2014年01月31日

邪眼は月輪に飛ぶ

今日の昼休みに読んで、あまりに面白くって昼寝を忘れて読んでしまったのが
『邪眼は月輪に飛ぶ』という漫画全1巻。
面白かったー!興奮したー!ドキドキした!

あらすじ

むかしむかし……。
座礁した米空母が東京に持ち込んだフクロウ、“ミネルヴァ”。その眼で見られたものは、たとえモニター越しであっても死ぬ。死の街と化した東京に“ミネルヴァ”殲滅の命を受けた米軍特殊部隊が派遣される。その中には老マタギ・杣口鵜平とその娘で巫女の、輪の姿があった。鵜平はかつて“ミネルヴァ”を仕留めたただ一人の男であった……。

ちょっとわかりにくいかもしれないけど、「見る」だけで生物を殺してしまう邪眼を持ったフクロウと、それを狩ろうとするマタギの話を中心に、米軍の特殊部隊が絡んできて激しい戦闘になるわけなのだが、全1巻という短さの中に充分な物語展開ですっごく興奮したexclamation×2

内容紹介
東京湾で座礁した米軍の空母から、一羽の鳥が逃げた。そのことで多くの兵士が死ぬ。
さらに東京の街中にやって来たその鳥は、空前の死者を出す。

その鳥とは、その眼で見られた者はすべて死んでしまうという一羽の恐ろしいフクロウだった。
かつて猟師仲間とともに、そのフクロウを一度は撃ち落とした鵜平は、米軍の要請を受けて、再び銃を取る――。

スピリッツ誌上で好評を博した集中連載が、カラーページ完全再録で単行本化!

にほんブログ村 本ブログへ
もっと、たくさんの人の書評を読みたいなら、
【書評blog】ランキングの1位〜10位の人気ブログはコチラ!

posted by yotu at 23:57 | Comment(0) | TrackBack(0) | ファンタジー
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック