切っている爪を伸ばして綺麗に整えてみたら、ついつい引っ掻き過ぎて体が傷だらけに…。
アトピー肌の自分にはやはり深爪気味なのが合っているようです。w

内容紹介
企業研修やセミナーを通じてのべ3万人の女性をサポ ートしてきた営業コンサルタントが、「普通の人でも結果が出せるコツ」をいっきにまとめて教えます。「おでこを出そう」「客先への訪問は時間より回数を優先する」「メールは追伸の3行で心をつかむ」など、すぐにマネ できるノウハウを取り揃えました。2時間で読めて、 即効で営業に役立つ本です!

リクルート在籍5年間で「MVP」を3度受賞。3万人の女性営業を支援し成功事例を研究し続けてきたコンサルタントが教える「普通の人でも結果が出せるコツ」。

トップセールスウーマンに共通する「スキル」と、その「身につけ方」を教える一冊です! ◎研修やセミナーを通じて、のべ3万人以上の女性営業と接してきた著者が、年間売上1億円以上の“トップセールスウーマン”に共通する「スキル」を徹底研究。その結果、彼女たちがなにげなく実践している行動・思考・習慣に、一定の法則があることを発見しました! ◎今どきのトップセールスは、いわゆるガツガツ系ではなく、マメで人なつっこい、愛されキャラが多数を占める。周りと戦わず、女性としての強みを活かしてコツコツと信頼を積み上げていく、自然体の営業のほうが、顧客から受け入れられ、実績を上げています。 ◎そこで本書は、そうしたトップセールスウーマンが実践する「ほんの少しの工夫」を紹介。初対面から関係を徐々に深め、クロージング、成約、生涯顧客づくりにつなげていくプロセス別に章を構成し、それぞれの場面で必要とされるスキルを解説しています!

著者略歴
太田 彩子

1975年神奈川県生まれ。98年早稲田大学法学部卒業。99年リクルートに入社。以来、企業営業として活躍し、最優秀営業賞である「MVP」を3度受賞。05年に同社を退社。翌06年に株式会社ベレフェクトを設立する。現在は営業コンサルタントとして、女性の育成や活用に特化。女性営業応援サイト「営業部女子課」を運営し、情報交換会も定期的に開催している。その一方で、一児の母親として、仕事とプライベートの両立にも力を注いでいる

にほんブログ村 本ブログへ
もっと、たくさんの人の書評を読みたいなら、
【書評blog】ランキングの1位〜10位の人気ブログはコチラ!

posted by yotu at 23:06 | Comment(0) | TrackBack(0) | 生き方暮らし方

2011年03月21日

希望を捨てる勇気―停滞と成長の経済学

要は、懐古趣味的に日本の伝統的慣習という言葉を用いて古く機能しなくなった制度を賛美するのではなく、きちんと現実を見据えて、これからに必要な次世代の制度を見極めて行こうよ!という本かな。

第1章 格差の正体
第2章 ノンワーキング・リッチ
第3章 終身雇用の神話
第4章 長期停滞への道
第5章 失われた20年
第6章 景気対策の限界
第7章 日本株式会社の終焉
第8章 「ものづくり立国」の神話
第9章 イノベーションと成長戦略

中盤の内容について地盤となる知識不足で難しかったんだけど、前半と後半はよく話題にのぼる「格差」とか雇用労働の話なのでとてもわかりやすい。

今は何を考えていかなくちゃならないのか?これからのこの社会を見据えていくのには大切な一冊となると思いました。


内容紹介
本書は、気鋭の論客が語る日本経済「再起動」のための処方箋です。著者独自の鋭い語り口で、日本経済の現状を分析して、どうしたら展望が開けるかを解説します。小泉改革は本当に悪かったのか? 派遣労働は禁止すべきなのか? といった話題なども取り上げつつ「常識のウソ」を正します。「失われた20年」はなぜ生じたのか? この閉塞感は、いったいどこからきているのか? がわかる一冊です。

著者について
池田 信夫(いけだ・のぶお)

1953年京都府生まれ。東京大学経済学部を卒業後、NHK入社。1993年に退職後、国際大学GLOCOM 教授、経済産業研究所上席研究員などを経て、現在は上武大学大学院経営管理研究科教授。学術博士(慶應義塾大学)。著書に『なぜ世界は不況に陥ったのか (池尾和人氏との共著。日経BP社)』『ハイエク 知識社会の自由主義』(PHP新書)、『情報技術と組織のアーキテクチャ 』(NTT出版)、『電波利権』(新潮新書)、『ウェブは資本主義を超える 』(日経BP社)など。自身のブログは「池田信夫blog」。

にほんブログ村 本ブログへ
もっと、たくさんの人の書評を読みたいなら、
【書評blog】ランキングの1位〜10位の人気ブログはコチラ!

posted by yotu at 17:16 | Comment(0) | TrackBack(0) | 生き方暮らし方

2011年03月14日

君に届け

君に届け プレミアム・エディション (初回生産限定) [DVD]君に届け プレミアム・エディション (初回生産限定) [DVD]

バップ 2011-03-11
売り上げランキング : 21

Amazonで詳しく見る
by G-Tools
映画「君に届け」は、、、、感動した!とは正直言えないが、
よく頑張った!健闘した!とは言っておこう!

やっぱりコミックやアニメを知っていると、どうしても比べちゃうんだよね。
あれだけの長さの物語を2時間に集約したんだから凄いよ。
だから原作を知っていると、ダイジェスト版みたいに見えてしまうのも愛嬌。

要所要所はきちんと押さえられていて、特に中盤の悪い噂を否定するために
トイレで戦うところ、その後なんでトイレから屋上に移動したのかわからないがw
ちゃんと泣かせてくれる演出をしてくれた!

問題なのは、主人公ふたりの演技の演出。
まず主人公の黒沼爽子、多部ちゃんの演技は暗すぎた!
本当はもっとエネルギーを内に秘めている少女、という風に演じて欲しかった。
あれじゃあ、ほんとにただの弱く暗い女の子。

次に風早翔太こと三浦春馬!お前は笑いすぎだ!ヨン様かっ!
爽やかな笑顔の風早くんという意図なんだろうけど、どこでもかしこでも白い歯を見せ過ぎw
そして悪い噂のシーンでは笑うところではないんじゃないか?

ついでに野球部の奴!(名前忘れた)見た目にはキャラがあってるんだけど、
しゃべりがおかしい!もっと修行すべし!

終盤になるとやっと演技もこなれてきたような感じがしたけど、
ちょっと主人公のキャラクター演出が甘かったかな。
そして、最後はまどろっこしいやりとり抜きで告白したのはいいけど、
多部ちゃんにはもっとトキメイて欲しかった〜。

と、結局辛口になってしまったけど、観られて良かった〜
ニヤリとしたり、ほっとして見られる映画でした!

★STORY★
クラスの中で浮いた存在だった少女が、ひとりの男の子との出会いで勇気をもらい、友達をつくり、恋をしていくというストーリーが展開していきます。
メガホンを取るのは熊澤尚人監督。
根津理香とともに脚本も担当し、原作での名シーンや名セリフも盛りこみながら、誰もが共感できるストーリーをまとめあげました。
黒沼爽子役を演じるのは、多部未華子。
また、男女問わない人気者として作中だけでなく、現実世界でも「恋人にしたい漫画のキャラクター」に挙げられる風早翔太には三浦春馬が。
揺るぎない透明感を持つ2人が、『君に届け』の世界観をそのままスクリーンに再現します。
自分の中に芽生えた想いを相手に届ける―。
とても単純な、人と人との繋がりの原点がこの映画では描かれています。
きっと、観終わったあと、いちばん大切な人に想いを届けたくなるはずです。

★CAST★
多部未華子  三浦春馬
蓮佛美沙子  桐谷美玲  夏菜  青山ハル 金井勇太
富田靖子(特別出演) ARATA  勝村政信

★STAFF★
監督:熊澤尚人
原作:椎名軽穂(集英社/別冊マーガレット連載)
脚本:根津理香・熊澤尚人
音楽:安川午朗
主題歌:「君に届け」flumpool(A-Sketch)
企画製作:日本テレビ放送網

にほんブログ村 本ブログへ
もっと、たくさんの人の書評を読みたいなら、
【書評blog】ランキングの1位〜10位の人気ブログはコチラ!

posted by yotu at 20:55 | Comment(0) | TrackBack(0) | ファンタジー

2011年03月13日

真月譚月姫

くっそ〜!面白いじゃないか!
感動して泣きそうになったじゃないか〜!
主人公は物体や生物の弱点(ひび割れ?)を直接見ることができる目を持つようになってしまった体の弱い青年。ヒロインは吸血鬼の始祖の姫。この二人が出会って世間を騒がせる吸血殺人事件を追う!

ということで始まった物語なんだけど、序盤から結構容赦なく大量殺人が始まったり、主人公や周辺キャラクターたちの背負っているものが見えたりと、どんどんと物語りに引き込まれた!

これ、元はゲームが原作で、アニメ化?もされているらしんだけど、知らなかった!このコミックだけで十分、オカルト要素あり、ラブストーリーも秀逸で、今まで気づかなかったのがもったいない位の素敵な作品でした。

真月譚月姫 1 (電撃コミックス)真月譚月姫 1 (電撃コミックス)
佐々木少年 TYPE-MOON

真月譚月姫 2 (電撃コミックス) 真月譚月姫 3 (電撃コミックス) 真月譚月姫 4 (電撃コミックス) 真月譚月姫 5 (電撃コミックス) 真月譚月姫 6 (電撃コミックス)

by G-Tools

にほんブログ村 本ブログへ
もっと、たくさんの人の書評を読みたいなら、
【書評blog】ランキングの1位〜10位の人気ブログはコチラ!

posted by yotu at 15:47 | Comment(0) | TrackBack(0) | ファンタジー

2011年03月11日

売れる会社のすごい仕組み~明日から使えるマーケティング戦略

この本はじつは先日に読んだ「新人OL、つぶれかけの会社をまかされる」という本の続きとなる小説じたてで、商事会社が経営するイタリアンレストランの経営を任されることになった若手OLが、いとこのコンサルタントからマーケティング戦略の方法を習いながら、ホール責任者の望ちゃんと、キッチン責任者の清川さんと一緒にぶつかったり悩みながらも社長として「経営」していくというのはどういう事なのかを身に付けていく、とても読みやすいのに、なんだか凄い知識を身に付けることが出来ちゃうという、スゴ本でした!!

だから、その内容が分かりにくいこの本の表紙とタイトルがもったいない!
そして、飲食店をやってる友人に是非とも読ませたい!!

内容紹介
とあるイタリアンレストラン。突然社長を任された若手女性社員が、すご腕マーケティングコンサルタントに『どんな業界でも役立つすごい売り方』を学び、ライバル店に立ち向かう物語。ストーリー+解説で、マーケティング戦略が丸ごと頭に入り、すぐに実践できます!

著者略歴
佐藤 義典

早稲田大学政治経済学部卒業、米ペンシルベニア大ウォートン校MBA(FT紙MBAランキング世界1位)。中小企業診断。NTT、外資系メーカー、外資系エージェンシーで営業、ブランド責任者、営業のヘッド、コンサルティングチームのヘッドなどを歴任。現在はコンサルティング会社ストラテジー&タクティクスの代表取締役社長として、マーケティング戦略を中核にコンサルティングを行う

にほんブログ村 本ブログへ
もっと、たくさんの人の書評を読みたいなら、
【書評blog】ランキングの1位〜10位の人気ブログはコチラ!

posted by yotu at 19:36 | Comment(0) | TrackBack(0) | マネジメント

2011年03月06日

住宅革命

どんな革命の話かと思ったら、私が建築学生だった十数年前に色んな建築家が提唱していた、住宅メーカー業界に対する問題提起とほぼおんなじ内容で様々な問題点を指摘している。
コレを読んで、なんだ、10年経っても大して変わっていないんだなってことにがっくり来た。

あと、概ねいい事を言っているんだけど、ところどころ辻褄が合わない意見もある。
街並みがバラバラであることを指摘しながら、それぞれの施主に応じた100通りの家にしてみたり。
建築家が全てオリジナルで作るというのは嘘で、カタログからパーツを選んで組み合わせている人のほうが多い。
1000万円未満(555万円?)の家を建てようとする人が35年ローンで考えるとするのも無理があるし。
こういう問題提起の段階で無理な矛盾を入れてしまうと、説得力が下がるので勿体無い。

勿体無いというのは、本の後半、カーサプロジェクトというものを立ち上げて、かなりの高性能な規格化した住宅を、全国各地の工務店の手によって普及できるように工夫して広めていること、コレは素晴らしいことだと思う!
これって何度となく地域のリーダー的なハウスメーカーや建築家が取り組んで、一時的な話題で消えていってしまう事が多かった。
それがこの著者の会社では、150棟以上もの実績が全国各地にあるということで、住宅としての商品そのもののシンプルさと性能の良さがあるのではないかと思った。

私も、タマホームのチラシを見ながら、500〜700万円の家に、内窓と床暖房を追加する程度の工夫で十分に良い暮らしができるよなあと思っていたけど、3層ガラスや外側ブラインドなど、まだまだ工夫の余地があることを知った。

あと願わくは、オール電化の理念は善いものの、IHコンロの電磁波問題が解決しない限りは賛同しきれない。そこが解決するまではまだガスに軍配が上がってしまうんだよなあ。

カーサプロジェクト casa project
http://www.casa-p.com/

カーサソーレ casa sole 太陽と共に暮らす家
http://www.casasole.jp/

内容紹介
目からウロコ! まったく新しい「家づくり」! なんと家を買った人の9割が後悔している! 真の住宅革命を提唱する若手旗手がハウスメーカー、ローコスト住宅の原価とからくりを明かし、あなたにピッタリの「理想の家づくり」のノウハウをプレゼント。

なぜ、日本の住宅は世界でもっとも高いのか?なぜ、日本の住宅は世界でもっとも寿命が短いのか?今まで明かされなかった住宅業界の真実を解き明かす。

著者略歴
眞木 健一

カーサプロジェクト代表取締役・マキハウス代表取締役。1967年、福岡市出身。アメリカ留学後、都内で不動産業に従事したのち、世界中をまわり、住宅建築、デザインを学ぶ。マキハウス社長に就任後は「遺す家、遺る家」の経営理念のもと、工務店では異例のショールームのみでの注文住宅を展開。2010年、「日本の家づくりを変える」をテーマにカーサプロジェクトを設立。また、「窓のない家」で評判になったcasa cube、「エネルギーを使わず生み出す次世代型住宅」casa soleの商品住宅開発を手がけるなど、その活動は“住宅業界の革命児”として常に注目を集める

にほんブログ村 本ブログへ
もっと、たくさんの人の書評を読みたいなら、
【書評blog】ランキングの1位〜10位の人気ブログはコチラ!

posted by yotu at 13:57 | Comment(0) | TrackBack(0) | 建築

2011年03月04日

君はこのままでは終わらない

「夢を実現する人としない人の差は、1センチしかない。」
著者の中谷彰宏さんといえば「20代の時に〜」という本を20代の時に見つけて読んで以来、ファンに成った人だ!思えばここからが自己啓発書やビジネス書を好んで読むようになった原点かもしれないとふと思い出した。

この本のように、何項目もの格言とその解説が並んでいるのが著者の特徴なので、全ての格言が自分にとって有効というわけではない。だから、自分にとって有効な格言を見つけ出すのが楽しい!

「君の未来は、君の子供時代にある。」
私も以前に自分の進路に迷ったとき、そういえば自分が子供の頃って何が好きで?何者になりたかったんだっけ?と思い出そうとしたことがある。

「悪口を言うと、協力者が居なくなる。」
陰口が好きな人達って自然に集まってるし、そういう人達同士が互いに陰口を言い合ってる、地獄絵図が生まれている。だから私はもう、そういう人たちには近づかない。

「成功への最短コースは、中途半端のままのことを、やり遂げることだ。」
やりかけの勉強は、ちゃんと最後までやり遂げてみようと思う。

「信じることを、手段にしない。信じることは、それだけで楽しい。」
信じればうまくいくのか?なんて発想するのは辞めよう。信じたから何かをしてもらうというのでは、信じたことにならないからだ。コレは解説を読むと、凄く深くて、面白いぞ!

「つらいことを、『記念Tシャツ』にしよう。」
私も、辛い時に辛い気分に浸り続けたいという人が嫌いだ。

「誤解されるのは、成功者の共通点。」
誤解されることを恐れずに生きよう!

「負けた時に言い訳しない人が、強くなる。」
言い訳する人ばかりでうんざりしていた。

「『疲れる』のは、エネルギーがないからではない。エネルギーを出し切っていないからだ。」
思いっきり動いて、思いっきり爆睡した時の方がスッキリするのは、こういう理由だったのかもしれないと気づいた!

「『もし』をなくすことで、夢は実現する。」
もしもあの時ああだったら?は永遠に来ないということを肝に銘じよう!

「成功している人には、『謎の空白時代』がある。」
私にとっては今までの数年間が「謎の空白時代」で、これからか表に出ていくぞ!

「淡々と、危機意識を持つ。」
油断もせずに、パニックに陥らない、その秘訣が淡々とこなしていくこと。

「勉強と遊びを区別するから、勉強ギライになる。仕事と遊びを区別するから、仕事嫌いになる。」
テレビゲームだってそうだ、次の面に進みたいから、クリアしたいから、コンティニュー!コンティニュー!でドンドンと練習を繰り返して強くなろうと努力する。同じことを勉強や仕事に取り入れる!

「成功する人には、趣味と実用の境目がない。」
公私混同どころか、公私一体化させている奴が強い!

「人生は、意外に○○だ。」
この“意外に”という言葉をつけて話すと、パワーのある言葉が出てくる!

内容紹介
夢を持ってそれに近づこうとしている人は、途中にある失敗や挫折を楽しむことができる。成功とは、目標が到達した「結果」ではなく、毎日が楽しくてヤル気が出ている状態のことだ。夢へのプロセスを楽しむための具体例を紹介。

著者略歴
中谷 彰宏

1959年4月14日、大阪府堺市生まれ。早稲田大学第一文学部演劇科卒。博報堂で8年間CMプランナーの後、株式会社中谷彰宏事務所設立

にほんブログ村 本ブログへ
もっと、たくさんの人の書評を読みたいなら、
【書評blog】ランキングの1位〜10位の人気ブログはコチラ!

posted by yotu at 16:40 | Comment(0) | TrackBack(0) | 生き方暮らし方