2014年06月22日

週末は田舎暮らし---ゼロからはじめた「二地域居住」奮闘記

東京で暮らして仕事をしながら、週末の二日間だけ千葉の南房総に購入した古い家で暮らす。
プチ田舎暮らしな著者の暮らしなんだけど、片道1時間半で移動できるなら、ウチの田舎よりも近くていいなと思った。
ほんと、雑草の草刈りは大変!
色んな喜びを見つけ、色んな困難に気づき、でも8700坪という広大な土地に暮らすというのはなんか憧れるなあ〜!
とても読みやすい文体でグイグイ楽しめました。

内容紹介
山崎亮氏推薦!「すごくアナログだけど、とても未来的な生活だ。」

「平日は都会で働き、週末は田舎で過ごす」という暮らし方。
「土地探し」から「地域との関わり方」「家庭菜園」まで、
等身大のデュアルライフ入門

東京生まれ、東京育ち、ごく普通の共働き家族が、
都会での子育てに疑問を感じてたどり着いたのは、
週末だけ過ごすための、南房総8700坪の農地だった。

移住ではない、都会と里山の往復生活を通して、
「田舎素人」の一家が手さぐり 、体当たりで見つけた、
これからの豊かで新しい暮らし方とは?

増え続ける田舎暮らしや二地域居住希望者のための、
知識ゼロからの里山暮らし入門

近年、ライフスタイルの多様化に応じて、
田舎暮らし、二地域居住(デュアルライフ)のニーズが高まってきています。

これまで田舎暮らしは、定年後の暮らし方として、
あるいはUターン、Iターンによってはじめて実現できるスタイルとされてきましたが、
その常識がいま、少しずつ崩れはじめています。

会社勤めのサラリーマンでも、
「平日は都会で働き、週末は田舎で過ごす」という二地域居住が
十分可能になっているのです。

本書は、ごく普通の東京在住の家族が、
「自然の中で子育てをしたい」という思いから南房総に土地を見つけ、
平日都会、週末里山の往復生活を繰り返しながら、
豊かな暮らしとは何かを見出し、NPO法人をつくって発信していくまでの奮闘記です。

東京生まれ、会社勤め、共働き、子供3人。
およそフットワークが軽いとはいえない夫婦が、子供を引き連れ、
ゼロからはじめた新しいライフスタイル。

本書は、二地域居住の入門書でありながら、
都市生活と里山暮らしの違いとは?
人が幸せを感じる暮らし方とは?
地域とどのように関わりながら生きるのか?
自然の中での子育てにはどういう意味があるのか?
などについて、多くの示唆を与える内容になっています。

どちらか一つではない、
都会と田舎のあいだに生きるすべての人に贈る1冊。

ユニークな不動産を多数紹介する人気不動産サイト、
東京R不動産の 「リアル二地域居住情報」も掲載。

■目次より

第1章 田舎がない。田舎がほしい
第2章 理想の土地を探して
第3章 運命の土地との出会い
第4章 週末は農家暮らし
第5章 南房総-東京往復生活
第6章 迷ったり、変わったり、確かめたり
第7章 里山生活を内側から発信する
第8章 二つの地域に住むということ

著者について
馬場未織(ばば・みおり)

1973年東京都生まれ。1996年日本女子大学卒業、1998年同大学大学院修了後、建築設計事務 所勤務を経て建築ライターへ。プライベートでは2007年より家族5人とネコ2匹、その他その時に飼う生きものを連れて「平 日は東京で暮らし、週末は千葉県南房総市の里山で暮らす」という二地域居住を実践。東京と南房総を通算約200往復する 暮らしの中で、里山での子育てや里山環境の保全・活用、都市農村交流などを考えるようになり、2011年に農家や建築家、 教育関係者、造園家、ウェブデザイナー、市役所公務員らと共に任意団体「南房総リパブリック」を設立し、2012年に法人 化。現在はNPO法人南房総リパブリック理事長を務める。メンバーと共に、親と子が一緒になって里山で自然体験学習をす る「里山学校」、東京に野菜の美味しさを届ける「洗足カフェ」(目黒区)、里山環境でヒト・コト・モノをつなげる拠点 「三芳つくるハウス」の運営などを手掛ける。

にほんブログ村 本ブログへ
もっと、たくさんの人の書評を読みたいなら、
【書評blog】ランキングの1位〜10位の人気ブログはコチラ!

posted by yotu at 13:33 | Comment(0) | TrackBack(0) | 生き方暮らし方

2014年06月19日

人とお金

斎藤一人さんがお金と経済について語るのは珍しいと思うけど、お金に対する時の心構えをたくさん教えてくれている。
そして「いい人」こそがちゃんとお金を稼ごうと、商売の心構えも。
「いい人」はナメられたらいけない。強くならなきゃならない!
優しくするのとナメられるのは違うことで、「善に強くは、悪にも強くなくてはいけない」

斎藤一人さんの教えには、愛もあるし強さもあるんだということに気づきました。
今回もこの本を読んでツイてる!!

内容紹介
生きていれば誰もが悩む「人間関係」と「お金」の問題。
「とくに“いい人"は知らなさすぎるんだよ」と一人さんはいいます。
では、そのような悩みを、どうやって解決すればいいのでしょうか?
本書は、そんな2つのテーマに絞って書かれた、一人さんとしてもめずらしい作品です。
来年こそは諸所の問題を解決して気持ち新たに出発したい、と思う人にはぴったりの1冊です。

“世の中には、「いい人」と呼ばれる人がいます。
やさしくて、どんな人にも親切で、困った人を見ると放っておけない人。
愛のある、すばらしい人です。
ところが、こういう人たちが、すべて成功しているかというと、残念なことに違うのです。
これには、神さまからのメッセージがあります。
それは、「いい人の部分は大切にしながら、さらに学ばなければいけないことがあるよ」ということです。
では、さらに学ばなければいけないこととは、何でしょうか?
それは「お金」と「人間関係」についてです。"(「はじめに」より)

著者について
斎藤一人(さいとう・ひとり)

銀座まるかん創設者、納税額日本一の実業家。1993年から納税額12年間連続ベスト10という日本新記録を打ち立てる。土地売却や株式公開などによる高額納税者が多い中、納税額はすべて事業所得によるものという異色の存在として注目されている。また、心の楽しさと経済的な豊かさを両立させるための著書を何冊も刊行している。主な著書に『微差力』『眼力』『変な人の書いた世の中のしくみ』(小社刊)、『絶好調』『幸せの道』『地球が天国になる話』(KKロングセラーズ)、『変な人の書いた成功法則』(総合法令出版)、『千年たってもいい話』(マキノ出版)などがある。

にほんブログ村 本ブログへ
もっと、たくさんの人の書評を読みたいなら、
【書評blog】ランキングの1位〜10位の人気ブログはコチラ!

posted by yotu at 22:55 | Comment(0) | TrackBack(0) | 生き方暮らし方

2014年06月17日

電気代500円。贅沢な毎日

電気の契約が10Aで基本料が273円程度で使用料が250円程度。だから電気代500円。
テレビは押し入れにしまっておいて、旦那さんが見るときだけ出して使う。
洗濯機はなく、大きなタライがあって必要なら洗濯板を使う。
日本家屋に住んでいるので掃除はほうきと雑巾で。
冷蔵庫を持たないで保存食を作る。
烏骨鶏やウズラを飼って新鮮な卵を食べる。
お風呂を沸かすのはプロパンガスで、夏は月3000円、冬4000円
携帯電話も持たずに黒電話を置いている。
パソコンもネットも使うけど、情報は新聞とラジオから。

こういうライフスタイルもシンプルで面白いなあ!
私ももっと削ってシンプルに暮らしたい!

内容紹介
東京に暮らす普通の主婦が実践する、古くて新しい、身の丈生活。

一家4人で1カ月の電気代が500円という究極の節電ぶり。
それは「太りすぎた生活」から「究極のシンプル」を目指してのことでした。
冷蔵庫も洗濯機もエアコンも掃除機もない暮らしから、本当の豊かさを感じてみませんか?

日本版ベニシアさんの生活哲学がこの1冊にまとまりました。
単なる"節約"にとどまらないアズマカナコさんの暮らしぶりは、多くの反響を呼んでいます。
便利が行きすぎて不便になる経験をした私たちが求める本当の豊かさのかたちを、
アズマさんの生活から感じ取ってみませんか。

著者について
アズマカナコ

1979年東京都生まれ。東京農業大学卒業。
現在、東京郊外の住宅地で築60年の日本家屋に暮らしながら、
車、エアコン、冷蔵庫、携帯電話などのない生活をしている。
4人家族でひと月の電気代は500円程度。
東京の一般的なサラリーマンの家庭でも、
これだけ自然で環境に優しい暮らしができるというライフスタイルを提案している。
また、2人の子どもを助産院と自宅で出産。
布オムツのみで育てて、2人とも1歳半ばでオムツを卒業させた。
著書に『布おむつで育ててみよう』(文芸社)、『捨てない贅沢』『台所コスメ』(けやき出版)、
『かんたん手づくりマスク』 (小学館) 、『節電母さん』(集英社)などがある。

にほんブログ村 本ブログへ
もっと、たくさんの人の書評を読みたいなら、
【書評blog】ランキングの1位〜10位の人気ブログはコチラ!

posted by yotu at 22:54 | Comment(0) | TrackBack(0) | 生き方暮らし方
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。