2013年11月16日

日本一のダメ会社 放置自転車で10億稼ぐ!

もっと「放置自転車で稼ぐ」ところがよく分かるのかと思ったら、それは別の本で。。。
この本では、今まで著者の会社に如何に突拍子もない変人社員が入社してきたか!?というエピソードがメインで、そこをくすくす小笑いしながら楽しむ本。

終盤で少しだけ著者の商売の話が真面目に語られているので、次はそっちの本を読みたい!

内容紹介
泣いて笑って大儲け!

経営者の皆さん、お元気ですか?
世間には「日本一素晴らしい会社」の成功例や感動話をまとめた本はありますが、
自らの失敗をあからさまにした本はありませんよね。
カッコ悪い話ですから当然ですが。

でも他人の失敗…読む分には楽しいですよね。
この本はトンデモ社員とモーレツ社員が繰り広げる「あるある」満載なので、
経営者の皆さんは、笑えるし身につまされるし。
でも、そして最後には、こんなダメ会社でもいまは立派に
やっていることを知ってもらい勇気づけられたらと思っています。
「失敗はみんなするもんだけど、自分のほうがまだマシかな」って。

内容
固定観念くん、スーパー几帳面くん、言い訳上等くん、やるやる詐欺くん、盛り盛りくん、みんな言ってますくんなどが繰り広げるトホホな失敗談と、コンサルタント料をたんまり払うが、アドバイスは「様子を見ましょう」で済まされる社長の嘆き節をお伝えしつつ、それでも会社を成功へと導いた方法をお知らせします!

著者について
稲本勝美(いなもと・かつみ)

株式会社バイクオフコーポレーション代表取締役。起業・経営支援家。
1987年バイク販売店を22歳にてサイクルサウンズという屋号にて設立。
2004年バイク買い取りの専門会社としてバイクオフコーポレーションを設立。
バイク買い取りを行なうかたわら、数多くの放置自転車・バイクの相談に
乗るようになり、放置自転車撤去とリサイクル販売にビジネスの可能性を見出す。
放置自転車をビジネスとしてを稼働させたところ、第174回通常国会提出の
環境白書に取り上げられる。クライアントは日本全国の大学、自治体、
大手不動産管理会社、大手商業施設まで幅広く、その数は150社を超える。
2012年には、年間3万6000台の放置自転車を撤去し、有料による撤去は他に
ライバルが見当たらないオンリーワン企業を確立している。
現在は、全国の個人、法人に対し、自身がつくり上げた「法律に基づいた
放置自転車撤去」のノウハウを全面的に公開し、「お金になる放置自転車撤去」
の講演、セミナーを開講し、放置自転車問題を解決する仕組み、
店舗に利益をもたらす経営戦略で小売店を支援している。

にほんブログ村 本ブログへ
もっと、たくさんの人の書評を読みたいなら、
【書評blog】ランキングの1位〜10位の人気ブログはコチラ!

posted by yotu at 21:54 | Comment(0) | TrackBack(0) | 生き方暮らし方
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/380460755
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。