2009年06月10日

カッコ悪く起業した人が成功する

破産から再起した社長が教える「やってはいけないこと」
Kobunsha Paperbacks Business 005
著者/訳者名 鈴木健介/著
出版社名 光文社 (ISBN:978-4-334-93412-5)
発行年月 2007年05月
サイズ 261P 19cm
価格 1,000円(税込)

輸入販売の会社を十数年経営した著者が、その会社を破産させて、その後の再起を果たしたことによって、

起業家、経営者がやってはいけないこと、やるべきことを自身の体験からまとめた一冊。

とはいえ、やってみなくちゃ分からない!、わかっちゃいるけどやめられない!、というのが人間のサガ。

経営者は、10年目の危機を乗り越えるときに、この本を片手に「決断」をするのかしないのかの決断をする一助にして欲しい。

愚者は成功に学んで失敗し、
賢者は失敗に学び成功する、でしたっけ?

目次
1 計画する
2 スタートラインに立つ
3 立ち上げる
4 営業する
5 宣伝・情報収集・分析
6 拡大する
7 停滞させないために
8 危機のサインと対応

本の内容
破産から再起した社長が教える「やってはいけないこと」

著者情報
鈴木 健介(スズキ ケンスケ)

レコードのディレクター、プロデューサーを歴任することによって「虚」を「実」に変えるテクニックを学ぶ。フリーのプロデューサーとして独立したあと、東宝の系列会社の総支配人として舞台のプロデュースも手がける。次いでアメリカの大手保険会社の日本進出にともない参画。1985年、脱サラして貿易会社を起業。ロイヤルダッチやクレージュなど7社の総代理店となる。インターネットが一般化された直後の1995年頃から時事問題をテーマにしたネットマガジンを発刊。当時の検索エンジン「ライコス」などは時事関係のお勧めページとして、新聞社や通信社に先んじて紹介し続けた。2001年11月、倒産・破産。翌2002年2月、破産停止。身分回復と同時にアウトソーシング会社を起業。現在は実務指導を中心にしたコンサルタント会社の代表。全国の商工会議所など商工団体の活性化セミナーや創業塾で講師を務める

にほんブログ村 本ブログへ
もっと、たくさんの人の書評を読みたいなら、
【書評blog】ランキングの1位〜10位の人気ブログはコチラ!

posted by yotu at 12:19 | Comment(0) | TrackBack(1) | 起業
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

一人起業成功術。
Excerpt:    ◆初めて読む人は最初から読んでください。前の頁は「起業・副業情報」の書庫に入ってます。  {{{:   ●準村民(会で働きたい人、起業したい人)−−−資金0円、少ない人のお金儲け。  ..
Weblog: 億万長者の村
Tracked: 2009-06-11 13:21