2013年04月20日

あるゾンビ少女の災難

ほんとにもっとライトノベルのような、
萌とコメディな内容なのかと思っていたら、
ガンガン人を殺していくガッツりとしたバイオレンスな内容で、ちょっと引きました。。。
けれど、読ませる文体なんだよねえ!
続きとして「あるゾンビ少女の入学」というのがあって、
そちらは暴力シーンが少ないらしいのでむしろ読んでみたいと思います。

内容紹介
6人の学生たちV.S.天然ボケのゾンビ少女ユーフロジーヌ。陸の孤島と化した大学キャンパスを舞台に、前代未聞の殺戮のゲームが幕を開ける。殺さなければ、出られない――生き残るのは、果たしてどちらだ?

内容
夏休み。ありがちな都市伝説を真に受けた6人の大学生たちは、大学の地下資料室に眠っていたイタリア生まれのゾンビ少女ユーフロジーヌから“秘石”を奪ったうえ、100年ぶりに目覚めさせてしまう。もともと天然ボケなうえに、未だ寝ぼけ眼の彼女に、ただひとりの味方であるメイドのアルマは“秘石”を一刻も早く取り戻さないと躰が崩壊してしまうことを容赦なく告げる。やむを得ず学生たちを殺し始めるユーフロジーヌだが、100年の時の流れは人類文明を劇的に発展させていた。いま、彼女の正体を見抜き、新たな武器をも手にした学生たちによる決死の、そして残酷な反撃が始まる―。誰も見たことのない殺戮ゲームの果て。生き延びるのは学生たちか、ユーフロジーヌか。

著者略歴
池端亮

1976年生まれ。静岡県出身、横浜在住。2001年、角川スニーカー文庫『みんなの償金稼ぎ』でデビュー

にほんブログ村 本ブログへ
もっと、たくさんの人の書評を読みたいなら、
【書評blog】ランキングの1位〜10位の人気ブログはコチラ!

posted by yotu at 21:52 | Comment(0) | TrackBack(0) | ファンタジー
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/357079372
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック