2003年08月20日

ZOO

dfc2d0a8.jpg乙一著、集英社、1500円

久しぶりに読み応えのある本を読みました。
各誌の書評では、まるで捉えどころのないオムニバス小説とあるけれど、この本のジャンルはミステリーらしい。しかし、まるで「世にも奇妙な物語」のような(というか、脚本にそのまま使われたりして)感じだと思う。
この作者、実はホラー作家。そして、各話に共通して根底にあるのは「死」。それは事故死だったり、殺人だったり、自殺だったり、理不尽だったり、まあ色々なんだけど、「ホラーミステリー」だと思って読むとより楽しめるんじゃないかな。
けれど、書評の通り、これほどの色々な物語を作れるのって、しかも俺よりも二つ歳下の人間だと言うのにはびっくりだよ。

にほんブログ村 本ブログへ
もっと、たくさんの人の書評を読みたいなら、
【書評blog】ランキングの1位〜10位の人気ブログはコチラ!

posted by yotu at 00:00 | Comment(1) | TrackBack(1) | ホラー
この記事へのコメント
こんばんは。
トラックバックさせていただきました。

トラックバックいただけたらうれしいです。
お気軽にどうぞ。
Posted by 藍色 at 2009年03月11日 03:24
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/13936556

この記事へのトラックバック

ZOO 乙一
Excerpt: 毎日届く恋人の腐乱死体の写真。彼女を殺したのは誰か? 「犯人探し」に奔走する男を描く表題作他、書き下ろし新作を含む10編収録。 ど...
Weblog: 粋な提案
Tracked: 2009-03-11 03:15