2009年04月03日

おもろい会社研究

日経プレミアシリーズ 013
著者/訳者名 松室哲生/著
出版社名 日本経済新聞出版社 (ISBN:978-4-532-26013-2)
発行年月 2008年09月
サイズ 193P 18cm
価格 893円(税込)

こういう、自分が気付かなかった活躍している企業の話って、ほんと面白いですね!

名前は聞いたことがあるだけの会社が、実はこんなこだわりを持って活動していたんだね。

特にタイムリーだったのが「enジャパン」。リクルートの代理店から独立して、もっとこだわりを持った求人事業を志しているということがわかりました。

目次
おもろい会社序説
第1章 おもろい会社とは何か
第2章 発想の原点が違う会社のユニークさ
第3章 経営者の真っ当さが今問われている
第4章 一つのことにこだわり続ける集中力
第5章 人のやらないことをやるパワー
第6章 世界的な技術へのチャレンジ

本の内容
築地の人の流れを変えた24時間営業寿司店、ストレス解消に効く食材を開発するヒットメーカー、会社のマイナス面も取り上げる転職情報サイト、オランダの風力発電メーカーを買収した下関の不動産会社―。経済誌編集長として企業取材を重ねてきた著者がとっておき面白会社を紹介。

著者情報
松室 哲生(マツムロ テツオ)

ジャーナリスト、経営コンサルタント。1973年、自由学園最高学部(経済学専攻)卒、76年ダイヤモンド社入社。『週刊ダイヤモンド』編集長、代表取締役専務を経て2004年に退社。05年(株)ブイネット・ジャパン代表取締役社長。大学生を対象に起業家を講師とする起業家塾も主宰している

にほんブログ村 本ブログへ
もっと、たくさんの人の書評を読みたいなら、
【書評blog】ランキングの1位〜10位の人気ブログはコチラ!

posted by yotu at 17:12 | Comment(0) | TrackBack(0) | 生き方暮らし方

2009年03月23日

弾言 成功する人生とバランスシートの使い方

著者/訳者名 小飼弾/著 山路達也/著
出版社名 アスペクト (ISBN:978-4-7572-1533-7)
発行年月 2008年10月
サイズ 210P 19cm
価格 1,500円(税込)

この本も、著者のブログを焼きなおした程度のありがちなブログ本だと思っていたら、全然違った!!

かなりガッチリとした「自己啓発」本だった!

目次のとおりの分野別にまとめられた、社会情勢を元に書評ブロガーとしてしての著者の本領発揮でデータに溢れた内容。

それで現代人はこういう風にやっていったらいかがだろう?という提案に満ちています。

全くの予想外だったので、とても楽しく読了できました!

目次
第1章 ヒトpart1―自分の価値を「見える化」してレベルアップ(自分で打てる手はいくらでもある 暮らしがキツいのは、モノ扱いされているから ほか)

第2章 カネ―相互理解のツールとして戦略的に使いこなす
(カネの誕生 カネは相互理解のためのツール ほか)

第3章 ヒトpart2―ネットワークにおける自分の価値をアップする
(コネの価値はいくら? コネを「見える化」するのが会社 ほか)

第4章 モノ―「本当は所有できない」ということを理解する
(増やせないのがモノ 石油がなくても自然破壊は起こる ほか)

本の内容
知恵とスキルを磨いて生き残れ!小飼弾が教える格差時代の成功術。
【著者からのメッセージ】あなたは、自分という会社の社長で筆頭株主。仕事がない、給料が安い、休みが少ない、人付き合いに疲れる、恋人ができない、やりたいことが見つからない、老後が心配……。
世界でもまれな、豊かで安全なはずの国、日本では大勢の人が今日もため息をつきながら生きています。
いったいなぜなのでしょう。政治家が無策だから?教育がなっていないから?大企業が搾取するから?なるほど、どれにも一理あります。
だからと言って、あなたが今すぐ政治や社会をどうにかできるわけではないでしょう。
まず、あなた自身ができることから始めてみませんか。そもそも、あなたがうまくいっていないのは「なぜ」か、真剣に問うてみたことがありますか。本当に問題なのは、いったい何なのでしょう。それを考えるのは、非常に難しそうです。テレビや新聞を見ているといろいろなことがわかったような気にはなりますが、そこにあるのはあなたの「なぜ」に対する答えではありません。
実は、考えるためのヒントは「会社」にあります。会社の経営がうまくいかなくなった時、経営者はまずどうしますか。現状分析に必要なさまざまなデータを集め、問題を洗い出し、対策を練るでしょう。個人でもまったく同じことが言えます。自分に関する正確なデータを集め、それを元に対策を考えるというプロセスが肝要です。その時に、会計で使われるバランスシート(貸借対照表)の考え方が非常に役立ちます。金銭面での収支が明確になるだけでなく、自分の価値を向上させる手がかりとなるのです。この本では、バランスシートに基づいて世界をヒト、モノ、カネという3つの要素に分けて考えます。実体のあるモノを、人間の知恵(ヒト)によって活かし、カネという価値を生み出しているというわけです。このように世界を定量的に捉えることで、自分の問題点や取るべき行動がすっきりと見えてくることでしょう。みなさん1人1人は、自分という「会社」の社長で、かつ筆頭株主です。人生の負債を減らして利益を上げ、上手に自分を経営していきましょう。

著者情報
小飼 弾(コガイ ダン)

投資家/プログラマー/ブロガー。株式会社オン・ザ・エッヂ(現ライブドア)上場時の取締役最高技術責任者(CTO)を務めた

山路 達也(ヤマジ タツヤ)
三重県出身。雑誌編集者を経て、フリーランスのITジャーナリスト、編集者として独立。ネットカルチャー・IT系解説記事などで活動中

にほんブログ村 本ブログへ
もっと、たくさんの人の書評を読みたいなら、
【書評blog】ランキングの1位〜10位の人気ブログはコチラ!

posted by yotu at 23:31 | Comment(0) | TrackBack(0) | 生き方暮らし方

2009年03月21日

サラリーマン合気道

「流される」から遠くに行ける
著者/訳者名 箭内道彦/著
出版社名 幻冬舎 (ISBN:978-4-344-01551-7)
発行年月 2008年09月
サイズ 214P 20cm
価格 1,575円(税込)

読み終えてから時間が経ってしまった。

が、これは面白い本ですよ!
平凡であることを自称する著者が、少しずつその平凡である自分の趣向を認めながらも、さらに少しずつ自分を変えていこうと目論むサラリーマン生活の中で、

ありがちな言葉を使えば「発想の転換」を示唆してくれて、これが結構痛快な内容になっています。

ただ一つ難点を言えば、現在サラリーマンではない人にはのめり込みずらいということでしょうか。今の私のように、、。

目次
1 発想の自然体を取り戻す九つのヒント
(アイデアは書き留めない「みんなと同じ」を恥じない ほか)

2 仕事と自分の気を合わせる十二のテクニック
(積極的に緊張する、うまく話そうとしない、目を見て話さない ほか)

3 人間関係の常識を逆手に取る十二のポイント
(できるだけ会社にいない、同僚と仲良くしない ほか)

4 自分自身を脱力させる十二のメソッド
(ルールと制約を歓迎する、プライドや個性を進んで捨てる ほか)

本の内容
相手の力を利用すれば実力以上の仕事ができる!気鋭のクリエイティブディレクターが挫折と失敗から編み出した45の仕事術。

著者情報
箭内 道彦(ヤナイ ミチヒコ)

1964年生まれ。東京藝術大学美術学部デザイン科卒。博報堂を経て、2003年、「風とロック」を設立。CFプランニングやグラフィックデザイン、プロモーション等の広告キャンペーンから、ミュージシャンのアートワーク、ショートフィルム、商品企画、空間演出、イベントまでジャンルを超えて幅広く話題のクリエイションを手掛ける。05年、フリーペーパー「月刊風とロック」を創刊、08年4月からNHK「トップランナー」のMCを務める

にほんブログ村 本ブログへ
もっと、たくさんの人の書評を読みたいなら、
【書評blog】ランキングの1位〜10位の人気ブログはコチラ!

posted by yotu at 10:55 | Comment(0) | TrackBack(0) | 生き方暮らし方

2009年03月06日

マイクロトレンド 世の中を動かす1%の人びと

著者/訳者名 マーク J.ペン/著 E.キニー・ザレスン/著 三浦展/監修 吉田晋治/訳
出版社名 日本放送出版協会 (ISBN:978-4-14-081285-3)
発行年月 2008年04月
サイズ 349P 21cm
価格 1,890円(税込)

初めのこの本の印象では、既に大企業となった会社がまだ小さなベンチャーだった時に、どんな他には無いような独特のトレンドを作り出し成功していったのか?というようなビジネス物語だと思っていました。

全然違った!
目次にあるような、社会生活にまつわる様々な人間の問題に関して統計的な調査データをもとに、現状の通念としてみんなが把握している状態とは、事態が少しずつ違うんだぜ!本当はこうなっているんだぜ!

ということを語っている本でした。
やっぱり洋書は本が分厚い!というわけでほとんど流し読みで読了しました。

目次
第1部 男と女―Love,Sex,and Relationship
第2部 親と子―Family Life
第3部 仕事―Work Life
第4部 階層―Class
第5部 美と健康―Beauty and Health
第6部 飲食―Food,Drink,and Diet
第7部 情報と娯楽―Information and Leisure

本の内容
将来が予想通りになることはめったにない。それはほとんどの予測が同じ社会通念によってなされ、世界経済の拡大といった誰の目にも明らかな大きい現象にもとづいているためだ。だが、メガトレンドなどもはや存在しない。さらに掘り下げて見てみれば、容易には見つからないが、実は未来を大きく左右する小さなグループがその目にいくつも飛び込んでくるだろう。現代においては、1%の大きな力を見つけることが、ビジネスや投資、未来予測の成功を約束するのだ。ようこそ、マイクロトレンドの世界へ。

著者情報
ペン,マーク・J.(Penn,Mark J.)

アメリカの政治においてもっとも鋭い洞察力を持つ世論調査員として広く知られ、「ワシントンきってのパワフルな男」(ワシントンポスト紙)と言われる。世界有数のPR企業バーソン・マーステラのCEOと、1975年ハーバード在学中に共同設立者として立ち上げたマーケット・リサーチ会社ペン・ショーン&バーランド(PSB)の社長を務め、マイクロソフトをはじめとする多くのフォーチュン500企業やトニー・ブレア、ビル・クリントンなど25か国の国家元首のアドバイザーを務めた経験を持つ。ヒラリー・クリントン上院議員の大統領選キャンペーンではチーフアドバイザーを務める

ザレスン,E.キニー(Zalesne,E.Kinney)
PSB社の上級顧問。1995年から96年までホワイトハウス・フェローとなり、ジャネット・レノ司法長官の顧問を務めたほか、社会の変化について調査する全国的な2つの組織の取締役副社長および社長を務めた経験を持つ。1996年の大統領選挙で、ビル・クリントンとアル・ゴア陣営でマークJ.ペンの同僚となった。2008年のヒラリー・クリントンの選挙キャンペーンでも引き続きマークの同僚として手腕を発揮している

三浦 展(ミウラ アツシ)
消費社会研究家、マーケティング・アナリスト、カルチャースタディーズ研究所主宰。1958年生まれ

吉田 晋治(ヨシダ シンジ)
翻訳家。1972年生まれ。東京大学理科一類中退。特にコンピュータ分野での翻訳を得意としており、翻訳学校フェロー・アカデミーで講師も務める

にほんブログ村 本ブログへ
もっと、たくさんの人の書評を読みたいなら、
【書評blog】ランキングの1位〜10位の人気ブログはコチラ!

posted by yotu at 16:41 | Comment(0) | TrackBack(0) | 生き方暮らし方

2009年03月02日

わかった!運がよくなるコツ


icon
iconウソだと思ったら、ためしてみよう
なでしこ文庫 ア‐12‐1
著者/訳者名 浅見帆帆子/著
出版社名 広済堂あかつき株式会社出版事業部 (ISBN:978-4-331-65438-5)
発行年月 2008年11月
サイズ 191P 16cm
価格 600円(税込)

私が読んだのはソフトカバー本の方なんだけど、文庫本が出ているようなのでそちらをリンクしてみました。

とにかく読んでいて気分が良くなってくる本ですね。
ここしばらく気持ちが落ち込み気味だったので、読んでいるうちに少し元気になってきました。

「人間のレベル」って話になると、うがったものの見方をすれば、レベルの低い奴は捨て置けっ!って、ちょっと見下した感じがして、自分が低い位置にいるときは反感を覚えそう。

ただっ!ただっ!
世の中には本当にどうしようもなく「レベルの低いやつ」っているもので、この本によればそういう奴と出会ううちは自分も同じようなレベルらしいけど、

それでも、自分のミスをごまかすために何でもかんでも人にせいにする俗にいう「ブラック」な社員って、いるんだよ。

そういう奴は、巧妙にスケープゴートを仕立て上げて自分は逃げて行くからね、怖いんだよ。

本の内容
思い通りに、人生は変えられる!ベストセラー「あなたは絶対!運がいい」の著者が贈る、毎日が楽しくなる“とっておき”のメッセージ!

にほんブログ村 本ブログへ
もっと、たくさんの人の書評を読みたいなら、
【書評blog】ランキングの1位〜10位の人気ブログはコチラ!

posted by yotu at 22:23 | Comment(0) | TrackBack(0) | 生き方暮らし方

2009年02月25日

I met a boy.父の日に、バンビ公園で。


icon
icon著者/訳者名 松尾健史/〔著〕
出版社名 ディスカヴァー・トゥエンティワン (ISBN:978-4-88759-681-8)
発行年月 2008年12月
サイズ 194P 19cm
価格 1,260円(税込)

大学卒業時の就職活動から、なんとなく自分の思う通りに行かない人生に陥り始めた主人公は、それでも何とか内定を得た会社に入社するも、何となく合わないんじゃないかと感じていた不安は現実のものとなり、上司からも同僚からも見下げられる不遇の会社員生活をひたすら我慢しながら5年がたとうとしていた。

そんなとき、ふいに届いた手紙には、自分のことを待っていると書かれていた。

そこで出会った「少年」は、小学5年生の時の自分だった。

小学5年生の僕は、まだこれから迎える未来にまっすぐな夢を見て、とても正義感の強い少年だった、、、。


そう、ぼくらもみんな子どもの頃には無限の夢を見ていた。
自分の限界を知ったというよりはむしろ、どうしたら楽にできるかを考えるようになっていくのが、大人になって年を重ねることで失ってしまうものなんだろうな。

だからもう一度、もう一度、自分がまだ純粋だった子供のころに、一体何を思い、何を考えていたのか丁寧に思い出してみるっていうのも良いカウンセリングになるのかもしれないね。

内容紹介
今のあなたは、あなたがあなたに誇れる、あなたですか?
不器用な生き方しかできないすべての人に贈る、自己啓発ファンタジー。
人生を変えたいと思っているのに動き出せないあなたに、
小さな勇気と大きな希望をもたらしてくれる本です。

<こんなストーリー>
就職活動36連敗の末、勤めたIT企業では落ちこぼれ。
学生時代からの彼女には別れを告げられ、
唯一の楽しみは、家でナイターを見ながら缶ビールをあけること。
そんなくすぶった生活を送る、27歳の「僕」。

子どもの頃はプロ野球選手を夢見て、毎日練習に励んでいた。
自信にあふれていたあの頃、自分にできないことはない、そう信じて疑わなかった。
それなのに、今は思う。
自分にはできることなんて、何もない、と。

そんな「僕」の人生を変えたのは、「バンビ公園」で出会った不思議な少年だった。

内容(「BOOK」データベースより)
就職活動三十六連敗の末、勤めたIT企業では落ちこぼれ。学生時代からの彼女には別れを告げられ、唯一の楽しみは、家でナイターを見ながら缶ビールをあけること。そんなくすぶった生活を送る、篠崎浩平、27歳。彼の人生を変えたのは、「バンビ公園」で出会った不思議な少年だった―。小さな勇気と、明日がんばる元気が湧いてくる自己啓発ファンタジー。


著者について
松尾健史(まつお たけし)

1980年10月6日生まれ。佐賀県武雄市出身。横浜国立大学卒。

にほんブログ村 本ブログへ
もっと、たくさんの人の書評を読みたいなら、
【書評blog】ランキングの1位〜10位の人気ブログはコチラ!

posted by yotu at 17:23 | Comment(0) | TrackBack(0) | 生き方暮らし方

2009年02月24日

P&G式世界が欲しがる人材の育て方


icon
icon日本人初のヴァイスプレジデントはこうして生まれた
著者/訳者名 和田浩子/著
出版社名 ダイヤモンド社 (ISBN:978-4-478-00195-0)
発行年月 2008年08月
サイズ 261P 19cm
価格 1,575円(税込)

著者の和田さんが、1977年の新卒時代からどうやって就職活動をし、このP&Gという会社に入社したのか。

70年代〜80年代、外資系企業とはいえ日本の企業の中で、女性がマネージャー職として活躍するには、全てがこの和田さんが最初のケースとなった。

そうやって最先端で時代を駆け抜けてきた著者の経歴をたどりながら、P&Gという企業が誇る、類を見ない人材育成のシステムを詳しく紹介してくれている。

もちろん、この企業にも部署によってはうまくいっていないものもあり、そういう部署には暗い影が差していることもある。

しかし、そのような部署も立て直してきた著者の手法は、管理職にある人間は見習うべき。

組織人なら読んで得を得られる一冊。
文体も全く難しくないので、すいすい読み終えてしまった。

目次
第1章 「暗黙の了解」も自分次第―キャリア以前〜
ジュニア時代(P&Gとの出会い ワンページメモ)

第2章 育つ社員しかいらない―ブランドマネジャー〜
マーケティングマネジャー時代
(人材は自前で育てる リクルーティング プロジェクト)

第3章 リカバリーショット主義―ヘアケアへの異動〜
マーケティングディレクター時代(チーム再生 上司と部下)

第4章 人とブランドさえ残ればいい―ジェネラルマネジャー時代〜
現在(リーダーシップ ダイバーシティ)

本の内容
卓抜したブランド戦略で知られるP&G。その秘密はマーケティングスキルではなく、戦略的な人材育成にあった! 
卓抜したブランド戦略でMBAのケーススタディにしばしば登場する超優良グローバル企業P&G。その秘密はマーケティングスキルではなく、戦略的な人材育成にあった!フォーチュン誌では「社員の能力」が業種を超えて世界ランキング1位にも選ばれている。日本人初のヴァイス・プレジデントとなった和田浩子氏が語る、今初めて明かされるP&G式世界一能力の高い社員の育て方。

著者情報
和田 浩子(ワダ ヒロコ)

Office WaDa代表、マーケティング&マネジメントコンサルタント、The Procter&Gamble Campany Retired Officer。大分県生まれ。大阪外国語大学英語学科卒業。1977年P&Gサンホーム社(現P&Gジャパン)入社。女性として初めてのマネジメントキャリアとしてマーケティング部に配属。1995年当時のP&Gジャパン最大のプロフィットセンターである紙製品事業部担当のジェネラルマネジャーに昇格。1998年日本人で初めて米プロクター・アンド・ギャンブル社のヴァイスプレジデント、コーポレートニューベンチャー・アジア担当になる。2000年リタイアしたオフィサーの集まりであるGlobal Leadership Councilに最初の日本人として入会。2001年よりダイソン日本支社代表取締役、日本トイザらス代表取締役社長兼最高業務執行責任者(COO)を経て、2004年米雑誌「フォーチュン」にてアメリカを除く世界で一番パワフルなビジネスウーマン50傑に選ばれる。2005年Office WaDa設立。2007年毎日新聞より「輝けビジネスウーマン’07」の10人の一人に選ばれる。現在はOffice WaDa代表として、マーケティングおよびマネジメント分野の豊富な経験をもとに、コンサルタントとして活動

にほんブログ村 本ブログへ
もっと、たくさんの人の書評を読みたいなら、
【書評blog】ランキングの1位〜10位の人気ブログはコチラ!

posted by yotu at 16:51 | Comment(0) | TrackBack(0) | 生き方暮らし方

2009年02月21日

面白法人カヤック会社案内


icon
icon給料はサイコロを振って決めています
著者/訳者名 柳沢大輔/著
出版社名 プレジデント社 (ISBN:978-4-8334-1893-5)
発行年月 2008年11月
サイズ 145P 21cm
価格 1,500円(税込)

この本を始めて手に取ったとき、てっきり空想の会社を描いた物語だと思って家に持ち帰ったんだけど、、、

なんと!本当の会社の、本当の会社案内なんだね!?

私も常々、もっと会社の形態で遊んだものがたくさんある世の中だったら面白いのにっと、自分で作る自分の会社のことを空想しながら考えていました、、、

が!この面白法人カヤックという会社のぶっ飛びようは私の想像をずっと超えていて、読んでいてワクワクが止まりませんでした!おもしろいっ!!

自分で自分のことを面白いっていう人は大抵面白くないんだけど、それでも「面白い会社だと言わせたい!人を楽しませたい!」ということで付けてしまう!!

働く場所や働くスタイルが面白くなるように徹底的に工夫して、
好きな場所、好きな時間で仕事が出来て、
何をするかよりも誰とするかにこだわっている。

経営理念も、もともと法人ってのは社会に貢献する為に存在するんだからそんなこと前提に過ぎなくて、どう貢献するのかを言語化する。

一言で即答できて、本質的で、普遍的であるべきなんだけど、ありきたりで似たようなものではなく、それさえ唱えていれば目的と手段を混同しない。

と、まあ、その具体的な経営理念は本書の為に伏せておくけど、徹底的に楽しむために、ほんとに徹底的に考え込んでいるんだねえ〜!

行動指針も定めてあって、「それが漫画っぽいかどうか?」というのも面白い。漫画のヒーローのように、まっすぐで嘘偽りなく、ヒーローの7カ条を定めている。

事業内容も遊びまくっている!
これはカヤックのサイトを見てもらった方が早いんだけど、別にお金にならなくても「作りたかったから」作ったという事業がたくさん生まれては消えている。

面白法人カヤック
http://www.kayac.com/

というわけで、いいな、こういう会社で働いてみたいなと思うとともに、私もこういう会社を創ってみたいなああああ。

目次
代表ごあいさつ―「ずっと」楽しく働いてこられた理由
経営理念―社員全員が暗唱できなければ意味がない
行動指針―サイコロで給料決めてます
沿革―1998年、資本金3万3000円でスタート
事業内容―「絵の測り売り」から「どんぶりカフェ」まで
戦略―ユニークであり続ける仕組みを持っています
財務―上場するかどうかはわかりませんが、全部見せます
組織・採用―あなたのつくったもの、見せてください!
CSR活動―本来はこういうことですよね?
事業所一覧―フィレンツェと静岡に支社があります
お客様の声―はっきりいって褒めすぎです
解説 理念経営の新世界

本の内容
経営理念―つくる人を増やす。異色のネット企業で実践!「社員が10倍楽しく働く職場」。

にほんブログ村 本ブログへ
もっと、たくさんの人の書評を読みたいなら、
【書評blog】ランキングの1位〜10位の人気ブログはコチラ!

posted by yotu at 01:49 | Comment(0) | TrackBack(1) | 生き方暮らし方

2009年02月19日

働かないひと。


icon
icon著者/訳者名 左京泰明/編
出版社名 弘文堂 (ISBN:978-4-335-55124-6)
発行年月 2008年12月
サイズ 233P 19cm
価格 1,575円(税込)

タイトルだけ見ると「ひきこもってる人のインタビュー集か?」と勘違いするんだけれど、

あとがきによると、ちゃんと仕事をしているどころか周りからは働き過ぎだと言われるかもしれないのに「働いている感覚がない」という人たち、

ちょうど2008年末に“今をときめく”ビジネス人や話題になった本の著者などなど10人、

のインタビュー集がこの本だ!

本当に人によって色々な感覚があるんだけれど、共通するのはそれぞれが「働くこと」「仕事すること」ということをとても真摯に考えていて、考え続けているんだなってこと。

そしてこの本の主人公たちがなぜ「働いている感覚がない」と言うのかは、「働くことと生きることが切り離されていない」からなんだね。

人生を切り売りするように、与えられた仕事をただこなしていくというのが「仕事」にまつわる負のイメージだとすれば、この本の主人公たちは、
主体的で、
他人を幸せにし、
同時に自らの生を輝かせ、
人生と緊密の存在する。

「仕事とは、生きることそのもの」という。

この本の中で私が共感できたのは、年齢が近い「ブックディレクター」さんのパートで、ぐっときたのがASOBOTのひとかな、印象強いのが最後の働き方研究家のひとで、この人の本は読んだな。

目次
・ホスト・手塚真輝
・アートディレクター・寄藤文平
・チームラボ株式会社代表取締役社長・猪子寿之
・株式会社マザーハウス代表取締役・山口絵理子
・天文学者・小久保英一郎
・文筆家・伊勢華子
・ブックディレクター・幅允孝
・株式会社音別代表取締役・本城慎之介
・ASOBOT inc.代表取締役・伊藤剛
・働き方研究家・西村佳哲

本の内容
今、それぞれの仕事の場で輝く、「働かない」10人の言葉から、働くことを考える。

著者情報
左京 泰明(サキョウ ヤスアキ)

特定非営利活動法人シブヤ大学学長。1979年、福岡県出身。早稲田大学卒業後、住友商事株式会社に入社。2005年に退社後、特定非営利活動法人グリーンバードを経て、2006年9月、「地域密着型の生涯学習」と「新しい地域コミュニティ」を作ることを目的とした特定非営利活動法人シブヤ大学を設立

にほんブログ村 本ブログへ
もっと、たくさんの人の書評を読みたいなら、
【書評blog】ランキングの1位〜10位の人気ブログはコチラ!

posted by yotu at 19:10 | Comment(0) | TrackBack(0) | 生き方暮らし方

2009年02月16日

あなたは絶対!運がいい


icon
icon著者/訳者名 浅見帆帆子/著
出版社名 広済堂出版 (ISBN:978-4-331-51209-8)
発行年月 2007年02月
サイズ 191P 19cm
価格 1,260円(税込)

平成13年?の本なのでちょっと古めなんだけれど、読むと元気になれる本ですね。

気持ちの切り替え方とか、出来事の受け取り方とかによって、
日常生活の中で運のいい自分になっていく為には、やっぱり、
プラス思考にもって行くのが大切なんだよ〜ってこと。

物事をプラス思考に切り替えていくことで、自分自身のレベルが上がって行き、付き合う人々も、起こる出来事も、驚くくらい高いステージの人たちと付き合えるようになっていく。

それらの効用や、なんでそうなるかの理由がとてもわかりやすく
押し付けがましくもなく、読みやすい文体で気持ちの良い本でした。

目次
第1章 自分のまわりに起こることは、全部自分が決められる
第2章 とにかく、理想は現実になると信じること
第3章 いいことだけ起こしたいなら、自分のレベルを上げる
第4章 レベルが上がると、こんなにすごいことが起こる
第5章 レベルを上げるチャンスは逃がさない
第6章 そして、川の流れのように生きる

著者情報
浅見 帆帆子(アサミ ホホコ)

1977年東京生まれ。青山学院大学国際政治経済学部卒業後、ロンドンに留学。インテリアの布を扱うソフトファニッシングを学ぶ。帰国後、ふとしたきっかけで執筆活動に入る。多数の著書があり、海外でも翻訳されるなど幅広い読者の絶大な支持を受けている

にほんブログ村 本ブログへ
もっと、たくさんの人の書評を読みたいなら、
【書評blog】ランキングの1位〜10位の人気ブログはコチラ!

posted by yotu at 21:33 | Comment(0) | TrackBack(0) | 生き方暮らし方

2009年01月09日

仕事が夢と感動であふれる5つの物語 講演CD付


icon
icon著者/訳者名 福島正伸/著
出版社名 きこ書房 (ISBN:978-4-87771-237-2)
発行年月 2008年11月
サイズ 142P 19cm
価格 1,575円(税込)

確かに、いい物語を読ませてもらった。

しかし、理不尽だ!理不尽な人間に対してこうも純粋に「お客様」として向き合うことなど出来るものだろうか?

仕事人は、こうも純粋に「お客様」扱いをして、まるで聖人君子のように純粋に仕事に取り組めるものなのだろうか?

いや、ヒトが人を「お客様」扱いして、どこかの歌謡曲に促されるようにして「お客様を神様扱い」するようになってしまったのが、かえって人間関係に見えない壁・隔たりを生じさせる現状を生んだのではないだろうか?

みんながみんな一流ホテルのような接客をする必要はないんだよ。善良な普通の人間として相対マナーがあればいいはずだ。

そういうことを改めて考えさせられます。

他にこの本で得られたのは、
「相手が根負けするくらいこだわり続けると、相手も変わる」
というところかな。

本の内容
つまらない仕事なんてない。夢をあきらめる前に開く本。 
前作「どんな仕事も楽しくなる3つの物語」の続編。何気ない日常の、ある小さなきっかけから自分の夢を見つけ追いかけた人たちの、感動の物語です。だれもが、どんなことからでも夢を見つけ、感動にあふれた仕事ができることを思い出させてくれます。前作以上に、涙が止まらなくなりますので、電車で読むのもお仕事中に読むのも大変危険です。ご注意ください!

目次
まえがき 
【第一話】馬車のパレード
【第二話】日本一のパパ
【第三話】今日の言葉
【第四話】はじめての神輿担ぎ
【第五話】菜の花鉄道
 
人生を変える「夢の力」
 
小さな夢にも人生を変える力がある
 夢の見つけ方
 夢のかなえ方
 夢はみんなでかなえるもの
 夢を持つと変わる、7つのこと 
あとがき

著者コメント
何度聴いても心に響く!10万人を魅了してきた、 著者初の講演CD付 仕事自体をどうとらえて、その先にどんな夢を持って、社会や世の中とどうつなげて、そこに自分の役割をどう見つけていくか?ということで、その仕事の価値や魅力は全く変わってしまいます。それまで僕は、自分にあった職業があると思っていたのです。「この職業をやれば、自分が幸せになれる」という職業があると思っていたのです。そうではなかったのです。
(中略) すべての仕事を面白くできるし、楽しくできる。大切なことは、「仕事の意味を考える」ということだったのです。「この仕事の意味・価値って、いったい何なのだろうか?」それが明確にあれば、仕事が単なる作業から、今度は自分自身の存在価値を証明するものになるのです。
(福島正伸氏講演CDより)

著者情報
福島 正伸(フクシマ マサノブ)

1958年東京都墨田区生まれ。早稲田大学卒業後、コンサルタント会社に就職するも同月退社。その後、様々な事業に挑戦し、1988年株式会社就職予備校(現・アントレプレナーセンター)設立、代表取締役に就任。通産省産業構造審議会委員を始め、数々の委員を歴任。自立型人材の育成、組織活性化や新規事業立ち上げ、地域活性化支援の専門家として、これまで20年以上に渡り、日本を代表するいくつもの大手企業、大前研一の「アタッカーズ・ビジネススクール」や全国の地方自治体などで、約5,000回、延べにして20万人以上に研修、講演を行う

にほんブログ村 本ブログへ
もっと、たくさんの人の書評を読みたいなら、
【書評blog】ランキングの1位〜10位の人気ブログはコチラ!

posted by yotu at 22:11 | Comment(0) | TrackBack(1) | 生き方暮らし方

2009年01月03日

2009年の年賀状

今回は、ここ例年になく、2008年内に年賀状を発送し終えました。
まあ、期待したほどには元日の年賀状は少なかったけど、それでも毎年くれる人は確実に元日に届くようにくれるんですね、感謝です!

私の年賀状は30日発なので、おそらく3日に到着していればよい方だと思います。

さて、年賀状といえば、数年前にどのような文面にすればいいか迷っていた時に、色々な人のこだわりを調べて参考にしようとしました。

わかりやすいのが作家さん(学者かな?)の年賀状に対するこだわりで、調べてみると大きく2つのタイプがありました。

ひとつは、送る相手の幸せを願うような内容にすること。
「ご自愛ください」「ご活躍のことと・・・」

もうひとつは、受け取る側としては差出人の近況に関心があるのだから、こっちのこと心配する暇があったらもっと自分が今どうしているのか、何を思い、何を考えているのか、差出人の自分のことを書くべきだ!というタイプです。

後者は、「ご自愛ください」という定型文句で言われるのが大嫌いだ!と。「ご活躍のこと・・」なんて、自分が今活躍しているという自負がない時に言われるとイラッとくる!と。

この、大きく二つのタイプは、どちらにも利があって面白い考え方だと思いました。自分の年賀状を考えるのにはいいコンセプトを持てそうです。

そして、私だったら、やはり後者に、より共感しました。
「ご自愛ください」「ご活躍のことと」という定型文句を用いられると、いらっとくるんですね。

このような気楽な手紙くらい、その人の自分の言葉で語ってほしい。定型文など使った手紙をもらっても、なにも面白くない。

それは、普段のメールならなおさら。
文の1行目に「ご活躍のこと」と書いてあるメールがきて、すぐにメルアドを変更しました。それほど嫌いです。
まあ、それは差出人自身に問題があるからなんですが、アホもここまで来ると早く○んで欲しい。

さておき、ここまで来てこちらからもすでに年賀状を出し済みで、いつも通りの方からのお返事であれば、もう無地の年賀状を残しておく必要もありませんね。
私の嫌いな10の言葉 (新潮文庫)私の嫌いな10の言葉 (新潮文庫)
中島 義道

新潮社 2003-02
売り上げランキング : 51479
おすすめ平均

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

にほんブログ村 本ブログへ
もっと、たくさんの人の書評を読みたいなら、
【書評blog】ランキングの1位〜10位の人気ブログはコチラ!

posted by yotu at 15:46 | Comment(0) | TrackBack(0) | 生き方暮らし方

2009年01月02日

おみくじ:大吉

心をかたくもって 一時の不運にあわてさわぎ思いまようてはいけません
本業をよくまもって静かにときの来るのをまちなさい
開運うたがいありません

願事:気ながくすればととのう安心せよ
待人:来るがおそい
失物:物にかくれて出ず
旅行:十分でない 控えよ
商売:物価下る買うはわるし
学問:安心して勉学せよ
相場:売れ 大利あり
争事:人に任せるが利
恋愛:あわてず心をつかめ
転居:さしつかえなし
出産:安し 信心が第一
病気:気を強くもてなおる
縁談:先方へ思い通ぜず 調いにくい

というわけで、大吉でした!
他の色々な2009年占いと、内容がかなり似ているのに驚いた!
これから、やっとおおむね良くなっていくのだ!
新年から幸先いいぞ!!

にほんブログ村 本ブログへ
もっと、たくさんの人の書評を読みたいなら、
【書評blog】ランキングの1位〜10位の人気ブログはコチラ!

posted by yotu at 14:44 | Comment(0) | TrackBack(0) | 生き方暮らし方

2009年01月01日

2009年の元日

謹賀新年!

にほんブログ村 本ブログへ
もっと、たくさんの人の書評を読みたいなら、
【書評blog】ランキングの1位〜10位の人気ブログはコチラ!

posted by yotu at 12:13 | Comment(0) | TrackBack(0) | 生き方暮らし方

2008年12月29日

3つの真実


icon
icon人生を変える“愛と幸せと豊かさの秘密”
著者/訳者名 野口嘉則/著
出版社名 ビジネス社 (ISBN:978-4-8284-1431-7)
発行年月 2008年05月
サイズ 219P 19cm
価格 1,300円(税込)

この本の凄いところは、本自体がかなり薄くてあっさりと読み終えられるのに、自己啓発的な内容がぎっしりと詰まっているところです!

余計な前ふりや事例が最小に抑えられて、まるで自分が不思議なおじいさんから教えを受けているような気持ちになって、スッキリとした気持ちで新年を迎えられますね!

2008年7月5日にリクエストを出したのに、年内最終日に届くほどの人気本です!

目次
・成功法則の賞味期限?
・“ミスター目標達成”を襲ったアクシデント
・“ミスター目標達成”の家庭事情
・真の豊かさを実現するために知るべきこと
・中心軸を定める
・本当の幸せとはなにか?
・どのようにして人とつながるか?
・行動の動機は二つしかない
・自尊心を自分で満たす
・明かされる“三つの真実”〔ほか〕

本の内容
ミスター目標達成を襲ったアクシデント!「成功法則にも賞味期限があるのか?」「本当の幸せって何なんだ?」中心軸、つながり、愛、怖れ、宇宙、自尊心、家族…数々のキーワードがひも解かれ、まるでパズルが完成するように、人生の秘密が解き明かされる!ミリオンセラー『鏡の法則』から2年。著者渾身の最新作。

著者情報
野口 嘉則(ノグチ ヨシノリ)

「幸せ」と「自己実現」の専門家。ミリオンセラー作家。高校時代は対人恐怖症に悩むが、大学入学後、心理学や成功法則さらに東洋哲学の研究と実践によって対人恐怖症を克服。その後、リクルートの入社を経て、メンタルマネジメントの講師として独立。のべ3万人以上に講演する。2003年にコーチングのプロとしての活動を始め、「その人の中にある自己実現力を引き出すコーチング」が評判を呼び、EQコーチングの第一人者となる。2006年には1作目の著書『幸せ成功力を日増しに高めるEQノート』(日本実業出版社)がベストセラーになり、さらに2作目の『鏡の法則』(総合法令出版)は100万部を超える大ベストセラーとなる。現在、公式ブログを通じて「幸せ」と「自己実現」に関するメッセージや情報を発信中

にほんブログ村 本ブログへ
もっと、たくさんの人の書評を読みたいなら、
【書評blog】ランキングの1位〜10位の人気ブログはコチラ!

posted by yotu at 12:22 | Comment(0) | TrackBack(0) | 生き方暮らし方

2008年12月09日

ひきこもりの〈ゴール〉 「就労」でもなく「対人関係」でもなく

青弓社ライブラリー 49
著者/訳者名 石川良子/著
出版社名 青弓社 (ISBN:978-4-7872-3276-2)
発行年月 2007年09月
サイズ 251P 19cm
価格 1,680円(税込)

この本の結論としては、「ひきこもり」という社会問題は、「貧困」という社会問題と同じように解釈されるということかな。

「ひきこもり」とは何なのか?どういうことなのか?
何となく以前からうまく決定的な説明ができないでいたのと、この本のタイトル「ゴール」とは何なのか?それが気になって本書を手に取った。

この本では何人かの当事者のインタビューを通して掘り起こしているんだけど、その当事者も、自助グループに参加するという行動を起こせた人の中から、さらにこのような取材に答える意思がある人を抽出しているわけで、「ひきこもり」という事象の実態を描き出しているわけではない。

とはいえ、これらの事例だけを見ても、同じひきこもりというカテゴリーでくくってしまうのにはいささか多彩で、経験も条件も異なる色んな人たちの姿を描き出している。

結論は当然本の末尾を読めばわかるのだけど、いわく、
存在論的不安としての「ひきこもり」
実存的問題としての「ひきこもり」
ということを論じている。

副題にあるように、他者との交流関係を築くことがゴールということでもなく、就労が必ずしもゴールにはなりえないという立場で語られている。

何か動かなければならないという強迫観念に悩まされながらも、それでもどうにもこうにも動く事が出来ないという葛藤を抱えてしまうのがひきこもりなわけで、この「動けなさ」を理解する必要があるわけだが、これが当事者になっていない人にはとても理解しにくい。

しかし、理解しにくいのは、実は誰もが当事者のこの葛藤と地続きでつながっており、自分がそうなってしまうことへの潜在的な恐怖から来るものもあるのかな。

だから当事者は、いっそのことこれは障害の一種なのだと説明することもあるという。

う〜ん、あまりうまくまとまった説明ができないのだけど、P244
『ひきこもっている人々を社会参加させるべく強制的に介入するような支援、彼らを矯正の対象とすることによって、ひきこもりを排除することを迫る社会の在り方を生み、そうした社会こそが当事者をひきこもらせている。
 ひきこもっている人々を社会に「適合」させるのではなく、私たちの全ての生を充実させてくれるような社会を構想していくことが、進むべき方向ではないだろうか。』

このように、「社会を構想していく」という考え方は、まさに「貧困は本人が悪い」のではない、社会にそうなる問題があるという視点にとても通じているんだね。

目次
第1章 問題意識―フィールドでの経験から
第2章 「ひきこもり」の社会的文脈
第3章 自己防衛戦略としての「ひきこもり」
第4章 自己を語るための語彙の喪失としての「ひきこもり」
第5章 人生における危機/転機としての「ひきこもり」
第6章 問うという営みとしての「ひきこもり」
第7章 生きていくことを覚悟する
第8章 「ひきこもり」再考

本の内容
「仲間をつくれ」「働け」。的はずれを含めた多くの批判にさらされ、「回復」へと駆り立てられるひきこもりの“当事者”たち。対人関係の獲得や就労の達成という「社会参加」とそうすることの意味のはざまで、「なぜ働くのか/なぜ生きるのか」と彼/彼女らが抱いている不安や焦燥を、聞き取り調査をとおして描き出す。そして、「自己防衛戦略」や「存在論的不安」などの視点から、“当事者”たちにとって「ひきこもる」とはどのような経験なのかを浮き彫りにする。必要なのは“当事者”に共感することではなく、むやみに「回復」をめざさせるのでもなく、彼/彼女たちを理解することだと主張・提言する社会学の成果。

著者情報
石川 良子(イシカワ リョウコ)

1977年、神奈川県生まれ。横浜市立大学非常勤講師。専攻は社会学

ひきこもりの〈ゴール〉―「就労」でもなく「対人関係」でもなく (青弓社ライブラリー (49))
ひきこもりの〈ゴール〉―「就労」でもなく「対人関係」でもなく (青弓社ライブラリー (49))石川 良子

青弓社 2007-09-22
売り上げランキング : 161465

おすすめ平均 star
starこころの声を聴く
star実存的不安に応えよ
star面白いです!

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

にほんブログ村 本ブログへ
もっと、たくさんの人の書評を読みたいなら、
【書評blog】ランキングの1位〜10位の人気ブログはコチラ!

posted by yotu at 14:49 | Comment(0) | TrackBack(0) | 生き方暮らし方

2008年11月25日

初等ヤクザの犯罪学教室

幻冬舎アウトロー文庫
著者/訳者名 浅田次郎/〔著〕
出版社名 幻冬舎 (ISBN:4-87728-591-1)
発行年 平成10年4月25日
サイズ 245P 16cm
価格 520円(税込)

犯罪って、ヤクザが行うばかりではなく、一般人も行います。そんな色んなタイプの犯罪、覚せい剤、ブタバコ、殺人、強盗、整理、犯罪者の人柄、警察や検察の取り調べ、故買屋、有名な大事件、などをこうも具体的に興味深く描けるのは、著者の浅田次郎氏がこういう世界で生きてきた人だからこそなんですね。

私は、人生の空費だけはしないように気をつけます。
幸いなことに、こういう裏世界に入り込まないように諭してくれているのもこの本です。

本の内容
「私はこの先、皆さんに鮮やかな詐欺の手口とか、簡単な人の殺し方だとか、強盗、麻薬、誘拐などの兇悪犯罪のノウハウを講義するわけです」――著者の実体験(?)に基づく犯罪学エッセイ!

にほんブログ村 本ブログへ
もっと、たくさんの人の書評を読みたいなら、
【書評blog】ランキングの1位〜10位の人気ブログはコチラ!

posted by yotu at 18:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 生き方暮らし方

2008年11月23日

君に成功を贈る

著者/訳者名 中村天風/述
出版社名 日本経営合理化協会出版局 (ISBN:4-89101-020-7)
発行年月 2001年11月
サイズ 272P 20cm
価格 1,890円(税込)

この中村天風さんという人は、日本の自己啓発書の先駆けのような人なんですね?今まで知りませんでした。

この本で一貫して唱っているのは、
「人の一生というものは一生であって、二生はないんだよ。だからこそこの一生をどうやって生きるのか?より良く、楽しく生きていこうじゃないか!」
ということなんですね。

「今現在こそが既に成功している、幸せな状態なんだということがわかっていなければ、これから先にもっと幸せになることなんて出来ないんだよ。」

こういう、今幸せであることを認識するっていうのは、最近ベストセラーになった様々な成功本でも提唱されていることだよね。そういう話の大元が中村天風さんの本の中にはあるのかもしれません。

本自体は厚さの割には文字が大きく読みやすいし、講演の収録という形をとっているので口語体ですぐに読みやすい作りになっています。

本の内容
「あなた方、思い通りの人生に生きる方法を、今からお教えしますよ。」人生の成功を拓く感動の54の教え。あの名講演が蘇る!東郷元帥、松下幸之助、ロックフェラー3世、稲盛和夫・・・多くの成功者たちが師と仰いだ中村天風。その熱い言葉が、世代の壁を超える!

にほんブログ村 本ブログへ
もっと、たくさんの人の書評を読みたいなら、
【書評blog】ランキングの1位〜10位の人気ブログはコチラ!

posted by yotu at 16:06 | Comment(0) | TrackBack(0) | 生き方暮らし方

2008年10月31日

一瞬で信じこませる話術 コールドリーディング

信用されれば、仕事・プライベート・人間関係も思いのまま
著者/訳者名 石井裕之/著
出版社名 フォレスト出版 (ISBN:4-89451-196-7)
発行年月 2005年06月
サイズ 208P 19cm
価格 1,365円(税込)

なるほど、『コールドリーディング』とはこういうことだったのか!
ということが知りたくて読んでみました。

この本に例示されているように、占い師とお客のやり取りを「文章化」して検証してみると、
実際には占い師が「占った」のではなく、
お客が自分のことを説明した、
占い師はそれを引き出した、

というのが正しい事がよくわかります。

しかしながら、それが会話の中で展開されると、まるで占い師によってすべて占い当てられたかのように錯覚してしまうわけです。

その占い師が使う手法は、一般的にカウンセラーが患者の気持ちを引き出すのにもつかわれています。

この技術を悪用するのではなく、円滑なコミュニケーション手段として活かす、そして、悪意をもってこの技術を使って来る人から自分の身を守るための知識とする、為の本です。

ただ、こういう技術を本気で勉強して身につけようとするのは、悪意ある人が多いと思います、、、。残念

目次
1 人生が変わる話術!コールドリーディングとは?
 コールドリーディングの定義
 なぜ占いで使われることが多いのか? ほか)

2 コールドリーディングは「人の心理を利用している」から強力
 「巻き込むこと」の魔力
 「セレクティブメモリ」というワナ ほか)

3 誰でも使える!コールドリーディングのテクニック
 あなたもコールドリーダーになれる!
 「ストックスピール」でヒットを狙う! ほか)

4 コールドリーディングを日常で利用する方法
 人は人との交流の中に生きている
 セールスへの応用例 ほか)


本の内容
コールドリーディングとは、「まったく事前の準備なしで初対面の人を占うこと」「人の心をその場で読むこと」を意味します。このコールドリーディングのテクニックは、ニセ占い師などによって悪用されてきた「禁断の話術」ですが、本書では仕事やプライベートで活用する方法を紹介。

著者情報
石井 裕之(イシイ ヒロユキ)

1963年・東京生まれ。パーソナルモチベーター。セラピスト。催眠療法家。有限会社オーピーアソシエイツ代表取締役。催眠療法やカウンセリングの施療経験をベースにした独自のセミナーを指導。人間関係、ビジネス、恋愛、教育など、あらゆるコミュニケーションに活かすことができ、誰にでも簡単に実践できる潜在意識テクニックを一般に公開。企業からの講演依頼も多数。「社員のモチベーションや営業力、コミュニケーション技術の向上のための斬新なノウハウ」と高い評価を受けている

にほんブログ村 本ブログへ
もっと、たくさんの人の書評を読みたいなら、
【書評blog】ランキングの1位〜10位の人気ブログはコチラ!

posted by yotu at 23:12 | Comment(0) | TrackBack(0) | 生き方暮らし方

2008年10月20日

反貧困 「すべり台社会」からの脱出


icon
icon岩波新書 新赤版 1124
著者/訳者名 湯浅誠/著
出版社名 岩波書店 (ISBN:978-4-00-431124-9)
発行年月 2008年04月
サイズ 224,2P 18c
価格 777円(税込)

いや〜、重たかった。
ずっしりときました。
日本の貧困の実情と言ってもいいのかな。

かくいう私も「明日は我が身」で、親がいなかったらとっくにホームレスかもしれません。そんな恐怖感から貧困問題にはずっと注目していました。

けれど、事はそれほど単純ではないということがこの本でわかります。
「自己責任論」であっさりと片付けようとする人がいかに無責任であるかがよくわかりますよ。

P193
イギリス・ドイツに比べて、「日本では専門家による貧困・福祉の研究成果が一般の人たちや政治家らの関心事とならずに、庶民の井戸端会議での感情的な議論そのままで貧困対策を議論し合っている傾向がある。マスコミも同様で、先進国としてはあまりにもお寒い現状だ。」
(『ネットカフェ難民と貧困ニッポン』日本テレビ出版社、2007年)


これが日本の、スタートラインにさえ付いていない貧困問題の位置づけを反映しているのだ!

53歳の公園野宿者は、150円の賽銭泥棒で実刑となり刑務所に服役している。

P41
どんな理由でも罪を犯してはいけないというのは正論だが、しかし社会の目的は彼を刑務所に送ることではなく、犯罪を減らすことだ。彼が賽銭箱に手を伸ばさなくても生きられる社会にすることではないか。

P43
貧困に陥る歯止めとなっているのは、公的なセーフティネットではなく、家族・親族である。家族の支えがあるかどうかが決定的な分かれ道となってしまっている。それは、家族の支え合い機能の重要性と同時に、日本社会が家族に異常な負担を強いる社会であることを示している。

P82 貧困は自己責任ではない
自己責任とは「ほかの選択肢を等しく選べたはず」という前提で成り立つ議論である。他方、貧困とは「他の選択肢を等しく選べない」、その意味で「基本的な潜在能力を欠如させた」状態、あるいは総合的に“溜め”を奪われた、失った状態である。よって両者は相容れない。

貧困状態にある人たちに自己責任を押し付けるのは、溜池のない地域で日照りが続く中、立派に作物を育てて見せろと要求するようなものだ。
日々の激務の中で疲れ果て、うつ状態になり、ついには過労死してしまった人に、プロボクサー並の健康管理をやって見せろと要求した奥谷氏と変わらない。
(奥谷禮子:人材派遣会社ザ・アール社長、ホワイトカラーエグゼンプション導入の是非を議論していた労働政策審議会の労働条件分科委員)


社会的に影響力がある立場の人の発言が、びっくりするほどの無知に満ちている。
生活保護の申請を受ける福祉事務所は、本人が一人で行くとなんやかんやと理由をつけて追い返してしまう「違法対応」を行う。これが、付添人がいるとあっさりと申請が通る。行政がセーフティネットとして機能していない。

一方で、日本弁護士連合会人権擁護大会では「ホームレス支援者交流会」が結成され、団体としてより組織的に問題にかかわろうとしている。全国各地で徐々に新たなホームレス支援の法律家グループが生まれている。(P176)

私には、世紀末(未曽有の大災害で社会が機能しなくなること)と貧困には「明日は我が身」的な危機感がずっとあって、そのために、社会が機能する中でうまく生きる術と同時に、社会が機能しなくなっても何とか生き残るサバイバル術とに関心が高い。

専門能力を身につけて代理人として交渉権を持つのには弁護士や司法書士といった超難関資格があると便利なんだよね〜。
ああ、もう、どんどん自分を追い込んでパニクッています。
なんとかできる自分になりたい。

特定非営利活動法人 自立生活サポートセンター もやい
http://www.moyai.net/

目次
第1部 貧困問題の現場から
・ある夫婦の暮らし
・すべり台社会・日本
・貧困は自己責任なのか)

第2部 「反貧困」の現場から
・「すべり台社会」に歯止めを
・つながり始めた「反貧困」)
・強い社会をめざして―反貧困のネットワークを


本の内容
うっかり足をすべらせたら、すぐさまどん底の生活にまで転げ落ちてしまう。今の日本は、「すべり台社会」になっているのではないか。そんな社会にはノーを言おう。合言葉は「反貧困」だ。貧困問題の現場で活動する著者が、貧困を自己責任とする風潮を批判し、誰もが人間らしく生きることのできる「強い社会」へ向けて、課題と希望を語る。

著者情報
湯浅 誠(ユアサ マコト)

1969年生まれ。東京大学大学院法学政治学研究科博士課程単位取得退学。1995年より野宿者(ホームレス)支援活動を行う。現在、反貧困ネットワーク事務局長、NPO法人自立生活サポートセンター・もやい事務局長ほか

にほんブログ村 本ブログへ
もっと、たくさんの人の書評を読みたいなら、
【書評blog】ランキングの1位〜10位の人気ブログはコチラ!

posted by yotu at 23:39 | Comment(0) | TrackBack(0) | 生き方暮らし方